「ハイヒール強制は性差別」署名に3万超 海外報道で共感の反面、二次被害も


【#KuToo議論】

苦痛を伴い、健康被害も起こしかねない「仕事上のハイヒール強制」問題は国会でも話題に ※写真はイメージ

「#KuToo」が話題です。靴と苦痛で#KuToo。「企業が女性にハイヒールの着用を義務付けるのは性差別にあたる」と声をあげたのは、葬儀会社に勤める石川優実さん。署名運動では3万人以上の署名が集まりました。ハイヒールには靴擦れなどの健康被害や転倒の危険もあり、業務に支障が出ることも。女性にだけハイヒールを強制するのは確かにおかしいですね。

国会では立憲民主党の尾辻かな子議員が根本匠厚生労働大臣にヒール強制について認識を質問。大臣は「社会通念に照らして業務上必要かつ相当な範囲かと思います」と答弁し、強制することはパワハラにあたる場合もあるという認識を示そうとしたものの、表現が曖昧であったため報道は混乱。主要紙は「強制容認か」と報じ、解釈が分かれました。

#KuTooは海外でも報道され共感を呼びましたが、深刻な二次被害も。石川さんがグラビアなどの仕事をしていたことから、ネットでは性差別と職業差別にもとづく罵倒や嫌がらせが執ように続き、石川さんは退職を余儀なくされました。このバッシングには、日本社会の深刻な性差別が表れています。#KuTooは「女のくせに」に対する勇気あるNO。私も引き続き応援します。

小島慶子さん
教えてくれたのは 小島慶子さん
エッセイスト。東京大学大学院情報学環客員研究員。TBSに勤務後独立し、各種メディア出演や執筆業で活躍。近著に小説「幸せな結婚」(新潮社)

Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月12日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ