TAMAYOの媚薬的セクシー論

TAMAYOの媚薬的セクシー論 第14回


TAMAYOの媚薬的セクシー論

はじめに
シティリビングWebの皆様。
はじめまして。バーレスクダンサーのTAMAYOです。
このたびは、「セクシー番長」の称号をいただき、
皆様の人には言えない女の悩み相談をお受けすることになりました。
大変光栄に思っております。
私はこれまで、あらゆるセクシーを仕事にしてまいりました。
仕事を通じて身に着けた、技術として、振る舞いとして、人としての「女」を皆様にご指南できましたら嬉しいです。
この連載では、私は貴女自身が持っている“輝く扉の鍵”を開ける鍵屋さんとなり、より一層、女として花開くお手伝いをいたします。

一緒に「魅惑の自分」の鍵をあけていきましょうね。


お悩み14 『去年のクリスマスの朝、片思い中の彼から「今日は何するの?」というメールが来たので「普通に過ごすよ」と返したら、彼からは返事が来ませんでした。どうやら彼は、私の好意に気づいているようですが興味がないようで…。単にクリスマスにお誘いがないから、連絡してきただけだと思いますが、この感じだと、あきらめた方がいいですか?』(ゆい)

あなたは片思いが好きなの? 片思いであなたの気持ちは満足?
あなた自身はどう思い、そして、どうしたいのかしら。
あきらめたいの? あきらめたくないの? その恋はすぐにあきらめきれるものなの?

相手はきっと私のことをなんとも思っていないに違いない。
でも、彼を好きな気持ちはなかなか消えないし、その気持ちを持て余している。
だけど、真実を知って傷つくのが怖い。
こんな思いをしているのって、切ないなぁ。私は孤独なのね。

と、自己完結しているのではないかしら。片思いすることだけで満足してはいない?

私、思うのよ。それって本当に楽しいのかしら。
もしかしたら、1%ぐらいは可能性があるかもしれないじゃない。そうじゃないと断言できる? 絶対に無理なんてことはないのよ。
それでも、あきらめの気持ちが強くて、ひとりで憂いたい。そうして傷つくことを最小限にしたい。そう思うにしたって、自分の気持ちの区切りをつけるために、白黒はっきりつけた方がいいと思うわ。

仮にそれで失恋したとしても、思いのたけをぶつけてスッキリすれば、次の恋にいけるものよ。
それに、その反対のことが起きる可能性もないとはいえないのよ。
どうして彼があなたに興味がないと断言できるのかしら。
彼に聞いたの? あなたが勝手に思ってるだけよね。

たとえば、クリスマスの連絡。
彼もあなたと同じような状態だったとしたら、どうかしら。
彼も実はあなたのことが気になっていて、さりげなくメールしてみたけれど、様子を伺っているだけで、どちらも行動をとらなかった。
ということだって十分考えられるのよ。

もしかしたら、あなたが「相手もいないし、寂しいよ。暇なら一緒に遊んでよ」と約束を取り付けていたとしたら、どういう形であれ、何か進展があったかもしれないわ。

恋はひとりでできるものではないのよ。
あれこれと考えて、あなたの頭の中だけで完結してしまってはだめ。
恋の問題のほとんどは、ただの勘ぐりすぎが原因で起こるものなのだから。

そうやって何も行動していないところで、勝手に思いをつのらせて、勝手に切なくなって、勝手に諦めて…なんて、とてもつまらないと思わない?

妄想だけで終わる恋なんて、女磨きの何の足しにもならないわ。

ちょっと行動に移した、とっても小さな勇気の先に、とても素敵なハッピーが待っているかもしれないのに。

ほんのちょっとの勇気でいいの。
あなたの心に起こっている気持ちをきちんと消化させてあげないと、身体と心に悪いわよ。あなた自身のためにならないわ。

仮に失恋してしまったとしても、そんな傷なんて、これからも続く長い恋の遍歴に比べたら、たいしたことはないのよ。むしろ自分の思いを伝えて、すっきりした方が気持ちいいはず。
その傷が、当たって砕けたその欠片たちが、あなたの未来への栄養になるの。
恋が実る、実らないは別として、その行動は失敗ではないわ。
行動したという事実が、きっとあなたを美しくしてくれるでしょう。

愛おしい「人を好きになる」という素敵な気持ち。
胸に秘めたままにしておいてはもったいないと思うのよ。ちゃんと伝えてはじめて薫り華やぐものではないのかしら。

寒い冬。何より恋に味方してくれるシーズンよ。
次なるチャンス、バレンタインデーがあるじゃない。
さあ。臆病な子猫ちゃん。季節があなたに味方しているわ。このチャンスをぜひ素敵に使ってほしいわね。頑張って。

>>第13回コラム『一緒にいて身体もココロも楽ちんな結婚前提の彼氏がいます。でも、私は男性全般と接触するのが苦手。どうしたら、ちょっとずつでも彼に近づけるでしょうか。』

バーレスクダンサー・振付師・女優。全国のグランドキャバレーでのショウ経歴を持つ。セクシーダンスの現場は全て網羅。確かな経験と実力に裏打ちされたショウは国内外で評価が高い。振付師としても、劇場、CM,映画等の振付やショウ構成、ダンス指導を行う。数少ないプロとして日本のバーレスク界を先導し、あらゆる角度からバーレスクダンスの普及、若手の育成に力を注ぐ。映画「バーレスク」ではパンフレット監修、オープニングショウの構成・振付と出演。 バーレスク関連の映画での連動企画、トークショウ、テレビ雑誌等にも多数出演。 http://www.saorism.jp/

backnumber

「セクシー番長」TAMAYOさんに女の悩みを相談してみよう!


Back Numberバックナンバー

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ