すぐに使える日本酒の資格! 蔵元もすすめる「サケ・エキスパート」


エッセイスト・酒ジャーナリストの葉石かおりさんによる、働く女性のための「資格」コラム。突然会社を解雇された当時35歳の葉石さんが、「きき酒師」の資格を元にフリーランスで活躍し、新しい日本酒の資格「サケ・エキスパート」を作るまでの道のりや、資格取得者の体験談などを紹介してもらいます。

蔵元・資格取得者がすすめる資格、それがサケ・エキスパート

サケ・アカデミーの受講生は、すでにサケ・エキスパートの資格を取得した人からの口コミを聞いて来たという人がほとんどです。協会が立ち上がってからまもなく3年目になりますが、一番ありがたいかたちで広がっていることに感謝しています。
ここ最近でとても嬉しかったのは、蔵元が受講生を推薦してくれていることです。今回、受講生を紹介してくれたのは、「七冠馬(ななかんば)」を醸す島根県の名蔵「簸上(ひかみ)清酒合名会社」の田村明男社長。常に「七冠馬の会」を手伝ってくれているサポーターの人たちから「日本酒の資格を取りたい」と相談された際、サケ・エキスパートの資格を推薦してくれたそうです。

サケ・エキスパートを推薦する、簸上清酒合名会社の田村明男社長(右)

サポーターの人たちは、年に3~4回も蔵を訪ね、休みを返上して手伝ってくれる熱心な「七冠馬」ファン。世の中にさまざまな日本酒の資格がある中で、サケ・エキスパートを推薦する理由は「“酒造りの現場を知る、現役の酒ジャーナリストが講師”という面が大きかった」と田村社長は言います。さらに「年会費無料」、「資格取得後もサポートがある」というのもポイントだったそう。資格を取得した後、資格保持者の負担にならないのも大きな理由と教えてくれました。そして、「資格を取得することで、大切な人が夢に近づけるチャンスになれば」と考え、サポーターの人たちを支援しています。

田村社長が、サポーターさんに「日本酒の資格が必要」と思った理由は、イベントに来る多くのお客さんにとって「ブースにいる人は日本酒のプロ」だから。手伝っている以上、日本酒について聞かれた際、「わからない」とは言えないわけです。もしもそこで明確な返事ができなければ、蔵の信頼を失いかねません。そうしたこともあり、サケ・アカデミーで学ぶことを推薦してくれたのです。

また資格取得者からの推薦の声も多く届いています。これは受講し、満足してもらえたという証でもあります。蔵元・資格取得者から推薦してもらえるサケ・アカデミーでありたい。私たちはそのための努力を惜しみません。

サケ・エキスパートとは?

ジャパン・サケ・アソシエーションが発給する「サケ・エキスパート」では、「すぐにつかえる知識」をお伝えしています。「サケ・エキスパート」の資格について紹介します。

【こんなことを学びます】
①日本酒の造り方…日本酒造りの最新の現場を写真で見ながら学びます。
②日本酒の基礎知識…「純米酒と大吟醸酒の差って?」、「生酒と生詰酒の違いって?」。わかりにくい日本酒の種類(特定名称酒)、ラベルの読み方など。
③日本酒のペアリング…日本酒の4タイプ分類や日本酒と料理の相性を、実践をまじえながら徹底的に学びます。(小さなおつまみつき)*すべての回に日本酒のティスティングがあります。

【こんなことができるようになります】
①日本酒の種類がわかるようになります。

②自分好みの日本酒を選べるようになります。
③日本酒と料理のペアリングができるようになります。
④日本酒をカテゴライズできるようになります。

【こんな資格です】
日本はもちろん、イタリア、タイなどでも発給。イタリア人のソムリエにも認められた国際的な資格です。

【こんなテキストを使います】
協会オリジナルのテキストを使います。
単に知識を詰め込むだけでなく、現役の酒ジャーナリストが最新の日本酒情報をまじえたセミナーです。2,3回目に小テストがあるので、知識の振り返りができます。

【講師】
葉石かおり(ジャパン・サケ・アソシエーション理事長、酒ジャーナリスト)

  「サケ・エキスパート」資格講座に申し込む  

≪葉石かおりさんのこれまでの記事はこちら≫
【第1回】35歳で会社をクビに…。どん底から救ってくれた「資格」の大切さ
【第2回】資格を生かすのは自分の工夫次第! まずは資格名を●●に入れてみる
【第3回】“仕事に直結する”資格の見つけ方は?
【第4回】海外でも注目の「サケ エキスパート」資格&”即行動”のコツ
【第5回】「好き」を「資格」に! “大の日本酒好き”からサケ・エキスパートになった体験談
【第6回】この差って何? 「資格を生かせない人」と「資格で人生を変えた人」のたった1つの違い

葉石かおり
プロフィール/葉石 かおり(はいし かおり)

エッセイスト・酒ジャーナリスト
一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーション理事長
1966年東京都練馬区生まれ。日本大学文理学部独文学科卒業。ラジオレポーター、女性週刊誌の記者を経て現職に至る。全国の日本酒蔵、本格焼酎・泡盛蔵を巡り、各メディアにコラム、コメントを寄せる。「酒と料理のペアリング」を核に、講演、セミナー活動、酒肴のレシピ提案を行う。2015年に一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーションを設立。国内外にて世界に通用する酒のプロ、サケ・エキスパートの育成に励み、各地で日本酒イベントをプロデュースする。そのほか執筆をはじめ、「日本酒のいろは」(NHK Eテレ)など各種メディアで活躍。日本酒と食事をよりおいしく味わえるペアリングの極意を、ロジカルかつわかりやすく解説。
■一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーション http://www.j-sake.com


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月19日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ