vol.9 つるっと食べたいそば


うまいもんだらけの福岡グルメを、地下鉄に乗って食べに行こう! グルメライターの山田祐一郎さんに、毎回、テーマごとに、「ここぞ!」という3店舗を紹介してもらいます。

カレーを引き立てるだしの力
[カレー南蛮]980円

「カレー南蛮」は、週に2度ほど牛スジを仕込むタイミングでしかメニューに現れないレアな一品。

つゆは鹿児島・枕崎のカツオ節や北海道産の利尻昆布などで引いただしに、牛スジのエキス、トマトの果汁を合わせ、カレー味に仕上げてあります。

カレーの中でもだし感が主張。二八のしなやかなそばと一緒に味わって。

酒と蕎麦 まき野
福岡市中央区渡辺通5-12-8
TEL 092(791)2363
[営]午後6時~翌午前0時(午後11時30分 OS)
[休]月曜休
アクセス/地下鉄天神南駅6番出口から徒歩5分

伝統のだしに鴨のうまみを添えて
[鴨せいろ]1100円 [地鶏むすび]150円

創業から半世紀以上経つ老舗で、現在は三代目がのれんを守ります。羅臼昆布、節類で引いた自慢のだしは創業以来、守ってこられた伝統の味。

「鴨せいろ」はそのだしを土台に、鴨肉を惜しみなく加えたつゆが魅せます。

北海道産のそばは風味が清涼。力強い鴨のうまみが冴え渡る一品は昼食にも、締めにもオススメです。

そば処 さらしな
福岡市中央区大名2-3-10
TEL 092(741)8889
[営]午前11時~午後8時30分(同8時 OS、土曜は同7時30分まで・同7時OS、祝日は同5時30分まで・同5時OS)
※金曜は午後8時~同11時のちょい飲み営業あり
[休]日曜休
アクセス/地下鉄赤坂駅4番出口から徒歩1分

風味豊かな至福の自家製粉手打ちそば
[十割そば]750円から

写真は、普通サイズ950円

開業から2年ながら、しっかり地域に根ざす実力店。自家製粉の手打ちそばは、その風味に定評がある福井県丸岡在来を中心に、その季節でベストのものを仕入れ、石臼で挽いて打ちます。

十割そばは鼻を抜ける香りが強く、つなぎを入れないのにうっとりする口当たり。通し営業で昼からお酒が楽しめるのが嬉しい!

蕎麦 おざき
福岡市中央区警固1-1-10
TEL 092(718)0200
[営]午前11時30分~午後9時(同8時30分 OS)
[休]火曜休
アクセス/地下鉄薬院大通駅1番出口から徒歩5分

 
0407_06
山田祐一郎さん
著書に「うどんのはなし 福岡」。自身のWebサイト(ii-kiji.com)と連動した麺アプリ「KIJI NOODLE SEARCH」を監修。
 

シティリビング2018年3月23日号掲載 ※情報は掲載時点のものです


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月19日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ