「妊娠・出産で足が大きくなった?」間違いだらけの靴選び【いつから? どうやって? 疑問だらけの子どもの足育 第3回】


woman_excite
「妊娠・出産で足が大きくなった?」間違いだらけの靴選び【いつから? どうやって? 疑問だらけの子どもの足育 第3回】

「妊娠・出産で足が大きくなった?」間違いだらけの靴選び【いつから? どうやって? 疑問だらけの子どもの足育 第3回】

「妊娠・出産で足が大きくなった?」間違いだらけの靴選び【いつから? どうやって? 疑問だらけの子どもの足育 第3回】

「妊娠・出産で足が大きくなった?」間違いだらけの靴選び【いつから? どうやって? 疑問だらけの子どもの足育 第3回】

「妊娠・出産で足が大きくなった?」間違いだらけの靴選び【いつから? どうやって? 疑問だらけの子どもの足育 第3回】

ⓒJoanna Zielinska-stock.adobe.com

足育アドバイザーの高階貴子さんにお話をうかがい、3回にわたってお送りしてきた「子どもの足育」。

最終回となる今回は、座った姿勢で気を付けるべきことや、今からでも遅くないママの足育についてご紹介しましょう。

お話をうかがったのは…
高階貴子(たかしな・たかこ)さん

日本足育プロジェクト協会認定足育アドバイザー。自身の足のトラブルをきっかけに若石リフレクソロジストに。正しい知識で足を守ってほしいと足育講座を開催している。
・若石リフレ・足育 KICO
・日本足育プロジェクト協会

■足を育てる「座り方、イスの高さ」

――子どもの足育に、座り方は関係しますか?

高階貴子さん(以下、高階さん):体幹ができていなくても安定することから、子どもは割座(正座でひざから下を外側に出して座る姿勢)をしがちなのです。しかし、これは足をひねる座り方になってしまうので、上から見たら足がひし形になるように、足裏を合わせた座り方に直してあげましょう。

子どもをイスに座らせる場合は、できれば足裏が着く低いものがいいですね。ごはんを食べるときも足がしっかり着いていたほうが姿勢もとれるし、食べやすいのです。

テーブルで高いイスを使う場合は、下に台などを置いて足の裏が着く状態にしてあげるといいと思います。足裏を着けたほうが、足の刺激にもなりますし体が安定します。そのほうが、ごはんを食べることに集中できますし、しっかりかめます。

学習机も同様で、足裏が床に着いていなかったら台を置くようにしましょう。

何度か座り方を直してあげると、自然と自分から足裏を合わせて座るようになる(写真提供:足育Lab Ta.Ta.Ta)

――ほかに取り入れられることはありますか?

高階さん:子どもの足の指をマッサージしてあげるといいですね。

指をクルクルしたり、指の付け根を反らせたり曲げたり、指1本1本をさすったりなでたり。子どもの足は柔らかいので強さは必要ありません。

足の指をクルクル回して、ポンッと離す。子どものマッサージは優しく触れるのがポイント

足のツメの切り方も気を付けてください。赤ちゃんのときは深爪をしている親御さんが多いですが、指先と同じが少し長いくらいのほうが、指の力を出す、守るにはいいんです。けり出す力をしっかり足に伝えることができますから。

また、深爪にすると巻き爪になりやすいという理由もありますね。

■妊娠・出産で足も激変! ママにこそ足育が必要な理由

――妊娠中や出産後に足のトラブルを抱えるママが多いですが、改善方法はありますか?

高階さん:女性の体は妊娠すると、分娩に備え、恥骨を開かせるためにリラキシンという女性ホルモンが出ます。

このホルモンは体全体に影響があり、足のじん帯や関節もゆるくなるんです。そのときに、ふだんの体重よりも重い負荷が足にかかってくるため、アーチが崩れてしまうのです。

例えば、靴がきつくなって足が大きくなった感じがすると思うのですが、靴をサイズアップするのではなく、逆に広がった足を守るために、靴のひもをしめて形をキープすることが大事です。

ⓒetemwanich-stock.adobe.com

年を重ねたときのトラブルにもつながりかねないので、足が広がってしまうホルモンが出たときには、足の形が崩れないようにしっかりと足を保護しましょう。

妊娠中はおなかが大きいので、ついつい簡単な靴をはきたくなりますが、ひもを結ぶのが難しければ、マジックテープのものや引っ張ると締まるゴムのひもに代えるのもいいでしょう。

妊娠中は、体重増加を防ぐためにお医者さんから歩くように言われることも多いと思います。足に合っていない大きめの靴をはいて歩くと足にダメージを受けるかもしれないので、いっそう靴選びには注意が必要です。

出産後は、骨盤を元に戻すためにベルトを巻いてくださいと病院や産院から指導されますよね。足も同じように思ってもらえたらいいかと思います。

関節やじん帯がゆるんでいる状態から元の体に戻るには、出産後、2年くらいかかるといわれています。その間は足を守り引き締めるという意識をもっていただけるといいでしょう。

ママが歩くのがつらかったり足が痛いと、子育てにも影響が出ますよね。子どもと一緒に走ったり遊んだりするのも、自分の足が元気じゃないとできません。自分の足を守ることが、ストレスなく育児に取り組むことにもつながるでしょう。

子どもがのびのびと遊んだり、赤ちゃんが思う存分ハイハイできる広い環境を用意するのは、なかなか難しいことです。でも「子どもが遊ぶ空間、時間を確保することが大切。これを意識して習慣にしてください」と高階さん。

最初からあれもこれもと欲張ると、長くは続かないものですが、「足育」はできることから少しずつでも大丈夫。家族みんなで楽しく生活に取り入れてみましょう。

取材・文/河部紀子
(ライターチーム123)


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 5月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ