西村麗子さん

西村麗子

にしむられいこ

Association of Research for Career & Art(生きる技術研究会)代表 国家資格キャリアコンサルタント、GCDF、産業カウンセラー、心理カウンセラー

(株)リクルートにて、住宅情報事業部・人材総合営業部にて営業活動に従事した退社後独立。 名古屋大学・名古屋市立大学・桜美林大学でキャリアデザイン講師を歴任。 延べ1000人を超える個人向けキャリアカウンセリング実績も活かし、 企業・NPO・地域コミュニティで研修や講演など全国で活動中の社会起業家。 三児の母であり、NPO法人理事も務める。 個性最大化をモットーにした「持続可能なキャリアカウンセリング」を武器に、 女性の生き辛さ・働き辛さを解消するためのライフワークに邁進中。

記事一覧

New Articles

Panelist

  • 鈴木美貴子さん

    鈴木美貴子

    オフィス カノン代表。接遇接客・ビジネスマナー講師/イメージコンサルタント

  • 信澤みなみさん

    信澤みなみ

    株式会社サーキュレーション 組織人材開発、採用マネージャー 女性活躍推進プロジェクト代表、パラレルキャリアアドバイザー

  • 大泉敏郎さん

    大泉敏郎

    ビジネスコンサルタント

社内円滑Happyコミュニケーション

トップダウンの風潮が強い会社で現場の意見を伝えたい。どんな働きかけが必要?


「新人の叱り方がわからない」「上司にどうやって伝えれば?」など、社内の同僚や先輩に聞きたいけれど、「こんなことを聞いてもいいの?」と悩んでいる人もいるはず。あなたがもっと社内でいきいき働けるようになるために、あなたの仕事の悩みを解決します!

トップダウンの風潮が強い会社で現場の意見を伝えたい。どんな働きかけが必要?Q

私の職場はトップダウンの風潮が強く、新規事業での企画募集などがあっても、結局一部の偉い人たちの好みで物事が決まってしまうことが度々あります。現場の意見や代替案を、身近な上司にあげますが、それに対してフィードバックがあったり反映された試しがありません。「自分に合わないから」と転職することも考えましたが、まだ今の会社でやれることは頑張りたいと思っています。こんな風潮の中でも、現場の意見を上層部にあげるには、どんな働きかけが必要なのでしょうか?

あなたらしく、会社に働きかけてみてQ

トップダウンの風潮の職場の意思決定にお悩みですね。どの程度の組織規模で、「偉い人たち」の具体的な姿が見えていないので推測の中での回答になりますが、アドバイスをしてみます。

上司や「偉い人たち」のために働く必要はありません
相談者さんは、とても熱心で頑張り屋さんなのだと思います。「今の会社でやれることを頑張ろう」という意思を持つことはとても大切なことです。しかし、頑張りすぎないようにしてください。これまでに身近な上司からもフィードバックや反映された試しがないということからも、今後劇的にその状況が改善されるとは思えません。ですので、期待せず、自分の実力をつけることができるような「仕事内容そのもの」にコミットメントするようにしてください。

上司や「偉い人たち」のために働く必要はありません。何のために仕事をしているのか、という自分の価値観、信念に従って、誠実に職務に向き合い続けることで、その誠実さを認め、理解してくれる周囲の人は必ず現れます。ですので、精神的にストレスをためないようにしながら、職場の中で現場の意見をまとめるための理解者を増やすようにして働いてみてください。

楽観的に考えることも大切
気分転換を意識しながら、ケセラセラ(なるようになるさ)と楽観的に考えることがとても大切だと思います。職場の風潮は、あなた個人の力で何とかできるものでもありませんし、あなたが責任を負うことではないことをはっきりと理解して、現場の意見や代替案を「聴く気がない」組織に対して、性急な変化を期待しないでおく、ということもポイントです。

平成の時代も終わりますし、産業構造や会社経営の在り方、働き方も劇的に変化していく時代です。職場の経営陣だとしても「正解」を知っているわけではありませんし、ましてや現場の声を全て拾い上げることもできない経営環境に置かれている可能性もあります。

粘り強く、諦めないで
おおらかな気持ちで現状を受け入れつつ、自分にできることを自分なりに頑張ることで、変化の風穴を開けていけるように「待つ」ことも大切なのかもしれませんね。大切なことは、その組織に自分が染まってしまうことではなく、自分らしさを失わず、少しでも前向きな気持ちでポジティブに考えて働き続けていくことが、あなたのこれからの長い職業人生においても、最も重要な考え方になります。
他人と過去を変えることはできませんが、自分と未来を変えることはできるのですから、あなたらしい「働きかけ」の方法を探してみてください。


「社内円滑Happyコミュニケーション」 トップ

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 4月12日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ