美容やダイエット効果に期待大! 人気急上昇の甘酒を飲み比べ♪


最近、美容好き女性の間で密かに甘酒がブームに! 甘酒は「飲む点滴」「飲む美容液」とも呼ばれ、腸内環境を整えたり空腹感を抑えたりと、美容・ダイエット効果が期待されています。中でも米麹(こうじ)から作った甘酒はノンアルコールで栄養も満点なので、朝食やおやつの代わりに飲んでいる人も多いんだとか。そこで今回は、人気のノンアルコール甘酒3商品を飲み比べてみました。

●マルコメ「プラス糀 米麹からつくった糀甘酒」

まずはこちらから。125mlという飲みやすいサイズが嬉しいマルコメの「プラス糀 米麹からつくった糀甘酒」。

一口飲んでみると塩味が濃く、甘みと塩気が入り混じった独特の風味があります。砂糖不使用なのに米麹の自然な甘さが際立っていて、クセがなくとってもスッキリ! ドロドロとした麹の粒がなく、サラっとした液体でのどごしもいいです。

甘さが強いので、朝食として飲む時は牛乳や豆乳と混ぜるとおいしく、空腹も満たせます。温めるときは容器ごと電子レンジでOKというのもうれしいポイントです。

この商品は大きなサイズのお徳用からゆずやリンゴ、ショウガブレンド、さらにはゼリータイプのものまで種類豊富に登場しています。自分にピッタリのタイプを見つけられそうです!

●ベジエ「菌活美人の甘酒スリム」

美容意識の高い女性の間で話題を集めているのが、ベジエの「菌活美人の甘酒スリム」。麹菌・酵母菌・乳酸菌を生きた状態で一度に摂取できる、発酵美容に特化した甘酒です。

人気の秘密は水や牛乳に溶かせる粉末タイプであること。ドリンクだけでなくヨーグルトに混ぜたり、砂糖代わりに料理に入れたりすることができる汎用性の高い甘酒! 1食置き換えダイエットに活用している人が多いようです。米麹など8種類の穀物を発酵させ、11種のビタミンや食物繊維3000mgが含まれているので、美容効果が期待できます。

こちらは、人工甘味料が使われていないのに、ほんのりとした甘さがとてもおいしく、甘酒ならではの“つぶつぶ食感”も楽しめます。ドリンクとして水や牛乳に混ぜる場合は、しっかり混ぜてダマを作らないようにすると◎。その他、豆乳に混ぜたり温めたりするのもおすすめです!

1日の摂取目安量10gで、なんと約29キロカロリーと低カロリー。粉末タイプなので、会社に持っていくこともでき、毎日続けやすいのがいいですね。女子会で食べ過ぎてしまったり、飲み会で飲み過ぎたりした翌日でも、やさしく体に入っていきますよ。

●伊藤園「健やか 糀甘酒 玄米入り」

昨年11月に伊藤園から発売された「健やか 糀甘酒 玄米入り」。お米と玄米を麹で発酵させた甘酒です。

さらっとした飲み口に、爽やかな甘さが味わえるこちらの甘酒。なめらかな口当たりが楽しめます。玄米の風味もほのかに感じられ、他の甘酒と比べてコクや深みが感じられました。塩気は少なめですが、甘さがしっかりとある甘酒です。

1缶あたり185gと、飲み終わった後の満足感も充分。お風呂あがりにグイっと飲むのもおすすめです。

いずれもスーパーやドラッグストアで気軽に購入できるものばかり。みなさんもぜひ、自分に合った甘酒を見つけてみてくださいね。

(富士みやこ)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月14日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ