そこまでして会社に行く? ぶっちゃけ休みたい台風の日の通勤事情


叫びのつぼ

もはや耐久レース?
休みたくても休めない“台風出勤メモリーズ”
   

台風の日の出勤で
大変だったことってある?

台風の日の出勤で大変だったことってある?

横殴りの雨に、強い風。
電車は次々と止まり、道路も大渋滞。
まるで通勤自体が、その日の業務のような「台風」。
いっそ休みたいと思っても、
会社から指示がないかぎり、そうできないのがツライところ。
今回は、台風に関するエピソードをリサーチ。
みんな、どんな経験があるのでしょうか?

■グラフデータ

  • はい 85%
  • いいえ 15%
  • 有効回答数:72

ときに命がけ。もうイヤ! 台風の日の通勤

  • 運転していたら、大きな木の枝がぶつかってきた。フロントガラスが割れなかったことと、前が見えなくて事故を起こすようなことがなくて、本当に良かったです。(きなこ)

  • 絶対に通らないといけない道が大きな湖と化していた。長靴だから良かったけど、普通の靴だったら途方に暮れてました。(サバの味噌煮)

  • 台風後の強風の日、駅構内アナウンスに踊らされて、電車やバスを乗り継いでいたら出勤に5時間以上かかりました。以来、電車が通常運転になってから自宅を出るようにしています。(フレックス勤務なので)「出勤する意味って…」と思ってしまいました。(まいらん)

  • 通行止めで迂回すると、道路の真ん中に倒木が…。暴風雨のなか、一人で倒木を横にずらし、なんとか通りました。こんな日くらい会社を休みにしろ! 怪我や事故でも起こしたらどうするのよ!(びんころ)

  • 台風のピークを過ぎ、安心して出勤したら、折れた大木が道路をふさいでいました。後続車が次々連なり、戻るに戻れず大遅刻しました。(なしなしこ)

  • 冠水して川のようになった道を、車で強行突破。やっと会社にたどりつきました。(ヒトミング)

  • 先輩が6時間かけて帰ったと言ってました。(やん)

  • 傘の骨がすべて折れてしまい、傘が閉じなくなってしまった。(みどり)

どこまで守るべき? 台風の日の出勤時刻

  • 社会人1年目のころ。交通機関もマヒしていたので、「みんな出社できないだろう」と思い、安全に出社できるまで自宅待機し、会社に行きました。ところが、実際に行ってみるとほとんどの人が出社していてビックリ。隣のオジサンから、「台風は、あらかじめ対策するのが当たり前。前日、ビジネスホテルに泊まるとかさぁ」と言われました。それ以来、いかなる理由でも誰より早く出社しています。(ドラあゆみ)

  • 電車が遅延していないのに、後輩が堂々と遅れてくる。ふざけんなー!!(M.H)

  • 普段から始業の30分前に着くようにしていますが、台風の日はさらに30分早く自宅を出ます。それでも着くのは始業5分前…。あせります。(みぃぽん)

  • ほとんどの人が、出勤時間に間に合うように早めに家を出ているのに、ある先輩は遅刻してきて当たり前の顔をしている。(きよちゃん)

  • 台風だろうがなんだろうが、遅く出社すれば、そのぶん遅くまで働かなくてはならないので、つらい。(r)

  • 暴風警報発令のため会社が休みになった。しかし、出張の予定があったのでとりあえず会社に行ってみると、所長も、人事も、同じ部署の先輩も出社していた。(ニース)

台風の日も、オシャレを忘れたくない…でも…

  • ズボンは裾が水を含んで重くなるだろうからと、黒のレインブーツに合う黒のスカートを合わせました。しかし予想以上のすごい風! 橋の上では、スカートが巻き上がる!傘は諦め必死でスカートを押さえました…。(まるも)

  • 台風の日にもかかわらず、普通のパンプスを履いてきてしまい、靴の中まで浸水。帰るときも湿っていました。(けろけろ☆)

  • 足を出すのが嫌なのでいつもパンツスタイルだけど、台風の日にかぎらず、雨の日は裾が濡れて寒い…。レインブーツは、パンツスタイルだと可愛くないし…。(ぐりーん)

  • いつもは自転車通勤ですが、その日は、地下鉄で通勤。横殴りの雨のため、傘はまったく役にたたず、パンツまで濡れました…。それ以降、台風のときは、オシャレではない機能性の高い“カッパ”で通勤しています。(YK)

  • 突然の突風で、傘が壊れてしまいました。傘を新調したぶん、散財です…。 (neko3)

今だから、ちょっぴり笑える(?)台風のハナシ

  • 会社帰りに歯医者の予約をしていましたが、電車がストップ。仕方なく歩いていくと、傘も壊れ、全身ずぶ濡れで歯医者にたどり着きました。先生の、珍獣を見るような目が忘れられません(笑)。(ポン助)

  • 災害でもなかなか遅れない電車で出勤しているため、みんなより先に行って「がんばる電車なんで~」と自慢げに言うつもりだったのに、その日にかぎって大幅に遅延。結果、通勤にいつもの3倍かかり、部内で一番遅く出社…。同僚に「朝からいた?(笑)」と聞かれたので、「いましたけど!」と真顔で答えました。(沙奈)

  • 傘をさしていましたが、「暴風雨+ビル風=落ち武者(ロングヘア)」に…。会社に着いて、同僚に「台風以外で何かあったのか」と驚かれた。(ぺんた25号)

  • 台風の翌日、後輩から「木が倒れて、車が出せないんです…お休みを下さい!」と連絡が入りました。しかし、2時間後、SNSに私の地元の後輩とランチへ行ってる写真がタグ付けされてました(笑)。共通の友人がいるなんて思いもせず、退職してからも言えなかったです。(のあ)

台風への対応で問われる、会社の危機管理能力

  • 退社指示の1時間後に出たら、強風で傘は壊れ、電車は止まり、3時間待つはめに…。退社指示で速攻帰宅した友達は比較的スムーズに帰れたとのこと…。次回は絶対に速攻帰るぞ。(まお)

  • 昼過ぎに早めの帰宅が許されたが、すでに電車が止まっていて、夜の8時過ぎまで友達と駅にいた。(なっせ)

  • 大雨で途中から電車が不通になり、社用車で迎えに来てもらった。(ぽんせん)

  • 自宅付近を流れる川は数年前の東海豪雨で決壊し、私の家も床上浸水しました。昨年の台風のときにも避難指示が出たので総務に話したところ、「あっ、そうなの?」と軽く返されました。実際に床上浸水などの体験をしないとわからないかもしれないですが…。会社の対応に疑問…。(T・E)

  • 上司が「早く帰れ」と言ってくれるタイミングが、たいてい一番ひどい状態のとき…。仕事などで遅くなったほうが、雨風も弱まってる…。(まめやん)

  • 台風直撃で自宅方面へ行く電車がすべて不通になり、帰宅難民に…。台風が直撃することは朝からわかっていたにもかかわらず、帰宅指示を出すなどの対応をギリギリまでしなかった会社ってどうなの…!?(かなぶん)

  • 台風が来るかなり前から、帰れ放送&帰れコールが始まり、強制退社させられる。ただ、その判断でもめていることがある。(ちびろぼ)

イライラしたって始まらない! 台風のときこそ、心に余裕を

  • 通勤に使っている私鉄が軒並みストップ! バス乗り場も大混雑! そこで、家まで歩いて帰ることにしました。途中の交差点で突風が吹き、信号機や標識が大きく揺れているのを目にしたときは危険を感じましたが、普段なかなか歩かないので 楽しんじゃいました。(なつみきゃん)

  • 電車が止まりどうしようもないので、駅の近くのカフェで優雅にモーニングしたことあります。(arl)

  • 電車の復旧のめどがたたないため、いったん帰宅。お昼ご飯を食べてから出勤したところ、私が一番最後だった。別ルートで行けることは知っていたが、駅・乗換間に結構な距離があるので、知らないふりをした。(ch)

  • 電車が途中で止まってしまい、出社も帰宅もできず、馴染みのない町で半日を過ごした。過ぎてしまえば良い思い出。(たけ)

  • 帰宅時に台風が直撃。電車が止まり、強制的に駅の外に…。自宅まで5km強、バスもなく、道は真っ暗。身動きがとれない状況で、なぜか精神的にハイになり歩くことに。私以外にも歩いている人がいて、変な連帯感を持って案外楽しく歩いた。(しまこ)

通勤パニック! いつ動くの!? 電車通勤あるある

  • 台風はすでに去っているのに、電車の間引き運転に遭遇してしまい、すごく遠回りをしてしまった。(あや)

  • 途中で電車が止まってしまった。それも、山の中の駅で! 携帯電話を持っていなかったころなので、会社に連絡をすることもできず…迎えを呼ぶこともできず…でした。(haba)

  • めずらしく退勤命令が出た日。大きなターミナル駅から電車もバスも使えず、立ち往生。仕方なく徒歩で帰宅することにしたけれど、風にあおられ、よろよろしながら3時間。もう無理!と思ってお茶していたら、同じ路線の友人から「電車動き出したよ~」と連絡が…。(やさりん)

  • 夕方にかけて台風が近づくパターンだと、朝は良くても帰りが大変。(yoshi)

台風の日にメンタルを直撃! 気分が落ちるモヤモヤエピソード

  • 電車の運行情報をテレビやネットで確認してから行ったのに、実際に駅に着いたら電車が止まってた。それなら自宅でのんびりしてたのに…。戻るに戻れず電車が動くまで待機してた。(にゃーむ)

  • 途中で足止めをくらい、立ち往生。入場規制をしていてず~っと立って待っている状態。なのに、同じ方面の人がすでに出社していたりすると、かなり気まずい…。(みんてぃあ)

  • 台風で人も車も込み合っているのに、猛スピードで走る車がいました。その車がはねた泥水を頭からかぶり、けっきょく会社へ行けませんでした…。(さくままま)

  • 雨風が吹き込む駅のホームで、傘をさして立っている人…なんとしても座りたいのかもしれないが、見てるだけで痛々しい。(りなりな)

  • 交通機関がストップし、出社が一番遅くなってしまった。しかし、私の家は会社から比較的近いため、あまり理解してもらえなかった。(ここあ)

85%もの人が「台風で出勤が大変だったことがある」と答えた今回のアンケート。台風の日の出勤については「早く出社したり、通勤経路を変えるなど自分で工夫すれば十分」と答えた人が15%だったのに対し、「早めの退勤指示や自宅作業の許可など、会社にリスク対策をしてほしい」と答えた人は32%。さらに「いっそ台風の日は休みにして!」と思っている人は46%いることが判明しました。また、台風の日の通勤で工夫していることを聞いてみると、56%が「いつもより家を早く出ている」と回答。ほかにも、レインコートやレインブーツを履く、着替えを持っていくなど服装に関する工夫も多く見られました。
通勤自体が困難になる「台風」。「会社が休みなら…!」と思いながら、出社せざるを得ないのは、みんな同じ。イライラしがちな日こそ、余裕を持って気持ちを切り替えることが大切なのかもしれませんね。


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月26日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ