働く女性の今年のクリスマスについて


イマドキOLのホンネに迫るOL白書

オフィスで働く女性の恋愛、仕事、ライフスタイルなど、あらゆる角度からイマドキOLのホンネを大調査! 気になる異性や友人の前では建前上の会話も、ここ「OL白書」では世間一般OLたちが赤裸々に語ったホンネが分かっちゃう!
今のOL市場が垣間見える“ホンネの声”とは?

今回のテーマ

働く女性の今年のクリスマスについて

街が華やぎ、心が躍る12月。まもなく、1年でもっともきらめくビックイベント「クリスマス」がやってきます。今年は誰と過ごす? プレゼントは何がほしい? 今回は、働く女性の今年のクリスマスについて調査。さらに、子どものころからこれまでに経験したクリスマスの思い出話もたっぷり紹介!

シティリビングweb調べ 回答者数123名
「実施期間:13.9.25~13. 10.30」

Q1 今年のクリスマスは誰と過ごす?
家族…35% 恋人・好きな人…28% 未定…20% 一人…12% 友人…5% 同僚…0% その他…0%

「家族」が3割以上、「恋人・好きな人」がそれに次ぐ結果に。クリスマスは、ほっこり温かなイベント。 友人や同僚といった仲間よりも、もっと親しい相手とのんびり過ごしたいという思いが感じられました。家族と過ごすという中には、「子どものころから、毎年決まって…」という人も。素敵な習慣ですね! ただ、今年の12月25日は水曜日。平日にあたるからか、「未定」という声も2割ありました。年末に向けて仕事が忙しくなる時期、気持ちとは裏腹に予定が立たないのかもしれませんね。

Q2 異性からのクリスマスプレゼントは何がほしい?※複数回答可
指輪やネックレスなどのアクセサリー…48人 食事・旅行…41人 特に何もいらない…36人 クリスマスケーキ…18人 バッグ…17人 洋服・手袋やマフラーなどの小物…15人 お財布…13人 お花…11人 香水…5人 その他…12人

1位が「指輪やネックレスなどのアクセサリー」、それに「食事・旅行」と「特に何もいらない」が続きました。「欲しかった指輪を彼がこっそり買って、クリスマスプレゼントにしてくれたこと(らんちゃん/36歳)」なんて、あこがれちゃう思い出を持つ読者も。その他の声で多かったのは、「プロポーズ!(K.S/32歳)」や「結婚しようと言うひと言(フニフニ/35歳)」、「愛のことば(シカ子☆/32歳)」など、恋人からの“甘い言葉”の贈り物。ロマンチックな雰囲気の中で聞くことができたら…忘れられない1日になりますね!

Q3 これまでクリスマスにあった思い出エピソードを教えて!
  • 居酒屋で女子会(aloha/34歳)
  • 半額になったケーキを探した(ムゾウ/44歳)
  • 毎年残業か休日出勤です(でこっぱち/31歳)
  • 彼とクリスマスケーキをホールで2個食べたことは、 今でも爆笑な思い出。色気よりも食い気なカップルです(笑)(ミントタマゴ/38歳)
  • ピンポーンと家のインターホンが鳴り、モニターをみたらトナカイの角をつけた彼が。思わず笑ってしまいました。でも、あたたかい幸せなクリスマスになりました(うめうめうめこ/28歳)
  • 友達の家で、30人を超す大人数でパーティーをした。酔っ払いが続出して、次の年には誰もやろうと言わなかった…(みみみ/50歳)
  • 結婚して旦那が「俺はクリスチャンではない!」とかわいくないことを言い、ケーキや鶏の足を食べてくれないので、いつも通りの晩ご飯(みく/43歳)
  • クリスマスは母の誕生日なので、毎年サンタなしのケーキを探すのに大忙しです(ふじさん/33歳)
  • 子どもがサンタさんになって、私の枕元に手作りプレゼントをおいてくれた(はるま/38歳)
  • 仕事と言っていた彼氏が女の子と街中を腕を組んで歩いていた…(裕子/28歳)
  • クリスマスイブに食べ過ぎて、クリスマス当日には急性胃腸炎で入院しました。そんなに食べたつもりはなかったのですが、その後3日間入院する羽目になりました(すず/34歳)
  • 通常通りに仕事をし、帰宅途中に車が故障。国道1号線を渋滞させました。デートに遅れた人、ごめんなさい…(ccchi/38歳)
  • 付き合って2年近くの彼とディナークルーズに行って、そろそろプロポーズされるかな…なんて期待していたら、隣に座っていたカップルが素敵なプロポーズを! 私は何もないまま帰りました(みみこ/28歳)
  • 遠距離で1カ月会えていなかった彼が、仙台から大阪に仕事終わりに来てくれた。家に帰ったら、クリスマスケーキとスタンバイした彼がいて、泣いてしまった(るんとう/25歳)
  • 25日0時、アパートにサンタではなく、変な人がやってきた。玄関ドアをガタガタと音がして、恐怖でたまらなかった。そのあと警察の世話になり、とんだクリスマスだった(くるみこ/27歳)

限られた1日の思い出エピソードなのに、ときめき・驚き・爆笑・涙…と盛りだくさん。これだけ多彩なドラマが生まれるのも、クリスマスならではなのでしょうね。「恋愛」や「友情」、「きずな」など、ハートフルなコメントに加えて目立ったのが、「残業」というキーワード。切ないけれど、これが“働く女性”が乗り越えるべき現実なのかもしれません。シチュエーションはさまざまだとは思いますが…読者のみんなが、今年のクリスマスを“笑顔”で過ごせたら最高! ハッピーな思い出を作りましょうね。

アンケート実施中

働く女性の平均月収について

  • 手取りの月収はいくら?
  • ボーナスはどのくらい?
  • 今の月収に満足してる?

Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 11月15日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ