JR筑肥線下山門駅「queue(クゥー)」


花と雑貨の“しっぽ”でつなぐ新たな出会いのストーリー
「queue(クゥー)」

雑貨と花、それぞれの業界で経験を積んだ夫婦が営む「queue」。店名はフランス語で「動物のしっぽ」という意味があり、“感情を素直に表すしっぽのようにお客さまの気持ちを形にしたい”という願いが込められています。

スモーキーなピンク、白やグリーン系の品種が多め

「こういう取材の場って、うまく話せないんですよね」と、はにかみながら答えてくれた太田さん夫妻。撮影するカメラからも隠れるくらいシャイなのに、花のアレンジやアイテムのこだわりについて聞くと、とても情熱的に教えてくれました。

アンティーク風アレンジは大人の女性に評判。オーダーブーケ2160円から、アレンジ3240円から

店内もそんな2人の姿を映し出したような、センスと温もりを感じるフレンチナチュラルテイスト。ウエアや小物の中心には季節の花々が並びます。

「多彩なアレンジができる花こそ個性の見せ所。だから主役は花なんです。雑貨は花を持った時に合うものを選んでいます」

花束に添えたい一点もののアクセサリーもおすすめ

実際に身に着けて惚れ込んだムーンスターのスニーカーや福岡のブランド「ichi(イチ)」のウエア

店内では定期的にワークショップも開催。「お客さん同士が出会う場になってほしいと思っています」。

太田さんの“しっぽ”は、人をつないで、新たな喜びを伝えてくれています。

福岡市西区下山門4-14-17
TEL 092(407)0156
[営]11:00~19:00
[休]木曜休
https://queue17.jimdo.com
JR筑肥線下山門駅から徒歩10分

シティリビング2018年4月13日号掲載 ※情報は掲載時点のものです


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 9月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ