2人目育児の大変さたるや…! 上の子を叱ってしまったあの頃とその後【コソダテフルな毎日 第107話】


woman_excite
2人目育児の大変さたるや…! 上の子を叱ってしまったあの頃とその後【コソダテフルな毎日 第107話】

2人目育児の大変さたるや…! 上の子を叱ってしまったあの頃とその後【コソダテフルな毎日 第107話】

2人目育児の大変さたるや…! 上の子を叱ってしまったあの頃とその後【コソダテフルな毎日 第107話】

2人目育児の大変さたるや…! 上の子を叱ってしまったあの頃とその後【コソダテフルな毎日 第107話】

2人目育児の大変さたるや…! 上の子を叱ってしまったあの頃とその後【コソダテフルな毎日 第107話】

2人目育児の大変さたるや…! 上の子を叱ってしまったあの頃とその後【コソダテフルな毎日 第107話】

子どもが1人から2人に増えた時ってガラァァァーーっと環境変わりますよね。

3人目が生まれたあともきつかったですが、
2人目が生まれたあとが1番自分自身と葛藤した1年間だったように思います。

3歳(幼稚園年少)と0歳の兄弟を育てているころはとにかく夜早く寝かせることに命を懸けていたの(だって、子供たちが寝たあと数時間(次男の授乳があるので)しか自分の時間がないんですも~~ん!!)、
夜20時に寝かせるために晩御飯を17時半に食べさせたりする日もありました。

しかしこの夕方の17時から18時の1時間が、
長男も次男もどっちもがぐずり始める時間帯になることが多かったです。

あっちは眠いわこっちはグズグズだわで、
とにかく人手不足~!!
ヘーールプミーーー!!! 状態。

今日のこの記事はまだ長男が3歳5か月、次男が6か月ごろに書いたブログをもとに書き起こしています(今は諸事情により非公開にしています)。
臨場感を出すために当時の文言を出来るだけ残した形で公開したいと思います。

今、同じように0歳3歳の兄弟を家で見ているママはもう首がもげるほどうなづけるのではないかと思うぐらい、髪の毛振り乱して育児していた頃でした…。

■長男3歳、次男0歳の頃の話
そのややこしい時間は夕食からお風呂にかけてのピークタイムにやって来る…。

最近テレビの録画ボタンを理解したのね、ちゅんたん(長男)。

で、特にこの数日間は録画をすることにハマっているらしく、、夕方のNHKの一連の教育テレビを録画したがるのよ。

で、今日も「にほんごであそぼ」が始まったら、「こで、ろちゅが ちてー!」と録画プリーズコール。

はいよーと録画してあげて、17:15、もう眠そうなこともあって、早々と夕飯を食べたわけ。

ご飯を食べさせながら、私の頭の中では今後の段取りを考えてるわけですよ。

このままの流れでお風呂に入れて、そのまま19時ぐらいには寝かせちゃおうとか。

さ! ご飯も食べ終わったしお風呂に入ろう~~~~!!! って席を立ったら、

え!?

って言い出した。

いやぁ…あーた、そうおっしゃいますけどね、早くしないと今にも寝ちゃいそうですよね?

せっかく早めにご飯も食べたんだし、さっさとお風呂に入りましょうよ。
なんのための録画なんですか。
今度時間のあるときにゆっくりご覧になってはいかがでしょうか。

と、内心かなり消極的ではありますが。
ここは彼の思いを尊重して録画番組をつけたのよ。

そして、10分ほどの番組を見てる間に、
私はゆいたん(次男)と先にお風呂に入って、頭だの体だのを洗いつつ、
テレビを見終わったちゅんたんが入ってくるのを待ってたんだけど、
(だいたい毎日このやり方で入れてます)

もーーー…こっからがたいっっへん!!

10分たってもお風呂場へやってこなかったので、「この静けさはまずいなぁー…?」と思いお風呂からとりあえず出て、様子を見に行くと、

ほーーーらやっぱり!!!!

寝とるやないかーーーーい!!!

だから眠くなる前にさっさとお風呂入っちゃおうって言ったのにーーー!!!

毎日お砂場で遊びまくってあっちこっちから砂まきちらしながら帰ってくるちゅんたん。

おまけに汗もいっぱいかいてるしそんな子を、明日の朝までお風呂に入れずに寝かすのは…いやーーーん!!

てことでなんとか起こしたものの起きてみたら、
録画で見ていた「にほんごであそぼ」が終わってるもんだから、
ここでちゅんたんのキレスイッチ オーーン!!

ボフッ!!!!

「ぎゃぁぁぁーーーーーー!!
みーーーる゛゛みーーーる!!
もっどみる゛゛ーーーーー!!
ぎゃぁっぁぁーーーーー!!
みるーーー! みるーーーー!!(泣)」

途中で寝ちゃったため彼の中で、「にほんごであそぼ」は最初から見ていない設定になっており、
もう一度「にほんごであそぼ」を見せろとおっしゃっております。

そして、激高して怒り狂っておられます。

泣いて訴えるってゆうもんじゃなく、もう完全にキレてんのよ…。

もーーー…昨日もこんなパターンだったしー。
どうにかなんないかしら…この駄々。

しょうがないので、おそらくこのあたりから寝たんじゃないか? ってところまで巻き戻してそこから再び再生。

そして、私は次男と再びお風呂へ戻り続きを。

そーーーしーーーたーーーらーーー

リビングから、

ドドドドドド……!!
#%&‘#$……!!
とものすごい足音&泣き声が響いてきて
お風呂場の戸を開けて、

大 絶 叫 !!

「もっどみるーーーー!!(泣)
とちゅうできれたったーーーーー!!(泣)
きーーれーーた! きーーれーーたーー!(泣)
もっどーーー! もっどみる゛ーーーー!!(泣)」×延々と。

もーーーーイヤだぁぁぁーーー!!

巻き戻したのが気にくわなかったらしく、最初っから全部見せろ、
おまけにおじゃる丸もにんたまもぜーーーんぶ見るだって!!

そんなぁぁぁ~~~!!
見終わるまでに何分かかるんだよ!

再び寝ちゃうやないのーーー!!

ここのところ毎日こんなパターン。なんだかすごく機嫌が悪い長男。

しかも駄々のときの泣き声って、もう泣き声なんてもんじゃなくってほぼ叫び声で。

嘘でもオーバーでもなく、ハンっっっパなく、うるさいのっ!!
めっちゃくっっっちゃ声がでかい!!

あまりの泣き声のうるささに次男がビビリまくって大泣き…。

2人の泣き声がご近所に響き渡っているにちがいない。

内容はしょうもなさすぎる駄々コネなんだけど、なんせ、火がついたように絶叫しながら泣くし、
「マーーーマーーー! マーーーマーー!!」とか、「あーーけーーて! あーーけーーーてーーー!!!」とか言ってるから、
端から聞いたら本気で虐待を疑われそうなほどの泣き声でさぁ…。

狭い風呂場で2人に大号泣されたら…もう自分の理性を保つので精一杯。

もーー…勘弁してよぉ。
なんで、こんなにややこしいの…。

なんで、こんなことで号泣するわけ…。
なんで、こんなに融通がきかないのかしら…。
なんで、こんなに変なこだわり強いのかな…。

このスイッチの入り方、なんとかならんかな…。

もう、頭の中、なんでなんででいっぱい。

とにかく、口を開けば怒鳴っちゃいそうだから、
ただひたすら口を閉じて黙々と号泣するゆいたんを洗う。

しかし、駄々真っ盛りのちゅんたんはそれはそれはしつこい。

大音量で泣き叫び続ける時間のなっがいこと!!

あんっまりにもわからず屋なのでついには、
「いい加減にしなさいっっっ!!!」
#$%&%4‘;!!!

お尻バッチーーーン!!

はぁ…
声を張り上げて怒るとか怒鳴るとかお尻バチンだとか、あたしは決してそんなことしないワなんて思っていたのに。
(脱力、反省、自己嫌悪…はぁぁ~)

息子の駄々。
これに立ち向かうのにほんとーーに苦戦中…。

でも当然、お尻バチンどころで収まるもんでもなくそこから要求があっちゃこっちゃにすり代わり、
最終的にはテレビのことはどうでもいいような状態になって、
散々泣き叫んだ後、ちゅんたんから「なかなおりちよ…」と言い出して終戦。

もう、ここんとこ毎日、こんないざこざばっかり。

誰かもう1人オトナがいれば、クールダウンできてまた違った対応が出来るんだろうけど、
母1人子2人の状態じゃどうしてもヒートアップしちゃって最後には炎上しちゃうのよね。

あぁ…本気で、もう1人、オトナが欲しい。

平日、夕方18~19時代にオトナ、1名 激しく募集!!

「泣かずに、普通に言えばいいだけでしょっ!」
このフレーズをこの数日間で何回言ったことか…。
たぶん50回は言った。

あとから振り返ったらきっとほんのわずかな時期なんだと思うけど、ワカランチン真っ只中にいるとほんと悪戦苦闘ーー…。

そして、いざこざが終わった後のちゅんたんはコロッ! と、いつものトテチテ口調に戻って、
「たっち タエルたん どとで鳴いてたのたなーー?」とか、「あ、おちゅちたま だよーー!」とか、
カエルたんだのお月さまだの平和すぎる内容を話しだすのよ。

二重人格か!!!(笑)

そして、お風呂からあがった19:00。
まだまだお外は明るい。

なんだかヒートアップしちゃって喉が渇いたのでなかなおりしたちゅんたんと、
3人でお散歩しながら、コンビニまでジュースを買いに行きましたとさ。

てくてく歩きながらジュース飲むちゅんたん。
こんなに天使なのになーー。

■7年後の私が当時を振り返って思うこと
ははは(笑)
凄まじいですね。

この頃リアルタイムでやってる番組と録画した番組の違いがわからずよく怒っていたちゅんたん。

リアルタイムの番組は時間が来たら終わってしまうのに、もう1回最初っからかけて!! といって泣いてたっけ。

そんな彼も今はもう10歳。
超~~静か子になりました。

でも私は「こんな時期も今だけよ」とか「こんな時期もあとから振り返ればいい思い出よ」とか言う気にはなれません。

たしかにこんなに分からんチンな時期は小さいうちだけなので期間限定といえば期間限定ですが、「今だけよ」っていう励ましってすごく苦しかったんですよね…

今だけだからありがたく思えみたいに言われても全くピンときませんでした。

なのでこんなセリフは言わないけれど、
でもこんな毎日を送っていたおかげで「子育てはこんなにもしんどいものなんだ」って分かる人になれたっていうことに関してはよかったと思っています。

家の中の空間ってすごくプライベートなもので、他の誰に見られることもない中で毎日お風呂に入れることひとつとってもこんなに汗かいて必死にこなしてるママが今もどこかにいるんですよね。

ほんと…お疲れ様です!!
お風呂ぐらいすんなり入ってくれよ! ですよね(笑)

ちなみに今の私だったらどうするかな…と思ったら、
砂まみれでももう諦めて歯ぁだけ磨いて寝かせまーーーす。

現に三男はお風呂に入らずの寝落ちが多かったですが、
毎日きっちりお風呂に入れた長男と、汚いまま寝かせたこと何回もある三男とで何か違うかといわれれば全く何も違いません。

ということをこの日の私に教えてあげたいです(笑)
以上。7年後の私からでした。

【お知らせ】
第102話の記事下アンケート「Q.子どもを怒りすぎてしまい反省することはありますか?」のアンケート結果はこちら↓
「子どもを怒ることに自己嫌悪…ママたちがキレてしまう噴火パターン」

(ちゅいママ)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 3月22日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ