旅好きオトナ女子のおすすめ【香港旅行でしたい10のこと】


週末でも行ける身近なアジアとして人気の香港。観光やショッピング、グルメ、アートなどさまざまな見どころがありますが、あなたなら香港で何をしますか? 今回は、旅好きオトナ女子がおすすめする【香港旅行でしたい10のこと】をピックアップ。

01.ストリートアートで記念撮影

上環(ションワン)と中環(セントラル)の間にあるエリア「オールド・タウン・セントラル」には、ストリートアートが点在しています。どこを撮ってもフォトジェニックなこのエリアは、観光客に人気のスポット。

中でも人気の撮影スポットが、嘉咸街(グラハムストリート)と荷李活道(ハリウッドロード)の交差点にあるお店「GOD」の壁に描かれた「香港の旧家」です。

出典:https://city.living.jp/citymate/citymate195/mate_going_out/971985
青の壁に、香港の旧家が描かれた壁画

ブロガーコメント:SORさん

香港の街中には、とってもステキな壁画アートがたくさんありました。香港観光のCMでも映っている場所♪ 香港の中心にある中環駅から程近くにあるのでぜひ行ってみてください。とても人気なスポットなので壁の反対側で撮影の列ができています。

<記事が続きます>

02.香港スイーツでひと休み

香港に行ったら味わいたいのが、スイーツ。フルーツを使ったものや、漢方を使ったもの、フォトジェニックな最新スイーツまで種類はさまざま。なかでも王道のマンゴースイーツは、ぜひ試してほしい♪

出典:https://city.living.jp/citymate/citymate058/mate_going_out/451019
許留山(きょりゅうざん)のマンゴーデザート盛り合わせ

ブロガーコメント:まりぼさん

写真の左下は、マンゴージュレと白玉、角切りマンゴー付き。中央は、寒天とマンゴーアイス、マンゴースライス。右下は、マンゴー餅とマンゴースライス。
これで36HKD(約550円)。日本で食べるよりもボリューミーで、安くておいしい!

03.オープントップバスに乗る

2階建てのバスに乗り、香港の街を眺めるのはいかが? 頭上は看板すれすれでスリルも満点! 主要な観光スポットを回ってくれるので、香港の見どころを一度に楽しめます。

ブロガーコメント:まりぼさん

私のおすすめは、オープントップバスからの夜景観光。これは絶対行くべき! 主要な場所では撮影をするために、止まってくれます。夜風もとても心地よいですよ。

04.心ゆくまでショッピング

尖沙咀(チムサーチョイ)エリアの「ハーバーシティー」や「The ONE」、九龍塘(カオルーントン)駅にある「フェスティバルウォーク」などのショッピングモールではハイブランドからプチプラまでさまざまなアイテムが見つかります。ローカル感を楽しみながら買い物したい人には、尖沙咀駅近くの路面店をぶらぶらするのもいいかも。

出典:https://city.living.jp/citymate/citymate047/mate_trip/712601
尖沙咀駅近くの路面店

ブロガーコメント:怜那さん

最近見つけた穴場スポット。「えー! このワンピ、この値段で買えるの?」って感じで、かなりテンションが上がります♪

05.点心・飲茶に舌鼓

香港といえば飲茶の本場。現地には、チェーン店から高級ホテルのお店までランクもさまざまなので、お気に入りのお店を見つけましょう。

出典:https://city.living.jp/citymate/citymate195/mate_going_out/970793
インスタで話題の飲茶カフェ「YUMCHA」

ブロガーコメント:SORさん

香港で何回食べたか分からないくらい食べた飲茶。インスタで話題の飲茶カフェ「YUMCHA」は、店内がとてもかわいく、現地の人から旅行客まで世界各国の女の子たちでにぎわっていました。

06.日帰りでマカオへ

香港からマカオへはフェリーで約1時間なので、日帰りで観光できちゃいます。街歩きはもちろんのこと、リゾートホテルでカジノ体験やショッピングなどで遊びつくすのも◎。

出典:https://city.living.jp/citymate/citymate195/mate_going_out/974225
「ザ ヴェネチアン マカオ リゾートホテル」内にあるショッピングモール

出典:https://city.living.jp/citymate/citymate195/mate_going_out/974225
マカオ名物の「エッグタルト」もぜひご賞味あれ♪

ブロガーコメント:SORさん

午前中はセントラルを観光し、午後にフェリーでマカオへ行ってきました。
1時間の乗船であっという間に到着。建物内だけでも充実していますが、街歩きもおすすめです。

07.香港ディズニーランド・リゾートで人気のキャラクターとグリーティング

香港ディズニーランド・リゾートは、2005年に香港のランタオ島に開園。東京ディズニーランドに次いで、アジアでは2番目にできたディズニーリゾートです。
東京ディズニーリゾートでは会えないようなキャラクターにも会えることから「グリーティング天国」とも呼ばれています。

出典:https://city.living.jp/citymate/citymate047/mate_going_out/763007
香港ディズニーランドのエントランス

出典:https://city.living.jp/citymate/citymate047/mate_going_out/763007
人気のキャラクターグリーティング

ブロガーコメント:怜那さん

チケットを買って中に入ると、さっそくキャラクターたちに会えちゃいました♪ ミッキー&ミニーちゃんペア、ドナルド&デイジーペア、グーフィー&プルートペアなどなど…。しかも、うわさ通り数組しか並んでいない!
グリーティング中は、キャストのみなさんがかなりの枚数の写真を撮ってくれます。また、写真を撮るだけではなくキャラクターとの“出会い”を楽しませてくれます。

08.高級ホテルのアフタヌーンティーでリッチなひとときを

数多くの高級ホテルが建ち並ぶ香港。おしゃれしてホテルのアフタヌーンティーを楽しみながら、非日常のリッチな時間を過ごしてみては?

出典:https://city.living.jp/citymate/citymate113/mate_trip/995816
カオルーン シャングリ・ラ 香港のアフタヌーンティー

ブロガーコメント:山口希さん

香港ではいろいろなホテルでアフタヌーンティーが楽しめます。今回は、友だちがセレクトしてくれた「カオルーン シャングリ・ラ 香港」へ。ピンクでいっぱいのアフタヌーンティーでした♪

09.かわいい香港土産を見つける

旅の思い出に、香港ならではのお土産を。ビクトリアハーバーやフェリーなど香港らしい風景が描かれたアイテムなら、渡す時に思い出話に花を咲かせるきっかけにもなりそう。

出典:https://city.living.jp/citymate/citymate056/mate_trip/987030
香港の風景が描かれたポストカード

出典:https://city.living.jp/citymate/citymate056/mate_trip/987030
文房具屋さんで見つけたマスキングテープ

ブロガーコメント:Ma-Yuさん

購入したのは、台湾最大手の書店「誠品書店(The Eslite bookstore)」の尖沙咀店。フロアごとに扱うものが異なり、見ているだけで楽しい場所でした。

10.“100万ドルの夜景”をフェリーから鑑賞

香港旅で外せないものといえば、ネオン華やかな100万ドルの夜景! ビクトリアピークから眺めるのもテッパンですが、フェリーで港の風を感じながら夜景を楽しむのはいかがですか?

毎日午後8時には、ビクトリア・ハーバー沿いの香港島、九龍半島それぞれの高層ビルから放たれるカラフルなサーチライトやレーザーが音楽と連動した、約10分間のショー「シンフォニー・オブ・ライツ」が行われます。スター・フェリーのハーバークルーズでは、シンフォニー・オブ・ライツの時間帯に合わせた便があるほか、通常の交通機関として利用されるフェリーからも眺めることができますよ。

出典:https://city.living.jp/citymate/citymate056/mate_going_out/954190
九龍側から見た、香港島のシンフォニー・オブ・ライツ

ブロガーコメント:Ma-Yuさん

香港旅行の目的はそれぞれだと思いますが、「ザ・香港」な景色や夜景は逃したくないもの。スター・フェリー主催の「シンフォニー・オブ・ライツの時間帯のハーバークルーズ(A Symphony of Lights Harbour Cruise)」は、中環発と尖沙咀発しかありませんが、通常の交通機関のフェリーであれば湾仔(ワンチャイ)から利用できるので便利です。

「シティ女子旅スタイル 2018 Autumn」はこちら


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月14日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ