おしゃれな専門店も続々オープン! 人気急上昇のコッペパンベーカリー3選


昨年あたりからコッペパンブームが到来しているのをご存知ですか? パンケーキブームに続くコッペパンブーム到来の予感! 最近は都内にコッペパン専門店が続々とオープンしています。そこで見た目にもおしゃれで美味しい、おすすめのコッペパン屋3つをご紹介します。

●上野公園に持って行きたい!「イアコッペ」

まずご紹介するのは、JR上野駅すぐに2014年にオープンした商業施設「上野の森さくらテラス」内にあるイアコッペ (iacoupé)。西日暮里にあるブーランジェリー、イアナック(ianak!)のこだわりのパンを使用した、コッペパン専門店です。

店頭の黒板には、先週の人気メニューベスト3が書かれています。テレビ番組でも紹介されたというピスタチオと、人気の甘辛チキンを頼んでみました。甘辛チキンは、甘辛タレが効いたチキンがどっさり入っていてボリューミーです。パンは発酵種のルヴァンを使用しているので、深い味わいが楽しめます。

ピスタチオは、ブラックカカオのコッペパンに鮮やかなピスタチオクリームが絞られ、クリームの上にはピスタチオの実がトッピングされています。まろやかなクリーム、歯ごたえのある実とピスタチオの風味が存分に感じることができ、とても美味しくケーキのようなデザート感覚で食べたい一品です。

その他のメニューはステーキ、ポテサラ、サーモンサワークリームオニオンポテト、えびふりゃー(エビフライ)、ハムチーズ、ずんだホイップ、ゴロゴロあまおうカスタード、ピーナツ、あんバタなど、がっつり系からスイーツ系まで種類豊富に揃っています。

イアコッペは基本的にはテイクアウト専門ですが、お店前に小さなベンチもあります。お店前で軽く小腹を満たすのもよし、コッペパンを持って上野公園に散歩に出かけるのもよし、旅先や帰省の際に新幹線で食べるのもよし!

●おしゃれスポットにお手軽なコッペパン屋が誕生

昨年恵比寿にあるえびすぱんは、恵比寿駅東口にある大通り沿いに昨年オープンしたコッペパン屋。木材のぬくもりが漂うおしゃれなお店で、店内でイートインすることもできます。そしてこちらのコッペパンの表面にはすべて、「えびすぱん」と書かれているんです♪

リピート率ナンバー1という燻製さばと、スイーツ1番人気だというあんこ&マスカルポーネを注文。燻製さばは、毎朝マリネにしているという燻製のさばと自家製のセミドライトマト、レタスが入っています。さばの臭みが全くなく、隠し味の味噌が効いていてとても食べやすい! 

あんこ&マスカルポーネは、あんことマスカルポーネチーズがちょうどよくマッチ。二つの甘さがコッペパンの素朴な小麦の香りととても相性がよく、和風とも洋風とも言えるスイーツ系パンです。

その他のメニューは、炙りローストポーク粒マスタード、カレーパン、たまごこっぺぱん、トンカツ、サーモン&サワークリーム、ピーナッツ、ティラミスなど恵比寿らしいおしゃれなコッペパンが揃います。

イートインの際にはお食事系のコッペパンは温めてくれますよ。サイドメニューがドリンクもあるので、恵比寿に買い物に行った際には是非立ち寄って一休みしたいお店です。

●昔懐かしいコッペパンが食べたい人は

中野南口のマルイにあるのは、中野でおなじみのベーカリーボンジュールボンがコッペパン専門店ボンジュールボン・コッペとしてリニューアルしたお店。今年のはじめにオープンしたばかりです。

ベストセラーだという、むかしながらのコロッケパンとブルーベリークリームチーズを注文してみました。こちらのコッペパンはサイズ感がとても大きく、一つ一つもかなりずっしり! 中に入っているコロッケもボリューム満点で、ソースとキャベツもたっぷり。一つで満腹感がしっかり味わえます。

ブルーベリークリームチーズは粒が残ったブルーベリーソースとクリームチーズがふっくらしたコッペパンに合う! 甘さが強すぎず、ブルーベリーの酸味とクリームチーズのまろやかさが引き立っていてパクパク食べられちゃいます。

その他はやきそば、ごぼうとポテサラ、たらも(明太ポテト)、ハムカツ、フィッシュ、きなこあげパン、あんマーガリン、コーヒーあんホイップ、自家製カスタード、ジャムマーガリン、れんにゅうミルクなど、昔懐かしいコッペパンの味が数多く楽しめます。

いずれのコッペパンも一つ300円程度なので、お手軽にいろいろな種類を食べ比べることができます。まだまだ続きそうなコッペパンブーム。皆さんも気になったお店があったら是非行ってみてくださいね。

(富士みやこ)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 5月25日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ