質問:毎日がつまらない。本当にのめり込めるものを見つけるにはどうしたらいい?/回答者:吉田尚記さん


今回の回答者は吉田尚記さん ニッポン放送アナウンサー

見つかっていない「好き」を見つけるために、
いろいろ冒険をしてみる
  • 編 集
  • ーーヨガやベビーマッサージが「好き」だと思っていたけれど、それが違っていたのならば、どうすれば、「好き」なものに出会えるのでしょう?
  • 吉田さん
  • 「え?まさかこんなことに、こんなにハマるなんて!」という出会いは、きっとあるはずです。まずは、自分で決めつけている自分のパフォーマンスを無視しちゃいましょう。何もしないでいては見つかりません。やり散らかすのがいいと思います。
  • 編 集
  • ーー思いもよらないことに潜んでいる「好き」を見つける具体的なアドバイスはありますか?
  • 吉田さん
  • サバゲー(サバイバルゲーム)など、男性の趣味と思われているものをやってみるのも一つの方法ですね。男性の趣味に入ってくる女性は圧倒的に数が少ないので、チヤホヤされる可能性もありますよ(笑)。あとは、本屋さんや図書館に行くといいですよ。誰もオススメしていない本を1冊読んでみる。図書館なら、端から端まで全ての書架を見れば、1冊ぐらいは見つかるはずです。プログラミングの本を読んでハマって、ものすごいプログラマーになってしまうかもしれないですよね。
  • 編 集
  • ーー今回のちゃらんぽらんさんのように、生活に差し迫っていないけれど抱えてしまう悩みは誰にでもあるような気がします。
  • 吉田さん
  • 悩んでいるな~と感じたら、書き出してみるといいですね。書き出してみると、本当に悩むべきことなんて、せいぜい4つぐらいしかないものです。「見える化」すると「こんなもんだったんだ」って楽になりますよ。それから、マインドマップを使ってみるのもいいですね。キーワードを中央に書いて、そこから放射状に思考のメモを書いて広げて、つなげていく。頭がいっぱいいっぱいになって、心がこんがらがってしまっているとき、とても有効ですよ。

前のページへ

<< その「好き」は本当の気持ち?他人の目を気にしているのでは?

profile

吉田尚記。1975年東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。ニッポン放送アナウンサーとして、ラジオ『ミュ~コミ+プラス』(ニッポン放送)、テレビ『アフロの変』(フジテレビ)など、数々の番組でパーソナリティを務める。マンガ、アニメ、アイドル、デジタル関係などサブカルを中心にさまざまな分野に精通し、「マンガ大賞」の企画・運営、日本初のツイナビ公認アナウンサーとなるなど、趣味を活かしながら多方面で活躍中。近著に『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』(太田出版)。
吉田尚記さん出演「ミュ~コミ+プラス」 http://www.allnightnippon.com/mcplus/
吉田尚記さんのツイートはこちら! https://twitter.com/yoshidahisanori

撮影/崎元 栄一郎、取材・文/TOKYOドーナツ 佐藤貴子


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 10月11日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ