夏バテの季節は要注意!? よくある仕事疲れの解消法とは…


ちょっとオネエ目線

ちょっとオネエ目線

昼はプランナーとして働く、自称OL(おっさんレディ)のT子の連載コラムです。
学生はもうすぐ夏休みですが、社会人のアタシたちはバケーションどころではなく、残念ながら仕事漬けの日々よね。今回は東京都のmaiさんからの「仕事疲れ」に関する悩みに回答します。体力を消耗しやすい夏バテの季節は、いろいろとやる気がなくなりがち。その上、悩みを抱えてココロも疲れてしまったら、せっかくの夏も楽しめなくなるわよ! ということで今回もみんなの元気のために少しでも参考になれば…。

Q. 仕事が忙しく疲れた。何のために働いているんだろう?

仕事が忙しく、疲れてきました。仕事自体は嫌ではなく好きですが、体と心がついていかなくなりました。「仕事か、家で寝ているか」の日々です。

いったい何のために働いているのだろうと考えると「生活のため」と答えは出ましたが、転職サイトを見ても、今の仕事よりしたいことがなく悩んでいます。上場企業の特殊な仕事をしているため、次の職にキャリアは生かせそうもなく、転職すると年収などがかなり下がるのもネックになっています。

A. 今の自分を受け入れることが必要。人生イロイロだもの

上場企業で好きな仕事に就けて今の仕事よりしたいことがないって、世間的には、とても恵まれた環境じゃない! 年収も悪くなく福利厚生も充実しているだろうから、「辞める理由、転職する理由」もそうそうないわよね? 

ただ今は仕事を頑張りすぎてココロにもカラダにも疲れがたまってしまった状態。カラダを壊さないように調整とケアはしていてほしいけど、残業やハードワークが続いてしまっているのかしら。仕事量の問題なら会社にきちんと相談しないといけないし、自分で抱え込んでしまっているなら意識を変えることが必要。仕事では自分の代わりなんて世の中にいくらでもいるし、仲間と助け合えば意外と仕事は回るものよ

だからこそ、好き嫌いや夢や理想ではなく、生活のために“自分はこれで食べていく”という意志は大切かも。それでいうとmaiさん自身は“今の仕事が天職”と自覚しているわよね。となると会社や環境を変えて満足するのではなく、アナタ自身の問題。「疲れる→寝る→仕事頑張る→疲れる」のサイクルを抜け出す方法を考えましょう!

例えば自炊を頑張ってみるとか、カラダづくりに励む、映画や舞台を毎週観るとか、続けられそうなことなら何でもいい。変化のない生活に疲れたときは普段しないことをしてみるといい気分転換になって、行き詰まった状態の頭も気持ちもリセットされるから。それに、時間がなかったり、やる気が出ないときでも、その日小さなことでも何かできたら“今日は充実”したという満足感も生まれてくるし

ちなみに今回の悩み相談は、「ねぇ、聞いて」という吐露だと思うんです。maiさんだけでなく誰もがたまに思う「自分は今のままでいいの?」という不安が広がってしまっただけで。

もちろん憧れの仕事をしている人はたくさんいますが、これまでの道のりや境遇、努力、運などは人それぞれだし、だからこそ今の自分があります。よく、ゲイである自分を受け入れられずに昔は苦しんだという話を聞いたりもしますが、たとえ大変でも相手に受け入れてもらう前に今の自分を受け入れることが必要だと思うんですよね。

アタシだってストレートに生まれていたら、結婚して子育てを頑張っているイクメンになっていたかもしれない。でも、ずっと昔にゲイということを自認しているから、老後の不安も大きいけどありのままでいいかなと思っています。だからmaiさんも「疲れた」一色にならずに今の生活を楽しむことを考えたり、ダメだと思うのなら自分で変える努力をしてみてくださいね。

人生イロイロ、仕事もイロイロ、暮らしだってイロイロ咲き乱れるの。

>> T子への悩み相談を受け付け中! 詳細はコチラから

T子さん 写真

T子

新宿2丁目のドラァグクィーンやお店のママから、各界のスペシャリストや芸能人までさまざまな人脈を持ち、シティリビングにてインタビューコラム「おネエno部屋」を3年間にわたり連載。恋愛、美容、仕事、人生など、さまざまなOLの悩みに答えてきた。昼の姿はプランナーとして、PR会社に勤務する普通のOL(おっさんレディ)。最近の趣味はグルメとインテリア、そして愛犬のジジと遊ぶこと。
■Facebook https://facebook.com/oneemesen ■Twitter Twitter @oneemesen


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月13日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ