夏はイベント真っ盛り! 昔はパリピのアタシが今になって思うこと


ちょっとオネエ目線

ちょっとオネエ目線

昼はプランナーとして働く、自称OL(おっさんレディ)のT子の連載コラムです。
東京はまだ雨の季節ですが、沖縄は梅雨明け、もうすぐ夏ですねー! 
ゲイの世界もビーチやプールパーティーにバーベキュー、クルーズパーティーなど、イベント盛りだくさんです。とはいえ、40歳も過ぎてそんなキラキラしたパリピな世界からはすっかり足を洗ってしまったアタシ。にぎやかな雰囲気は好きで少しは遊びに出かけるけど、老体には炎天下の暑さも夏の日差しもつらく、流れるプールに流されるだけ、木陰で座ってドリンクでのんびりという省エネスタイルです(笑)。
そしてそんなときに楽しんでいるのが「人間観察」。楽しい時間や空間だけじゃない、アタシ流のイベントごとの楽しみ方を紹介します。

イベントは体験するものだから、行かない理由をつけるよりも経験を!

アタシは誘われればわりと何でも行くほうだけど、興味がない、知り合いが少ないなど、「行かない理由」をつけてしまう人が本当に多い気が…。もちろんスケジュールが合わなかったり、今月お金を使い過ぎたとかで、体よくお断りして我慢することはアタシもよくあります。

でも、毎日の生活と違う非日常を楽しむことや、その場でいろんな人と出会えるといった“体験”がイベントの醍醐味だと思うんですよね。だからあまり興味がなくても、「どんなものだろう?」と好奇心だけで出かけちゃってもいいんじゃない?と思うわけ。実際、つまらなければ次回から行かなければいいわけだし、失敗を減らそうとするより経験を積んだほうが人生においては楽しいんじゃないかしら?

自分なりの楽しみを見つければ、つまらないイベントなんてない

そして、万が一、つまらないイベントに行ってしまったとしても、アタシが楽しむようにしているのは冒頭に書いた「人間観察」。

たとえ、自分にはつまらなくても、それを楽しんでいる人はいるわけで「こんなふうに楽しんでいるんだ」という発見や、ほかの人も自分同様に楽しめていなかったら「こうしたらもっと面白くなるのに」と考えることが好きなんです。
はい、アタシが妄想癖のある変わり者なだけで、イベントに行くなら楽しめないと意味がないと考えるほうが普通だとは分かっています…。でも、そのおかげでいろいろな人と知り合えたり、流行する前に泡パを楽しんだり、女装してみたり、楽しめることが普通の人よりも多くなりました。

人に楽しませてもらうのではなく、自分で何か楽しみを見つけることが大事。そして楽しみ方を知っている人が集まるイベントはとても楽しいイベントになっている気がします。

SNS時代のイベントが生んだリア充アピールとパリピ

ところで、ここ数年はインスタ映えの影響か派手なイベントが多くなりましたよね。自分が楽しむだけでなくSNSに自分のリア充な写真をアップしてアピールをするという。

でも写真を撮ることが目的って、楽しみ方のひとつとしてはアリだけど、少し寂しいとも思うのよね。写真を撮ることを忘れてしまうくらい夢中になって、イベントを楽しめたほうがいいし。とはいえ、展覧会でもフードフェスでもコアなファンイベントでも、面白そうなものはSNS発信で人が集まるようになっているのはいいこと。最近は数人規模の小さなイベントから何千人、何万人という大規模なものまで選択肢も楽しみ方もさまざま。そしていわゆるパリピも増えましたしね。

都心はもうお腹いっぱいなくらいイベントが盛りだくさんだけど、今後は地方に出かけるきっかけとなるような、地方発の面白いイベントがもっと増えるだろうなと注目しています。

村から祭りが生まれるのではなく、今はイベントからコミュニティーが生まれる

最後に、ゲイイベントについて。アタシたちゲイの周りって実はイベントがいっぱい。カルチャーとしてのクラブイベントだったり、ゲイプライドパレード、飲み屋の周年パーティーやホームパーティーなど、今は毎週どこかで何かが行われているくらいです。それが盛んなのはやっぱりコミュニティーや仲間意識が高いからなんだろうなと感じていて、昔に各村々で祭りが盛んだったのもそんなものかと。

でも、時代的には村から祭りが生まれるのではなく、イベントからコミュニティーが生まれる流れになっていて、そうすると多様性のある小さなマイノリティーがいっぱいになるんだろうなって。そして、自分と合う仲間が身近にいなくてもネットでつながって、一緒に時間や空間を共有できるイベントがさらに生まれるという。妄想好きのアタシは、ついそう考えてしまいます。

T子さん 写真

T子

新宿2丁目のドラァグクィーンやお店のママから、各界のスペシャリストや芸能人までさまざまな人脈を持ち、シティリビングにてインタビューコラム「おネエno部屋」を3年間にわたり連載。恋愛、美容、仕事、人生など、さまざまなOLの悩みに答えてきた。昼の姿はプランナーとして、PR会社に勤務する普通のOL(おっさんレディ)。最近の趣味はグルメとインテリア、そして愛犬のジジと遊ぶこと。
■Facebook https://facebook.com/oneemesen ■Twitter Twitter @oneemesen


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 11月16日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ