新日本プロレス期待のイケメンSHO選手&YOH選手が来社!


筋肉好きの皆さまに嬉しいお知らせ! 新日本プロレスで「ROPPONGI 3K」としてタッグを組み、IWGPジュニアタッグ王座のベルトを持つSHO選手とYOH選手が来社しました!普段リングの上では見られない、二人の素顔にも迫りましたよ。

 

左がSHO選手、右がYOH選手

 

 

――タッグを組んでいるお二人。お互いから見て、どんな選手ですか?

YOH SHOくんのファイトスタイルは、真っすぐですね。ピュアで裏表がないので、それがリング上にも出ています。分かりやすい直線型のパワーファイターです。試合中に矢を射るポーズをするんですけど、ハートを射抜かれる女性ファンが急増していて。〝SHOスマイル〟のとりこになる女性も多いですね。

 

――プライベートでのSHO選手はどんな感じですか?

YOH 性格は自分とは正反対で、ちょっとガサツなところがあると思いますね(笑)。部屋は掃除しない、そこらじゅうに物は散乱している…というような。自分のことに対してはものすごく集中力があるんですけれど、もうちょっと周りを見てほしいなーという部分はありますね(笑)。それも含めてSHOくんらしいんですが。あと、AB型なんで変わっています!僕はO型で人に合わせるのがわりと得意なので成り立ってます(笑)。チームとしてのバランスはいいと思いますよ。

 

――では、YOH選手はどんな選手ですか?

SHO リング上では自分とは真逆のスタイルです。一瞬で試合の状況をコロッと変えてしまうようなトリッキーさ、テクニカルな部分を持っています。対戦相手の方がキャリアも体力もあって、やられそうな状況でも、一瞬で形勢逆転して3カウントを取れるような技を持っているなど、タイプが違う2人のタッグなので、いろいろな対戦相手に対応できると思います。年も1つ上で、すごく信頼しています。

 

――YOH選手の普段の姿は?

SHO 普段も自分の全く逆。女性からモテそうな見た目だし(笑)。2人のうちどっちがいい?って話になると、6~7割の女性がYOHさんを選ぶんですよ!

YOH でもSHOくんがそんなこと言うと、SHOくんファンの方が「そんなことないよ~!」ってなるじゃないですか。ずるいんですよね(笑)。

 

――女性からすると、タイプの違う選手それぞれの魅力を楽しめるタッグですね

YOH プロレス界のキンキキッズを目指したいですね(笑)。ぜひ友達同士で「どっち派?」って話してみてください。

 

――オフの時も二人で過ごすことはありますか?

YOH プライベートでは一緒にバンドを組んでます。僕がギターとヴォーカルで、SHOくんがドラムで、あとは共通の友達を入れて。月1で練習してます。

SHO YOHさんが元々音楽好きで。

YOH 僕が強引に誘った感じです。SHOくんは〝音ゲー(音楽ゲーム)〟が好きなので、リズム感がいいだろうとドラムに(笑)。

 

――昨年4月にお二人が出したフォトブック(新日本プロレスSHO&YOHフォトブック「3K」)では、リラックスした表情や、かなりきわどい(?)写真までありましたね

SHO リング上では笑顔を見せることはないので、いろいろな表情をフォトブックを通して見てもらえたらなと。

YOH フォトブックでは、あえてプロレス色は一切出してないんです。普段の生活を見せるというか。

 

――マッチョなお二人がすごく可愛らしく見えました

SHO それを狙ってるんですよ(笑)。

YOH 僕らも見たことなかったような自分たちですね。宝物が1つ増えたなぁと。

SHO 昭和のレスラーにはない感じですよね。

YOH また出したいね、第2弾を。

 

――福岡のプロレスファンの印象は?

SHO 格闘技が盛んな地域だし、熱い戦いが好きだなと感じますね。

YOH SHOくんみたいな真っすぐなタイプの選手がウケますね。

SHO 喧嘩みたいな闘いが好きなのかな。九州男児の血が騒ぐような、熱い戦いが。

 

――女性ファンも増えていますか?

SHO 会場を見渡したら、女性ファンがすごく多いですよ。

YOH 6割~7割くらいは女性ですかね。女性の方は推しの選手のグッズや応援グッズを身に着けてくれますね。会場も華やかになります。

SHO 試合を見るために遠征してくれるのも女性が多いですね。

YOH 手作りのネームボードとかの応援グッズは、本当に嬉しいですね。試合中に会場を見渡してボードを持ったファンの方がいたら、SHOくんがやられていてもそっちに気がいっちゃいますね(笑)。

SHO タッグチームなんだから助けないと(笑)!うちわを作ってくれる方もいて、本当に嬉しいですよ。自分たちのコスチュームのコスプレをしてくれる方も。ライブ好きな女性だったら、プロレスは絶対に楽しめると思います!1回生で見たらハマりますよ。

YOH 試合そのものだけじゃなくて、いろんな楽しみ方ができますよ。

SHO 女性だけでも見に来やすいと思います。日頃の嫌なことを忘れて、観戦後は全部スッキリして帰れますよ。1回だまされたと思ってもいいので、お友達を誘って、生の試合を気軽に見に来ていただけたら。面白くなかったらチケット代返してやるよ!ってくらいの自信があります。

 

――53日・4日は、福岡国際センターで「濱かつ Presentsレスリングどんたく 2019」が開催されますね。見どころは?

SHO テレビで目にする有名選手がリング上で戦っているところを、生で、福岡で、見られます。

YOH 知っている選手がいると応援もしやすいし、みんなキャラクターが立っているので、見ていて飽きないですよ。推しの選手を見つけて楽しんでください。

SHO 引退を発表された獣神サンダー・ライガーさんもリングに上がります。このチャンスを逃したらもったいない!毎年ベルトをかけた大きな戦いが見られるので、予備知識0でも問題なく楽しめますよ。

 

――最後に、ご自慢の筋肉は?

YOH それはもう、上腕三頭筋です。

 

SHO 僕は広背筋から大腰筋にかけての背中の筋肉ですね。

 

 

お二人の筋肉も生で拝める「濱かつ Presentsレスリングどんたく 2019」をお楽しみに!
情報は下記から↓

 

『濱かつ Presentsレスリングどんたく 2019』
5月3日(祝・金) 16:30開場 18:00開始

5月4日(祝・土) 13:30開場 15:00開始
福岡国際センター(福岡市博多区築港本町2-2)
チケット前売り4500円から、当日5000円から
(小中高生は身分証明書提示で2500円)

※最新の販売状況は新日本プロレス公式HPで確認を


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 4月26日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ