【冬の旅】日帰り宗像&福津編~世界遺産登録で注目のエリア



世界遺産登録で注目される宗像エリア。公共交通機関を駆使して日帰りで行けちゃう宗像の“いいとこどり”なスポットを厳選。シティフレンズの岩室有紀さんが行ってきました。

※バスは本数が少ないので、事前に時刻をチェックするのがおすすめ

#SHRINE

宗像に着いたら世界遺産へお参りを

世界遺産に登録された「宗像大社」。九州本土の辺津宮、大島の中津宮、沖ノ島の沖津宮からなり、辺津宮へは天神から直行バスで行けます。宗像三女神の降臨地と伝えられる辺津宮の「高宮祭場」は木々の間から光が降り注ぎ、神聖なパワーを感じる場所。

辺津宮の神門

全国でも数少ない古代祭場の1つの高宮祭場

中津宮社殿

中津宮のある宗像市大島は、福岡県最大の島。大島は七夕伝説発祥の島とも言われ、福岡から日帰りでも行ける距離です。

※1日往復7便(フェリーまたは高速船)、大人560円/片道

島全体が宗像大社の境内地として厳重な掟が残る神の島・沖ノ島

沖津宮社殿

沖津宮遙拝所

沖津宮のある沖ノ島は、古代から人の立ち入りを拒む禁忌によって守り続ける“神の島”。鏡や勾玉、指輪など、約8万点の貴重な宝物は国宝に指定され、島は「海の正倉院」とも言われます。

宗像大社辺津宮

(住)宗像市田島2331
TEL 0940-62-1311
(交)西鉄バス「むなかた号」で「天神・日銀前」~「宗像大社前」バス57分(土日祝5往復)


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 5月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ