コーヒー激戦区の福岡で今注目のコーヒーショップを紹介!


コーヒー激戦区の福岡。続々と登場する新店の中から、注目のお店を紹介。
休日や仕事中のあなたを癒やす、至福の一杯を見つけませんか。
福岡にいながらにして、旅気分が味わえるお店をピックアップ。連休に遠くに行けなくても、気持ちを満たしてくれるはず!
万太郎さん
1日に1~3店舗、コーヒーショップへ行くコーヒー好き。年間の飲食店訪問は、喫茶と食事を合わせて1100回以上! インスタのフォロワーは1万4700人を誇る人気ブロガー

アカウント「@mantaro_club

最近の福岡のコーヒー屋さんの変化を感じますか?

10年前くらいはコーヒーだけでなく、食事やスイーツに力を入れたカフェが増えてる時期がありましたが、現在は珈琲専門店が増えてます。それもコーヒースタンドや小箱系の店が増えてます。

特に、マイクロロースターやナノロースターと言われるオーナー自身が自家焙煎を小規模に行うお店が増えてきました。

昔は、焙煎=熟練の職人技というイメージだったのですが、最近は焙煎機も購入しやすくなったり、インターネットにより技術的情報も入手しやすくなったことも要因でしょうね。

コーヒーの各分野における競技会が開催されていますが、国内大会や世界大会でも優勝したり好成績を残している人が福岡のコーヒー業界には多くいます。彼らが集まって定期的な勉強会やイベントなどを開催して福岡全体的のコーヒー業界のレベルアップを図っているのです。

また、昔は商社を通じてコーヒー豆を輸入していたのが一般的でした。しかし最近は、個人経営の自家焙煎珈琲屋でも直接外国の産地に出向いて農場主と情報交換して直接仕入れるスタイルも増えてきてます。

これもインターネットによる契約交渉のスムーズ化や格安航空の普及が影響してると思います。

編集:なるほど、面白いですね。ボーダレスで自分がやりたいことができるようになったからこそ、こんなにも各店舗によって特色も感じられるのですね。

そうですね。選択肢が増えたのでいろいろコーヒーやサービスを消費者が楽しめるようになってますよね。

例えば、ギャラリーを併設してアートやファッションのイベントを開催して、コーヒーだけではなく、カフェ文化、コーヒー文化という枠で、観光客や地元の若者の需要深耕に力を入れてる店も見られます。

福岡のお店は競合店やライバルというより、同志的な関係で業界全体を盛り上げようという気持ちでつながっていますね。これはコーヒー業界だけでなく飲食業界における福岡の特徴だと思います。

コーヒー屋さんの楽しみ方などを教えてください

コーヒーを飲むだけでなく、店主や他のお客さんとコーヒーの話をしたり、世間話をしたりするのが楽しいです。

特に僕の場合は、“日常生活の一部としていろんなお店に通ってる”、というか、いろんな人に会いに行ってる感じですね。もちろんいろんなコーヒーの味を比べたりしておいしさを楽しんでますが、わざわざお店に行くってことは、やはり“人に会いに行く”という風に考えてます。


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 5月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ