年下好きだと捨てられる!? 恋愛と年齢について


ちょっとオネエ目線

ちょっとオネエ目線

昼はプランナーとして働く、自称OL(おっさんレディ)のT子の連載コラムです。
今回は“年下の相手を好きになってしまう”という、神奈川県のまいまさんからの相談で恋愛と年齢について。
これって、結構みんな気にすることかもしれないわよね。アタシ自身は「悩むよりも付き合う」派だから、これまでの恋愛遍歴も上は20歳年上、下はひとまわりの12歳下まであります。そしてそれぞれの恋愛からいろいろ学んで今はようやく落ち着けたかな。いつも通りの雑な回答だけど、これで少しでも幸せな恋愛が増えますように。

Q. 年下好きだけど捨てられる恐怖が…本気で恋愛すべき?

恋愛相談です。 今は31歳で両親ともにガン。婚活するも結婚適齢期の30代半ば~40代の男性は好きになれず、25歳の年下の男性のほうを好きになってしまいます。結婚と恋愛は違うと思いながらも、好きになった人でないと結婚できない気が…。25歳と付き合って捨てられる恐怖におびえながらも、覚悟を決めて、本気で恋愛するべきか大変悩んでいます。

A. 恋愛に年齢って関係ある? 女は男を育てるアゲマンになれるものよ

まいまさん、相談ありがとう! 今はいろいろな思いから、恋愛をセーブしてしまっているようね。

付き合う自信はなかったとしても、「出会いがある」ということだけでもいいことだと思うわ。それも若い子と出会う機会があるなんて。結婚を意識するなら、結婚後の生活が安定しそうな働き盛りの男がいいとわかっていても、魅かれるのは若いイケメンというのは何も珍しいことじゃないし。

でもね、恋愛も結婚もいくつになってもやっていいことだと思うの。

人を好きになることはすてきなことだし、50代過ぎてから結婚するのも全然問題ない! だから、アナタが考えている結婚適齢期って自分で思い込んでいる尺度でしかないなと。世の中晩婚化は進んでいるけど、子育てを視野に入れるなら、男女とも若いうちのほうがいいとは思うし、でも、夫婦2人の生活を大切にするなら、DINKsの選択肢もアリ。年下の子を自然に好きになるのであれば、その子と幸せになれることを考えないと。捨てられることなんて相手の年齢に関係なくあることだから、恐れないで。

もしかしたら、アナタのほうがしっかりしていて、ひょっとしたら稼ぎがいいかもしれない。年下だと相手に頼りがいは求められないかもしれない。でも居心地がいい相手なら、一緒にいることでお互いに足りないことを補い合ったり、成長できるものですからね。大切なことは相手に求めるのではなく、与える愛がそこにあるか。アゲマンなんて言葉もあるけど、男っていくつになっても子どもだから、女のほうが相手を育てられると思うし。

アタシ事で申し訳ないけど、今のパートナーは年下だし、出会った頃はお金もなかったの。だけど仕事のアドバイスや貯金の仕方とかを教えたら、今ではしっかり安定した収入を稼げるようになれたわよ。実際は本人の努力のたまものだけど、好きな人からアナタのためにいろいろ頑張ろうと思われる存在になれたら年齢とかあまり気にする必要もないじゃない? それにアナタが玉の輿を狙っていたとしても、そんなお金持ちの人を魅了する魅力や運がないとダメだし。相手に求め過ぎない関係が恋愛では大切なことよ。

最後に、アナタからの相談で一つだけ気になったのは、恋愛と直接的には関係なさそうなご両親ともにガンという悩み。

自分もなるかもしれないからとか、そういう理由で恋愛をセーブすることはやめてね。そして両親が元気なうちに花嫁姿を見せたいという焦りもあるだろうけど、まずは自分の気持ちを大切にして、好きになった人ときちんと向き合ってみなさいよ。ご両親もアナタが幸せなら、それ以上の幸せはないものですよ

>> T子への悩み相談を受け付け中! 詳細はコチラから

T子さん 写真

T子

新宿2丁目のドラァグクィーンやお店のママから、各界のスペシャリストや芸能人までさまざまな人脈を持ち、シティリビングにてインタビューコラム「おネエno部屋」を3年間にわたり連載。恋愛、美容、仕事、人生など、さまざまなOLの悩みに答えてきた。昼の姿はプランナーとして、PR会社に勤務する普通のOL(おっさんレディ)。最近の趣味はグルメとインテリア、そして愛犬のジジと遊ぶこと。
■Facebook https://facebook.com/oneemesen ■Twitter Twitter @oneemesen


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月13日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ