福岡市・天神に百貨店と広場とオフィスを創出。開業20年のエルガーラ


私たちが働く街・福岡の旬なトピックを、西日本新聞経済電子版「qBiz」からピックアップ。あの話題、私たちにどう関係あるの?

福岡市・天神に百貨店と広場とオフィスを創出
開業20年のエルガーラ2017年3月7日記事から抜粋

天神のエルガーラビルが3月、開業20周年を迎えた。国体道路周辺の混雑解消と土地の高度利用を図る福岡市の再開発事業の中核。開業前後は、岩田屋Zサイドや福岡三越など商業施設の開業が相次ぎ、「第3次天神流通戦争」と言われた。岩田屋で広報部長等を務めた梶原善二さん(70)は「天神の商圏がより広がり、県外からの集客力が上がった」と話す。

併設のパサージュ広場は透明な屋根で覆われ、商業が集中していた天神で「居心地の良い空間をつくる先駆けだった」(梶原さん)。

天神の一等地の立地を生かしたオフィス機能も充実。福岡中小企業経営者協会は昨年、博多区から移転。ITやベンチャー企業の入会促進を図り、移転後、会員企業は約40社増。

天神地区では、老朽化ビルの建て替えを促進する「天神ビッグバン」計画により、今後は商業・オフィス集積が加速。博多大丸の柚木和代社長は「天神の各百貨店共通のイベントなど、街ぐるみで集客につなげたい」と、新旧再開発事業の融合で盛り上がりを期待する。

ワンポイント解説
解説記者:「qBiz」編集長 吉武和彦さん

エルガーラなどが開業した第3次天神流通戦争は演劇にもなりました。岩田屋などの商業施設や乗り物を擬人化した「かぶり物」でおなじみの劇団「ギンギラ太陽ʼs」(大塚ムネトさん主宰)です。街の盛衰を描き、こちらも20年。天神再開発はもはやドラマです。

▼記事本文はこちらから
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/313040

西日本新聞経済電子版 qBiz
福岡で働く人のスマートな情報収集に役立つ、西日本新聞社運営の九州・全国の経済ニュース満載のWebページ。西日本新聞紙面にはないオリジナル記事も充実。月額400円。利用登録は「西日本新聞パスポート」で検索を。


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 6月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ