福岡都心に新循環バス 課題は渋滞緩和策


私たちが働く街・福岡の旬なトピックを、西日本新聞経済電子版「qBiz」からピックアップ。あの話題、私たちにどう関係あるの?

福岡都心に新循環バス
課題は渋滞緩和策2015年4月16日記事から抜粋

 福岡市と西日本鉄道は、市中心部の渋滞緩和を促すバス高速輸送システム(BRT)事業に乗り出すと発表した。大型バスをつないだ連節バスを導入し、専用車線も設け、天神とJR博多駅、博多港を循環する路線を2016年度以降、新設する計画。開発が続く都心の人と車の増加を見込んだ事業だが、課題となるバス専用車線や周辺部の駐車場整備など、渋滞緩和の要となる具体策の検討はこれからだ。

 BRTは、一般道路にバス専用車線を設け、渋滞緩和と定時運行を可能とするシステム。計画では同駅や博多港国際ターミナル、天神など約10カ所にバス停を置き、10分間隔で循環させる。連節バスの乗客数は約130人、2020年度までに15台を走らせる。料金は定額制を検討しており、観光客も含め、1日1台当たり1000人の利用を見込む。

 西鉄関係者とともに記者会見した高島宗一郎市長は「新しい形のバスが入るだけの話ではなく、交通システムを変えていく」と述べた。

ワンポイント解説
解説記者:「qBiz」編集長 川合秀紀さん

 この事業には、福岡市のウォーターフロント再開発構想を後押しする狙いもあります。マリンメッセ福岡などがある一帯に有名ホテルやにぎわい施設を誘致する計画ですが、課題はアクセスの悪さ。天神、博多に続く人気エリアになるか、このバスが鍵を握っています。

▼記事本文はこちらから
http://qbiz.jp/article/60389/1/BRT/

西日本新聞経済電子版 qBiz
人のスマートな情報収集に役立つ、西日本新聞社運営の九州・全国の経済ニュース満載のWebページ。西日本新聞紙面にはないオリジナル記事も充実。月額400円。利用登録は「西日本新聞パスポート」で検索を。


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 6月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ