スニーカーがママを救う! 仕事も子育ても1足で回す「スニーカー通勤のヒント」


woman_excite
スニーカーがママを救う! 仕事も子育ても1足で回す「スニーカー通勤のヒント」

スニーカーがママを救う! 仕事も子育ても1足で回す「スニーカー通勤のヒント」

©Africa Studio-stock.adobe.com

最近は、少しずつスニーカー通勤OKの職場も増えてきているようです。保育園送迎などで抱っこやベビーカーのママにとっては、ヒールよりもスニーカーの方が断然ラクですよね。もし、職場でスニーカーがNGでも、オフィスについてからパンプスに履き替えるという方法も。オフィススタイルに合わせても違和感のないスニーカー選びのコツをおさえておきましょう。

■色選びの基本は「白・黒・グレー・ネイビー」
スニーカーにはカラフルなものがたくさんありますが、休日には差し色として有効な色も、オフィススタイルにはカジュアルすぎて浮いてしまうことに。通勤にスニーカーを取り入れるなら、ベーシックな色を選びましょう。

基本は、白・黒・グレー・ネイビー。できるだけラインなどが入っていない、シンプルなデザインを選べば、スカートにもパンツにも合わせられます。

中でも使いやすいのは、グレーやネイビーです。「黒だと足元が重すぎる」「白だとカジュアルに見えてしまう」という場合、グレーやネイビーなら全体を大人っぽくまとめられます。

■素材で演出! レザースニーカーの“きちんと感”
「足元はスニーカーでも“きちんと感”はキープしたい」という場合は、レザースニーカーをチョイスしてみては。最初の一足として試しやすいのは黒レザーです。アッパーとソールの色が違うとカジュアルな印象になるので、全体が同じ系統の色を選ぶと良いでしょう。

レザーのハイカットスニーカーなら、ショートブーツ感覚でコーディネートすることもできますね。
 
 

■洗練+季節感、スエード使いで「大人のスニーカー」

©Kaspars Grinvalds-stock.adobe.com

通勤用のスニーカーとして、今の季節にピッタリなのがスエード素材。抜け感のあるほどよいカジュアルさを生み出しつつも、落ち着いた大人っぽい雰囲気も演出してくれます。

スエード素材のスニーカーは、グレーやベージュなどのスモーキーカラーがおすすめです。ボトムスとカラーのトーンを合わせると、スッキリとオシャレな印象になりますよ。

■スニーカー通勤に必須! おさえておきたい服装ポイントは?
スニーカー通勤をする時の服装は、ジャケットやシャツなど、きちんとキレイめなスタイルを意識するのがコツ。スニーカーを合わせることで“抜け感”が生まれ、かちっとしたコーディネートを引き立てることにもつながります。

また、服装の色味を抑えめにすることも、スニーカースタイル成功のポイントです。統一感のある同系色のグラデーションや、シンプルなモノトーンなら、足元がスニーカーでもだらしなく見えません。

スニーカー通勤に合わせるコートは、昨年から引き続き人気のチェスターコートを。コートのフォーマルなイメージが、スニーカーのカジュアルさをほどよく中和してくれます。

ラクなだけでなく、通勤スタイルをオシャレにランクアップもしてくれるスニーカー。勤務先のドレスコードが厳しくないようなら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。
 
 
(かとうともみ)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 4月27日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ