松岡茉優さんにインタビュー


松岡茉優さんMayu Matsuoka

恋愛感情の扱い方にとまどうOLを熱演
「“尊い偶像”への痛々しさに既視感」

綿矢りささんの小説が原作の映画「勝手にふるえてろ」で、映画初主演を果たす松岡茉優さん。中学の同級生“イチ”に10年間片思いを続ける24歳のOL・ヨシカを演じる。脳内片思いにふける姿は、端から見るとちょっとイタい。「ヨシカのイタさは濃度が高めですが、決して特別ではなく、その痛々しさにはどこか既視感があります。それは自分かもしれないし、周りの友達かもしれません」。ヨシカにとってイチは空想の中の尊い偶像的存在。「誰でもイチ的な存在は持っていると思います」。松岡さんにとっては、ある漫画のキャラクター。「中学生の頃から好き。キャラは私を裏切らないし、私にいいことしか言わない。いまだにいつか会えると思っています(笑)。誰かは秘密です!」

そんなヨシカに、会社の同期“ニ”が突然告白。「初めて現実世界で好意をもたれたのがニ。今まで空想の中にしかなかった恋愛感情の扱い方・受け止め方にとまどい、ヨシカは壊れていきます」。告白されてからのヨシカは、ある出来事をきっかけに、現在のイチに会うため別人を装って同窓会を開いたり、同僚に感情を爆発させたりと、思いも寄らぬ行動を繰り返す。「仕事や恋愛で、私たちにもヨシカと同じような選択の場面はあったはず。その同じ分岐点に立ったとき、普通は選ばないほうをヨシカは選んでいるだけ。そっちの選択肢もあったんだなと、ヨシカに重ねて見てもらえればと思います。ニと会話をすることで一歩を踏み出したヨシカは勇敢です」

松岡さん自身が最近“ふるえた”のは、女優の先輩から過去の現場の話を聞いたとき。「先輩方が切り開いた道を歩いているので、過去の話はふるえます。“俳優は一生孤独”とおっしゃった大先輩がいました。それがどういう意味かはまだわからないけど、何かを演じることをなりわいにしている以上、誰かと一つにはなれないのかもしれません。私も20代半ばに差し掛かり、自分が最若手という意識から外れなきゃいけない。後輩がふるえるような仕事がいずれできればいいなと思います」

コレに出演!
映画「勝手にふるえてろ
中学時代の同級生に10年間片思い中のOL・ヨシカ(松岡茉優)。突然、会社の同期に告白され舞い上がるも、片思いしか経験のないヨシカはイマイチ乗り切れない。“脳内片思い”と“リアル恋愛”の間で揺れ動く

12月23日(土・祝)から全国公開
(c)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

PROFILE

1995年、東京都生まれ。2008年バラエティー番組「おはスタ」のおはガールとして本格的デビュー。映画「桐島、部活やめるってよ」「ちはやふる」、大河ドラマ「真田丸」、ドラマ「やすらぎの郷」「コウノドリ」など出演作は多岐にわたる。2018年3月3日(土)から三谷幸喜さん作・演出の舞台「江戸は燃えているか」に出演

取材・文/高木明日美(シティ編集部)、撮影/渡辺真一、メイク/宮本愛、スタイリスト/有本祐輔


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 8月23日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ