時代をつくるセンスな人 ~ご当地スーパーの魅力を伝える・谷尻純子さん


ご当地スーパーの魅力を伝える人・谷尻純子さん

時代をけん引する注目の人々を紹介するコラム。今回は会社員のかたわらスーパーマーケット専門家として活動する谷尻純子さんに迫ります。

スーパーマーケット専門家として、ご当地食品の魅力を発信

IT企業で編集の仕事をしながら、個人でスーパーマーケット専門家として活動しています。きっかけは、本業の仕事で日本各地のスーパーを回るうち、おいしくて、パケ買いしたくなるようなかわいい調味料や商品に出合い、この魅力をもっと伝えたいと思ったこと。「ゴトウチスーパードットコム」というサイトを立ち上げ、そんな商品を紹介しています。また、テレビに出演してスーパーの楽しみ方をお伝えしたり、雑誌にコラムを執筆したり、企画の監修をしたり…といった活動もしています。  地方のスーパーに出かけて見たことのないものがあると、とりあえず買っちゃいます。ご当地スーパーものは、ちょっとレトロだったり、乙女心をくすぐったり、お土産にもぴったり。最近では、旅行前にサイトを見てくれる方が増えてきて、少しずつ手応えを感じています。

私がご当地スーパーの魅力に開眼したきっかけは、宮崎で出合ったスパイス調味料「マキシマム」。おいしさにハマり、何度もリピートしています。福岡の醤油「ニビシ 特級うまくち」もそう。関西出身なので、甘い醤油は衝撃だったんですが、これを使うと味に深みが出るんです。醤油や味噌って地域性があって面白いですよね。1人で使いきれないときは、友人たちにもよくお裾分けしています。

人生を変えた(?)調味料「マキシマム」。多彩な料理に使えて大活躍


自分のライフスタイルも含めて発信することを意識

ご当地食品は味もパッケージもとても魅力的なものが多いのに、世の中になかなか知られていないんです。作り手さんたちがその魅力にあまり自覚的でないというのもあるかもしれません。だからこそ、伝えたい。  どう伝えればみなさんに興味を持ってもらえるかなと考え、私自身のライフスタイルも含めて発信することを意識しています。食事や買い物って、その人自身のバックグラウンドによるところが大きいし、それがないと説得力がありませんよね。私も普段、インスタグラムなどで素敵な人のライフスタイル情報を見るのが好きなので、様子を見ながら(笑)公開しています。

“顔つき”も魅力的なご当地食品たち。自宅にはまだまだたくさんの所蔵品が

30代の女性ならではの視点で、ファンを増やすお手伝いをしたい

ゆくゆくは、スーパーのプロデュースやご当地食品のリプロダクトに関われたらというのが夢。たとえば、旅先で気になった調味料に出合っても、大きなサイズだと買うのをためらってしまいますよね。旅行者が手に取りやすいサイズ感やテンションの上がるデザイン、お店そのものの魅力の見せ方など、30代の今の私なりの目線を生かして、ご当地スーパーのファンを増やすお手伝いができれば嬉しいです。

【プロフィール】

谷尻純子さん

ご当地スーパーのおいしいお土産を集めた紹介サイト「ゴトウチスーパードットコム」を個人で運営中。本業はIT企業の会社員。月に1度は地方へ出かけ、スーパー巡りをしている。 
「ゴトウチスーパードットコム」https://gotouchisuper.com//


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 12月6日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ