行くだけで幸せになれる!? この夏行きたい国内最強パワースポット3選


「最近いいことがない…」とボヤいているあなた。この夏は、国内のパワースポットに出かけて気分転換をしませんか? のんびりよいエネルギーを浴びれば、運気が好転すること間違いなし。そこで、今行くべき最強のパワースポットをスピリチュアルメンターとして活躍するあべけいこさんがナビゲートします。

 

いいことがないのはエネルギーのせい?

「最近あまりいいことがないなと思う人は、ご自身のエネルギーレベルが落ちているのかもしれません」とあべさん。叶えたい現実を引き寄せる「現実創造」の法則は、“自分のエネルギーが運を左右する”こと。ぜひこの夏は、エネルギーチャージに出かけましょう。きっと、運を取り戻せるはずです。それでは早速、あべさんがおすすめするスポットを見ていきましょう♪

●ニニギノミコトが三種の神器を賜った霧島神宮の元宮へ

おすすめのパワースポットの一つ目は、鹿児島県の霧島神宮です。霧島神宮は、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を主祭神としてお祭りしている神社ですが、もとは高千穂峰の山頂にありました。ここは天照大神(アマテラスオオミカミ)の神勅を受け、瓊瓊杵尊が三種の神器を携えて降り立ったと言われている場所。度重なる噴火による消失を経て、現在の場所に移されましたが、やはりここに霊験あらたかなエネルギーが多く残されています。

高千穂峰の山頂までは、霧島神社の元宮(古宮址天孫降臨神籬斎場:フルミヤアトテンソンコウリンヒモロギサイジョウ)から1時間半ほどで登拝できます。山頂までの道もパワーチャージにぴったり。登拝はキツイ…という人は、元宮のあたりでのんびり過ごすだけでも十分パワーがもらえますよ。

●古くから神女を輩出し続けてきた沖縄の神の島・久高島

続いて、沖縄の久高島を紹介します。神の島として知られる久高島は、琉球の祖神・アマミキヨが国造りのために天から降り立ったといわれている場所。琉球王国時代には、国王と最高神女である聞得大君(キコエノオオキミ)が定期的に礼拝を行っていました。

また、「イザイホー」と呼ばれる独特の神的儀式が残されており、島で生まれ育った30歳~42歳の女性だけが「ノロ」と呼ばれる神女(シンジョ)になることができます。「パワースポット」という言葉では、パワーを言い表せないくらい神聖な島、それが久高島なのです。

島全体には、薄い霞のように神エネルギーが降り注いでいるので、基本的には島すべてがパワースポット。特にエネルギーが強い場所は、島東南にあるイシキ浜。この海の向こうにニライカナイ(理想郷)があると信じられており、五穀のつぼが流れ着き農耕がここから始まったと言われています。また、島の突端にあるカベール岬はアマミキヨが最初に降り立った場所。ここにも強いご神気を感じます。

島には交通機関はありませんが、レンタサイクルの貸し出しがあります。ぜひ自転車であちこち回って島全体のご神気を感じてみてくださいね。

●平和を願って建てられた鎌倉の大仏から、福寿のご利益を

最後は、都心からも行きやすいおなじみパワースポット、鎌倉。鶴岡八幡宮や銭洗弁財天などさまざまな観光スポットも有名ですが、パワースポットとして推薦したいのは長谷の大仏。鎌倉のシンボルともいえる大仏は、高徳院(こうとくいん)というお寺にご鎮座されています。

鎌倉時代に成立した日本の歴史書「吾妻鏡」(アズマカガミ)には「僧・浄光の勧進によって『大仏堂』の建立が始められ、1243年に開眼供養が行われた」という記述があります。ですが、実際には誰がいつ、何のために建てたのかはハッキリしていません。とはいえ、境内の中には福々しいみなぎる力を感じます。ここでのんびり大仏を眺めたり、青空を見上げたりしているだけで元気になるでしょう。

帰りには、ほど近い江の島に寄るのもおすすめ。島の中には日本三大弁財天でもある江島神社があり、水の女神・宗像三女神が祭られています。この島がいまだ栄えているのも、ご祭神の力が強いから。ぜひご利益を賜りましょう。

 

 

もうすぐ待ちに待った夏休み。あべさんおすすめのパワースポットに訪れ、元気をたっぷりチャージする旅はいかがですか?

あべ けいこ
プロフィル/あべ けいこ

スピリチュアルメンター。有限会社スタープレス代表。ライフパス・アカデミー主宰。
「自分の最高最善を生きる」をモットーに、独自の運気アップメソッドを確立。さまざまな開運法や占術、スピリチュアルメソッドを駆使し、運を開きよりよい人生を送る方法を教えている。
現在は、ヒーリングセッションや各種セミナー、ツアー開催など幅広く活躍中。
著書に「開運おでかけ手帖」(飛鳥新社)、「自分を愛せばすべてがかなう」(ヒカルランド)ほか。
●公式HP http://abekeiko.com
●ブログ「あべけいこ通信」 https://ameblo.jp/happy-abekeiko/
●Facebook https://www.facebook.com/kaiun.abekeiko/


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 9月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ