「節約」ではお金が貯まらない!? 貯まる人が持っている“口座”が存在する【「崖っぷち家計」脱出法 Vol.3】


woman_excite
「節約」ではお金が貯まらない!? 貯まる人が持っている“口座”が存在する【「崖っぷち家計」脱出法 Vol.3】

「節約」ではお金が貯まらない!? 貯まる人が持っている“口座”が存在する【「崖っぷち家計」脱出法 Vol.3】

「節約」ではお金が貯まらない!? 貯まる人が持っている“口座”が存在する【「崖っぷち家計」脱出法 Vol.3】

「節約」ではお金が貯まらない!? 貯まる人が持っている“口座”が存在する【「崖っぷち家計」脱出法 Vol.3】

「節約」ではお金が貯まらない!? 貯まる人が持っている“口座”が存在する【「崖っぷち家計」脱出法 Vol.3】

イラスト:平松昭子

「わが家のお金の計画表」を作ったことで、人生の羅針盤ができあがりました。今回は、「未来にかかるお金」をどう準備していくのか? を具体的に考えてみます。家の購入費用、教育費など、金額が大きすぎて、「日常のお金」との距離感が、ハンパないですよね(笑)。
【楢戸ひかるの「お困り家計」の見直し術】
Vol.1 お金は「いくら」あれば安心? 貯まらない人の失敗パターンとは
Vol.2 住宅ローン、教育費…「貯金しなきゃ!」と、焦る前にすること
■人生の3大資金「住宅」「教育」「老後」

「お金のことが難しい」と思う人が多いのは、「考える分野がたくさんある」ことも一因です。住宅ローンや教育資金、はたまた保険…。これらを、どう組み合わせて、総合的な「わが家のお金のこと」を考えれば良いのか? 全体像が見えづらいのです。まずは、次の「お金の知識」のマッピング図を見てください。

●「お金の知識」のマッピング図

出典:楢戸ひかる「お金のリビング」テキストより抜粋

最初に見ていただきたいのが、赤文字の「人生の三大資金」。これは、「住宅」「教育」「老後」資金の3つを指し、人生でかかるお金のうち、もっとも多額なもの3つと言われています。

これに、「車を買い替える」「家族で旅行に行きたい」といった夢をかなえる「一般貯金」を加えて、私は「人生を構築するお金」と呼んでいます。これらは、どれも大きな額のお金なので、長い時間をかけて計画的に準備する必要がある種類のお金です。

■家計費を節約してもお金は貯まらない

© milatas - stock.adobe.com

「人生を構築するお金」は、「人生の柱」のようなイメージを持ってみてください。柱がしっかり立ってこそ、日常の生活が滞りなく送れます。「人生の柱」をしっかりと立てるために必要なことは、「人生を構築するお金」は、先取り貯金で貯めるということです。

多くの方は、家計費の余ったお金を貯めていけば、その先に「人生を構築するお金」が貯まっていく。そんなイメージをお持ちのようですが、考える順番が逆です。

もう一度、「お金の知識」マッピング図を見てみてください。「使えるお金」から、「人生を構築するお金」を先にとりわけ、余った分を生活費にする。この順番を、頭や心で、しっかりとイメージしてみましょう。

■「貯金」と「生活費」の配分は?

「『人生を構築するお金』を先取り貯金で貯める」とお伝えすると、こんな疑問が出てくるのではないでしょうか?
お給料のうち、「貯金」と「生活費」、どう配分すればいい?再度、お金のマッピング図を見てください。まずザックリ、「使えるお金」を、「人生を構築するお金(先取り貯金)」と「人生を回していくお金(生活費)」の二つにわけるとイメージします。「人生を回していくお金」とは、文字どおり、日々の生活を回すお金。いわば生活費です。

出典:楢戸ひかる「お金のリビング」テキストより抜粋

マッピング図を見て、配分をイメージしてみると、またひとつ疑問が沸くと思います。
「使えるお金」って、なんですか?
これを説明しておきます。「使えるお金」とは、少し難しい言葉を使うと「可処分所得」のことです。給与明細を見て、次の計算式から割り出します。
使えるお金=(支払金額−源泉徴収税金−社会保険等の金額) 
このほかに「組合費」など、「差し引かれることが自分ではどうしようもないお金」は、支払金額から引いておきます。一方で、「社宅の費用」「財形貯金」「保険料」などは、差し引かずに「使えるお金」に含めます

■「貯める人」が持っている口座とは?

さて。ここまででも、けっこう「おなかいっぱい!」ですね。あと、ひとつだけ。じつはここがポイントなのですが、「家計費」と、「貯金」の間に、私は「クッション口座」を作るようにご提案しています。なぜなら、取材を通じて出会った「お金が貯まる人」は、みんなクッション口座を持っていたからです。

最初にお断りしておくと、クッション口座とは、どこかの銀行にある、特定の口座ではありません。「特別支出」「プール金」など人によって呼称は違いますが、同じ「機能」を指して、私が命名しました。

その機能とは、ザックリ言うと「日々の家計費」と「貯金」の間のクッションのような役割です。

●クッション口座イメージ図

出典:楢戸ひかる「お金のリビング」テキストより抜粋

■突発的な支出に強い、主婦の味方となる口座

© denebola_h - stock.adobe.com

クッション口座の詳細については、次回で詳しく説明します。ここで、お伝えしたいことは、「クッション口座の必要性」です。

コツコツ真面目に貯金をしてきた人ほど、突発的な支出で「貯金のテンション」は下がります。ましてや、「貯金を取り崩す」などという事態に陥ろうものなら、「もう、どうでもいいや!」という気分になってしまいます。ですから、主婦の心の平穏のために(笑)、クッション口座を作るのは、家計管理の絶対的なポイントなのです。

次回は、「結婚式、医療費…「急な出費」のピンチを救うプロの技」です。貯まる人が持っている「クッション口座」について解説しましょう。
■楢戸ひかる プロフィール
HP「主婦er」を通じて、「これからの主婦の在り方」を発信中。
吉祥寺の人気カフェで、マネーライター歴20年の経験を生かした「お金のワークショップ」を開催しています。
【楢戸ひかるのワークショップ:お金のリビング
(楢戸ひかる)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 6月22日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ