市場の「勝手丼」から廃校で食べる超人気ピザまで! 食欲の秋に行くグルメ旅


秋の行楽シーズン、みなさんはどこへ出かける予定ですか? レジャーや観光はもちろんのこと、おでかけしたら欠かせないのが、その土地ならではのグルメ。“食欲の秋”ということで、「食」目的の旅行をする人も多いのでは。そこで今回は、働き女子ブロガーが各地で見つけたその土地ならではのグルメを紹介します。

【北海道】釧路の名物グルメ! 好きな切り身を選べる海鮮丼「勝手丼」

海鮮が有名な釧路。なかでも特に有名なものの一つが釧路和商市場の「勝手丼」。
市場内でご飯を買ったら、お店を回って好きな切り身を買って好きなどんぶりを作れるんです。それぞれの鮮魚店には、勝手丼用の切り身コーナーがあり、ここから選んで買います。

選んだのは、大トロ、中落ち、サーモン、ウニ、八角、タンタカ(松川ガレイ)、カレイ、エンガワ。これだけ新鮮なお刺身を選んで、魚代1840円とご飯190円で合計2030円でした。

ブロガーコメント:佐藤沙也佳さん

ご飯を片手に場内をぷらぷら。基本的に、各魚屋さん(商店)の一部に勝手丼コーナーがあり切り身で色々な魚が売っていました。
カレイの中でも味が最上といわ言われる幻の高級魚、釧路産の松川かれいの切り身などおいしそうなものがたくさん!
食べてみると…めちゃくちゃ新鮮! プリップリ~! 白身がおいしいこと…大トロ、中落ち、サーモンは口の中に入れたらとろけました。さすが釧路、海鮮がすごい! これはもう一回食べたい…。

【宮城県】廃校を利用したノスタルジックな超人気ピザ屋

宮城県にある、人気のピザ屋「森のピザ工房 ルヴォワール」。なんと店舗は、廃校になった小学校の木造校舎なんです。味はもちろんのこと、ノスタルジックな雰囲気の中で食べられるとあって話題に。

食事スペースの他にも、美術室がアート展示室になっていたり、廊下が待合スペースだったりと見どころ満載。館内をぐるっと見て回るのも楽しみのひとつ。

ただ、残念なことに老朽化のため、この校舎で食べられるのは今年いっぱいまでだそう。新店舗は校舎の向かいに建設中です。

名物は「蔵王のお釜ピザ」。もちもち食感の生地に、たっぷりチーズが乗っています。

ブロガーコメント:ともみさん

このピザを食べた後、「蔵王のお釜」行ったのですが、見た目がピザにそっくり! とくに、淵が一部盛り上がっている感じが忠実に再現されていました。もっちもちの生地、サクサクのパイの淵、溢れそうなたっぷりのチーズ。特に、蔵王のチーズは有名なだけあって、本当においしかったです。

【静岡県】修善寺に行ったら名物の駅弁「武士のあじ寿司」を堪能しよう!

伊豆修善寺駅の名物「あじ寿司」。静岡産のこしひかり、伊豆で獲れたあじ、伊豆松崎の桜葉、伊豆天城のワサビなど、地元産のこだわり食材を使った、ここでしか食べられない駅弁です。

ブロガーコメント:Ma-Yuさん

魚臭さがない、この「あじ寿司」。秘密はご飯の上にある桜葉! 伊豆のこだわり食材を使用し、桜葉も桜葉漬で有名な西伊豆の松崎のもの。修善寺を訪問する際には、ぜひ「武士のあじ寿司」をお忘れなく!

【栃木県】幻の滝にちなんで名付けられた名物「おしらじうどん」

矢板駅から徒歩5分のところにある、昭和3年創業の老舗「蕎麦処 みつわ」。そば処とありますが、そば・うどん・ラーメンがあり全て店内で作られる手打ち麺です。

名物「おしらじうどん」は、矢板市・下伊佐野にある幻の滝「おしらじの滝」にちなんで名付けられたもの。

普通のひもかわうどんよりも薄いですが、幅は3.5cmほどあります。食感はもちもちしていて、喉ごしはさっぱり。けんちん汁をつけながら食べます。

ブロガーコメント:桜金太郎さん

元々は幻の滝である「おしらじの滝」を見に行こうとしたのですが、工事中で入れず断念した時に、ちょうど「おしらじ」というキーワードで検索して見つけたのがこのそば屋さん。
けんちん汁がうどんによく絡まり、とてもおいしかったです。

「シティ女子旅スタイル 2018 Autumn」はこちら


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月12日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ