1000匹の金魚や愛らしいスイーツも! 今夏は金魚尽くしのすみだ水族館へ


この夏どこへ行こうか迷っている人に、日本の夏を感じられるとっておきのイベントを紹介。それが、東京スカイツリータウン(R)内に位置する「すみだ水族館」の「東京金魚ワンダーランド2018」。1000匹もの金魚が展示されていたり、限定のドリンクやスイーツが登場したり、見どころも食べどころも盛りだくさん! 風情あふれる優美な金魚の世界で、ひと夏の思い出を。開催期間/2018年9月30日(日)まで

 

江戸をテーマにした風情あふれる金魚尽くしの空間へ

「東京金魚ワンダーランド2018」でいちばんの見どころは、全長100mの金魚展示エリア「江戸リウム」。ワキンをはじめ、リュウキン、ランチュウなど、約20品種・約1000匹もの金魚が展示される様子は圧巻の一言。さらに、金魚ちょうちん発祥の地である、山口県柳井市の職人が一つ一つ手作業で制作した100個のちょうちんが、全長約100mの展示空間に飾られ風情たっぷり。日本の夏を感じさせる展示は、彼とのデートにも女友達とのおでかけにも最適♪

 

ゆったり泳ぐ金魚を眺めながら! 今だけのビアホール

夏といったらキリッと冷えたビールをいただきたいもの。「江戸リウム」内では「世界の金魚ビアホール」も開催しているので立ち寄ってみて。もともと金魚は中国でフナから生まれたもの。やがて、日本やアメリカ、イギリスなど多くの国で長い時間をかけて掛け合わされ、いくつもの新しい品種が生み出されてきたのだそう。リュウキンやエドニシキなど、世界4カ国・6種の金魚の紹介と合わせて、ペンギンカフェでは同じ土地で生まれたビールを販売! 優雅に泳ぐ金魚を眺めながら、おいしいビールを堪能して。

開催期間/2018年9月30日(日)まで

開催時間/9時~21時

 

黄色や青色など、色とりどりの金魚を見比べて♪

6階テラススペース付近では、「金魚いろくらべ」が楽しめる。金魚といえば、赤色をイメージする人もいると思うけれど、実はさまざまな色の金魚がいるのだそう。こちらでは、イエローコメット、チャキン、セイブンギョなどが展示され、黄色、茶色、青色など、普段はなかなか出会うことの少ない金魚たちを鑑賞できる♪ 隣り合った8個の水槽をじっくり見比べてみて。

 

展示期間/2018年7月9日(月)~9月30日(日)

 

とびきりフォトジェニック! ドリンクもソフトクリームも金魚

5階にある「ペンギンカフェ」では、女子心くすぐる2種のメニューが登場。ひとつ目は「金魚ソーダ~金魚鉢付き~」(750円)で、なんと金魚鉢型の容器の中に、フルーツカクテルとベリー入りのさわやかなドリンクが入っています。

もう一方の「金魚ソフトクリーム」(360円)は、ラズベリー味のソフトクリームとなっているそう。どちらも金魚をイメージしているとあって、写真映えするかわいらしいルックスにキュン。ぜひ味わってみて!

販売期間/2018年9月30日(日)まで

 

「すみだ水族館前売入場券」を5組10人にプレセント♪

東京スカイツリータウン(R)内にある「すみだ水族館」の前売り入場券を抽選で5組10人にプレゼント。ニュースコラムを読んだ感想を書いて応募してね♪ たくさんの応募をお待ちしています。

応募締切:2018年8月21日(火)

プレゼントの応募はこちら

 

すみだ水族館


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月27日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ