西村麗子さん

西村麗子

にしむられいこ

Association of Research for Career & Art(生きる技術研究会)代表 国家資格キャリアコンサルタント、GCDF、産業カウンセラー、心理カウンセラー

(株)リクルートにて、住宅情報事業部・人材総合営業部にて営業活動に従事した退社後独立。 名古屋大学・名古屋市立大学・桜美林大学でキャリアデザイン講師を歴任。 延べ1000人を超える個人向けキャリアカウンセリング実績も活かし、 企業・NPO・地域コミュニティで研修や講演など全国で活動中の社会起業家。 三児の母であり、NPO法人理事も務める。 個性最大化をモットーにした「持続可能なキャリアカウンセリング」を武器に、 女性の生き辛さ・働き辛さを解消するためのライフワークに邁進中。

記事一覧

New Articles

Panelist

  • 鈴木美貴子さん

    鈴木美貴子

    オフィス カノン代表。接遇接客・ビジネスマナー講師/イメージコンサルタント

  • 信澤みなみさん

    信澤みなみ

    株式会社サーキュレーション 組織人材開発、採用マネージャー 女性活躍推進プロジェクト代表、パラレルキャリアアドバイザー

  • 大泉敏郎さん

    大泉敏郎

    ビジネスコンサルタント

社内円滑Happyコミュニケーション

20代半ばで経験する初めての転職とギャップ。自分らしさを発揮するには?


「新人の叱り方がわからない」「上司にどうやって伝えれば?」など、社内の同僚や先輩に聞きたいけれど、「こんなことを聞いてもいいの?」と悩んでいる人もいるはず。あなたがもっと社内でいきいき働けるようになるために、あなたの仕事の悩みを解決します!

20代半ばで経験する初めての転職とギャップ

初めての転職で大企業へ。自分らしさを発揮できずにいますQ


社会人4年目で初めて転職をしました。以前は、社員数30人程度のベンチャー企業で、なかなかの激務でしたが、役職を気にせず発言できる風通しのよい雰囲気でした。大企業で勤めてみたいという憧れから転職しましたが、これまで経験したことのない社内政治や根回しの多さ、良くも悪くも年功序列な風潮に、自分らしさを発揮できずにいます。こんな環境の中で、自分らしい仕事をし、キャリアアップすることはできるのでしょうか。また、それができない場合、どのように次のステップへ移ったらいいのでしょうか?

大企業でしかできないことも探してみてQ

ベンチャー企業からの転職、憧れと現実のギャップについての悩みですね。入社4年目にして、スキル、能力、経験、ポテンシャルを評価されて大企業へ転職!となれば、順風満帆だと感じていたはず。戸惑いが十分すぎるほど伝わってきます。
キャリアカウンセラーとして多くの人と接してきた経験からすると、どんな環境にいても、自分らしい仕事をしながらキャリア形成することは可能です。厳密に定義すれば、「キャリア」には、アップもダウンもないのですが、相談者さんはキャリアアップしたい、と強く望んでいるようですね。「自分らしい仕事」とは、どんな仕事でしょうか?

転職した会社の何にひかれたのか? 具体的に掘り下げよう
具体的な企業名や業界が分からないので、組織風土や、人事制度、社内の仕組みまでは分かりません。転職先の企業が現在どういうステージにあり、どういう商品やサービスを提供して社会に貢献しているのか、ライバル企業はどこなのかも分かりません。また、転職をしてまで入社しようと憧れた企業の「何」にひかれたのかについても、お聞きしたいところです。「何か」は具体的に「何」でしたか? ブランド名? 一緒に働く人? 給料が高いところ? 福利厚生の充実度? ビジネスモデルや商品が好きだった? …考えてみてください。

憧れた企業の一員となったあなたは、その企業の魅力を一緒に磨き上げていくべき存在です。こんなはずじゃなかったと言って、すぐに辞めてしまう人もいますが、それは、もったいないと思います。自分本位なキャリアアップが簡単にかなう企業は、世界中どこにもありません。給料に見合うだけの成果や、結果が出せなければ、理想のビジネスキャリアは築けないでしょう。

あなたがそこで働くことで生み出している「価値」を考えてみて
社内政治や、根回し、年功序列の風潮は、ベンチャー企業しか経験のない人にとっては、晴天のへきれきとも感じられる、「面倒くさい」ものです。しかし、大企業が大企業であるゆえんは、市場に必要とされる価値を長年生み出してきた結果です。先人たちがつく上げてきた組織風土や仕組みの中で築かれたブランドイメージと、入社後に社員として感じる風潮は違っていて当然とも言えます。

「こんな環境の中で…」とおっしゃいますが、その環境を選んだのはあなた自身です。どうしても嫌だ、耐えられないというのであれば、さっさと転職しましょう。でも、こんな環境の中だからこそ、あなたらしさを発揮してほしいと期待されているとしたらどうですか? あなたが置かれた職場環境の中に、自分らしさを発揮できる場面は全くないのでしょうか?

少なくとも1年、あるいは2年ほどは、水に慣れる覚悟で、以前の職場での習慣を捨て、大企業の文化・仕組みを学ぶつもりで働いてください。大企業でしかできないこと、大企業だからできることを見極めてみましょう。

あなたが、その職場で働くことで、企業や企業のお客さまに対してどんなことが提供できるのか、あなたがいることで何が有益になっているのか、さまざまな視点・指標で考えてください。企業が生み出している「価値」について、あなたが一緒に働くことで生み出している「価値」について、自分らしい仕事を探しながら、最善を尽くして挑戦してみてください。ベンチャー企業では経験できなかった、大企業ならではの「働き方」はあるはずです。

十分手を尽くしてみて「どうしても自分らしく働けない」と判断してから、次の職場を探しても遅くないです。次の職場に移る際には、憧れに左右されず、転職先に何を望むのか、自分なりの基準を明確にしてから臨みましょう。「自分らしさ」探しのワナにはまると、青い鳥症候群に陥り、意味のない転職を繰り返してしまう場合もありますから注意してくださいね。


「社内円滑Happyコミュニケーション」 トップ

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月19日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ