伊藤健太郎さん 「誰もが通る普遍的な思春期の衝動 過去の自分と向き合うきっかけに」


誰もが通る普遍的な思春期の衝動 過去の自分と向き合うきっかけに

Kentaro Ito
伊藤健太郎

思春期特有のダークな面をえぐり出す衝撃作「惡の華」。現在22歳の伊藤健太郎さんが演じるのは中学2年生の主人公・春日。

「井口昇監督が長年大切に温めてきた大切な作品で、春日を僕に任せてくださったのはすごくありがたかった。中学生だし、今まで演じたことのないようなキャラクターだったので、自分にとっては挑戦でした」

いわゆる“中二病”的なイタさが随所に描かれるこの作品を、過去の自分と向き合うきっかけにしてほしいと伊藤さん。

「春日と同じ目線でいたかったので、自分の中学時代の反抗期を思い返しました。片っ端から反抗して、反抗することで自分を無理矢理、正当化していた。春日と当時の僕は真逆ですが、多感な時期に出会った人が違っただけで、春日の衝動には共感できます。一見すごいことをしているんだけど、実は誰もが通る普遍的なものだと思います」。

玉城ティナさん演じるクラスの問題児・仲村との“変態的”な主従関係も見どころ。

「仲村さんに盗んだブルマをはかされるシーンは“無”で挑みました(笑)。仲村さんに殴られてもだえているのも春日らしい。途中から、『もっとキツいのほしいな…』『今日は怒鳴られていないな…』と求めるようになっていました。自分の中にないM的な要素が引きずり出された感覚。撮影が終わったらすぐひっこみましたけど(笑)」

自身は仲村さんのようなタイプは得意だそう。「ある意味すごく素直。思ったことをすぐに言うから、何考えているかわからない人よりはいいなと思います」。春日が憧れる女子・佐伯さんは逆に苦手。「だって性格悪いですもん(笑)。でも、佐伯さんあっての『惡の華』だと思います。みんなが主人公になり得るキャラクターなので、それぞれに注目してほしいです」

ファンが多い原作ものの実写化にかける熱い思いも。

「生きた人間が演じるからこそ、漫画のページとページ、コマとコマの間の、ふとした表情を描ける。それが実写化の面白さであり、原作を飛び越える瞬間だと思います。それは楽しくもあり、難しくもありますが、それを目指したいです」

伊藤さんの“働く”インフラ

仕事のモチベーションは?

 芝居が好きというのは大前提。もっと演技がうまくなりたいというのもありますが、それ以前に役者の仕事は“娯楽”を提供するもの。見てくれた方が感動してくれたり、笑ってくれたり、スッキリしてくれたりするのを、提供し続けることが大切だと思っています。それができるのであれば、芝居がヘタクソだと言われてもかまわない。極論ですけどね。

大切にしていることは?

 「役者ってだいたい変態なんですよ(笑)。悩みたくないのに悩みたい、追い込まれたくないのに追い込まれたい、満足したいのに満足したくない。それが演技に生かされると思うので、この気持ちは大切にしていきたいです。

Check

「惡の華」

9月27日(金)から全国公開 (c)押見修造/講談社 (c)2019映画『惡の華』製作委員会

押見修造さんの同名漫画を実写映画化。地方都市で息苦しい毎日を過ごしていた中学2年生の春日(伊藤健太郎)。ある日の放課後、衝動的に憧れのクラスメイトの体操着を盗んでしまう。その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村(玉城ティナ)は、春日にある“契約”を持ち出し、2人の奇妙な主従関係が始まる。

PROFILE

1997年東京都生まれ。モデルを経て、2014年、ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で俳優デビュー。2017年、「デメキン」で映画初主演。映画「コーヒーが冷めないうちに」「ういらぶ。」、ドラマ「アシガール」「今日から俺は!!」など出演作多数。朝の情報番組「ZIP!」金曜のコーナー「伊藤健太郎のZIP!シネマ」にレギュラー出演中

取材・文/高木明日美(シティ編集部)、撮影/遠藤麻美


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 9月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ