内装も料理もかわいすぎ!! この夏に行きたい超絶おしゃれカフェ3選


まだまだ勢いが止まらない、SNS映えするフォトジェニックな写真。料理や風景など、素敵な写真を撮るためにお出かけするという人も多いのでは。そんな人におすすめしたいのが、都内にあるおしゃれカフェ。料理や内装だけでなく、家具やお皿など一つ一つにこだわった人気のカフェはチェックしてみる価値あり! ということで、海外発のものからブランドのコンセプトカフェまで、バラエティーに富んだ3つのお店を紹介します。

●今春オープン! パリの老舗パティスリー

表参道にある「ラデュレ青山店」は2018年の春にオープンしたばかり。ラデュレの本店はパリにある老舗パティスリーで、マカロンが有名です。最近ではマカロンは都内近郊の各所でも購入可能となりましたが、この青山店は日本で初の路面店なのです。

店内に入るとまず出迎えてくれるのはそのかわいい世界観! 映画に出てきそうなポップな内装、マカロン型のクッション、ディスプレイされたたくさんのスイーツ…。パシャパシャと写真を撮っている女性が多いのもうなずけます。

11時から14時までは好きなサンドイッチもしくはボリュームのあるサラダ、好きなマカロン2つ、コーヒーもしくは紅茶のセットが注文できます。写真は全粒粉のパンでスモークサーモン、レタスなどの新鮮野菜、ゆで卵などをハニーマスタードクリームチーズと一緒に挟んだ「クラブサーモン」のサンドイッチ。ラデュレ特製のフライドポテトも添えられています。野菜がたっぷりあって、しっかり食べ応えがあっておいしい! テーブルもかわいいのでマカロンと一緒にこんな写真を撮ると、それだけでもとてもオシャレ♪

お友達と行く場合には好きなマカロン2つ、好きなサンドイッチ2つ、好きなパティスリー1つ、オレンジまたはグレープフルーツジュース、さらにホットドリンクが付いてくる豪華なアフタヌーンティーがおすすめ! テラス席もあるので、都会の喧騒(けんそう)を忘れて優雅なひとときが過ごせますよ。

●ディオールの家具、カトラリーに囲まれたぜいたくカフェ

昨年オープンした銀座SIXの4階には、クリスチャン・ディオールと“パティスリー界のピカソ”とも評されるピエール・エルメ・パリがコラボした高級カフェ「Café Dior by Pierre Hermé」があります。フランスのライフスタイルとテーブルウエアをテーマにしており、お皿やカトラリーはすべてディオールのものを使っているんだとか!

店内は開放的で洗練された空間で、シンプルなテーブルに座り心地の良さそうな椅子がおしゃれ! これらの家具もすべてディオールの1点もの。案内してくれる店員さんも紳士的なイケメンが多く、どぎまぎしてしまいます。

写真は「クープ グラッセ マング エ シトロン ヴェール」。マンゴーのソルベ、ライムのアイスクリーム、マンゴーソース、フレッシュマンゴー、ホイップクリーム、ココナツ風味のビスキュイマカロンという、なんともぜいたくにマンゴーを使った一品です。一口食べると、素材や作りにとてもこだわっていることが分かります。ソルベの爽やかな舌触り、クリームのなめらかさなど、すべてのポイントで「おいしい…!」と感嘆してしまいます。

その他にも、旬のフルーツをふんだんに使った、ここでしか絶対に食べられないラグジュアリーなスイーツがたくさん! 値段は決して安くないですが、この価格でも納得の味が楽しめ、非日常を体験することができます。筆者は店内に滞在しているだけでなんだか‟いい女”になった気分に浸れました。たまのぜいたくとして行ってみる価値はありますよ!

●Q-pot.のアクセサリーの世界観がそのままカフェに!

最後は表参道にある「Q-pot CAFE. 表参道本店」。デザイナーのワカマツタダアキさんが手掛けるアクセサリーブランドのQ-pot.の世界観がギュッと詰まったメルヘンチックなカフェです。店内には、桜やチーズ、チョコレート、マカロンなどさまざまなモチーフをテーマとした座席があります。

こちらではアクセサリーがそのままスイーツになったかのようなメニューを展開。ネックレスプレートは、ドレスを着た女性が描かれたお皿の上に、マカロンとホイップクリームでネックレスを表現しています。これはインスタ映えしそう♪ 季節によってメニューが変わるので、いつ行っても楽しい時間が過ごせること間違いありません。

店内ではマグカップやアクセサリーなどのQ-pot.グッズを買うこともできます。ちなみにアフタヌーンティーや大きなパフェなどのメニューは事前に予約が必要です。※席のみの予約は不可

メニューや内装の写真を撮ってSNSにアップするだけでなく、店内にいるだけで気分をアゲてくれるおしゃれカフェ。気になったお店があったら、今度の週末にぜひ行ってみてくださいね。

(秋山悠紀)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月27日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ