【カナダ・トロント旅】身も心もオーガニック! 都会と自然が共存したオアシスへ


カナダ最大級の都市、トロントはオーガニックなライフスタイルが持ち味の街。大都市でありながら、自然が身近にあり、健康意識の高い人が多いのも特徴のひとつです。ストリートアートやジャズなどの文化も定着していて、見どころがたくさん。夏から秋に向けては観光のベストシーズンで特におすすめです。心身を健やかにする旅にでかけてみませんか?

●小島「トロントアイランド」で心身をほぐす

大自然に抱かれた国、カナダをトロントで実感できます。有名な「ナイアガラの滝」まではバスで約2時間弱。世界第3位の高さを誇る絶景スポット「CNタワー」をはじめ、市内のあちこちにフォトジェニックなスポットがある街です。

トロントの全体像をつかむには、フェリーに乗ってオンタリオ湖に浮かぶ小島「トロントアイランド」へ。市街全景の写真が撮れるベストスポットです。サイクリングやカヌーなどのスポーツも楽しみながらリフレッシュできます。

●天然素材を味わい、内側からきれいに

オーガニックな街、トロントを象徴するのは、やはり食べ物でしょう。ロブスターやサーモン、オイスターなどのシーフードが絶品です。もちろん、お肉も上質で、野菜やフルーツは何を食べてもフレッシュな味わい。その理由は天然に近い農法で育てたオーガニックな作物が多いから。

街中のデリでも、当たり前に無農薬の野菜やフルーツが売られていて、専門スーパー「THE BIG CARROT」は食料品だけでなく自然派化粧品、洗剤の品ぞろえが豊富。市庁舎を改築した「セントローレンスマーケット」では地元産の新鮮な食材が売られているうえ、イートインも併設されています。

●多様なアートに浸りながら、感性を磨く

世界有数の移民都市であることから、多様な文化が根付いているトロント。それぞれの民族的カルチャーを感じられるのは、魅力のひとつです。トロントの“ナチュラル志向”と交じり合って、それぞれの文化にもオーガニック志向のカルチャーが浸透しています。

たとえば、アメリカで70年代に盛り上がったヒッピーカルチャーもトロントで独自に進化を遂げました。「ケンジントンマーケット」「クイーンストリート」などにはアートやアンティーク、ファッションを扱う興味深いショップが集まっているので、ストリートアートを眺めながらのそぞろ歩きがおすすめです。

●ジャズとサイクリングの街で伸びやかな気分に

楽譜に縛られない、自由な演奏がベースのジャズは、トロント市民に好まれています。屋外で開催される「トロント・ジャズフェスティバル」は開放的な気分でジャズとふれあえます。しかも多くの公演は無料。街中のあちこちからジャズが聞こえてくるイベントです。

また、トロント市民は体を動かすことも好きで、自転車が街の風景になじんでいます。レンタサイクルが市内のあちこちで借りられるので、旅行の足にも便利です。

観光スポットを「足早に眺めて回る旅」ではなく、自分のペースで「街に暮らすような旅」を求めるなら、トロント旅は満足度の高い体験になるはずです。治安のよさやフレンドリーな人柄も、女性にとって安心感があります。オーガニックなトロント旅で心と体をリフレッシュしてみてはいかがでしょう。

 

トロント観光局 http://www.seetorontonow.com

宮田理江
プロフィル/宮田 理江(みやた りえ)

ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報などを発信。リアルトレンドを落とし込んだ着こなし提案、ライフスタイル分野でのアドバイスなどを得意とする。コンサルタントとしてのビジネスも手がけ、企業向け提案、セミナー、イベント出演も多い。
riemiyata.com


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 3月22日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ