【プレ花嫁必見】挙式&披露宴での“イメチェン”を叶えた1着のウェディングドレス


結婚式を挙げる式場が決まると、次は憧れのウェディングドレス選びがスタートしますね。一生に一度の式で、どんなドレスを着るのか、幸せな悩みが尽きません。しかし、そのドレスには想像以上に種類があるようで、プレ花嫁たちから「試着しきれない」なんて嬉しい悲鳴も聞こえてくるでしょう。

実際に“プレ花嫁”として自分の結婚式を挙げることができた現役ブライダルモデルである筆者が、相談したプロたちの意見を参考にまとめたいと思います。

今回は、ファッションスタイリスト兼トータルコーディネートサロン『Drerich(ドレリッチ)』代表の綱島舞さんにウェディングドレスについて取材しました。

ホテルウェディングに映える上品なウェディングドレスが着たい

『Drerich(ドレリッチ)』では、ドレスはもちろん、靴やバッグ、アクセサリーを含め2000点以上のアイテムが豊富に取り揃えてあります。そして、雑誌やTVで活躍するスタイリストがLA・NYで買い付けてきたDrerichにしかないオリジナルかつハイセンスなアイテムを、あなただけの専属のコンシェルジュとしてトータルプロデュースしてくれます。

今回、筆者が挙式と披露宴を挙げることになった式場は、歴史のある『ホテルニューオータニ(東京)』でした。そこで、“ホテルウェディング”という格式高い環境にも映える上品なウェディングドレスを綱島さんにお願いしました。イメージに合うウェディングドレスを、最近のトレンドを交えながら3つご紹介頂きました。

1:ふわふわ広がるチュールドレス

2次会ドレス♪(*゚▽゚)ノ アイスブルーのチュールドレス👗 2泊3日レンタル一式 49800円 (ドレス、靴、羽織物、ネックレス、イヤリング) #drerich #ドレリッチ #レンタルドレス #ドレスレンタル #ドレリッチ青山 #レンタルドレス東京#drerich横浜 #ドレリッチ大阪 #ドレリッチ大宮 #ドレリッチ福岡 #ドレリッチ名古屋 #コーデ #コーディネート #2次会コーデ#結婚式 #2次会 #二次会#スタイリス #スタイリストがコーディネート #パーソナルコーディネートしパーソナルスタイリスト #ドレスネットレンタル #二次会服装 #結婚式服装 www.drerich.jp 青山店03-6455-4840 大宮店 048-782-9815 横浜店 045-294-9907 名古屋店 052-887-8122 大阪店 06-6534-0100 福岡店 092-791-4484

drerichドレリッチさん(@drerich_rental)がシェアした投稿 -

 

まず最初にご紹介頂いたのがチュールドレスです。中にパニエを入れない状態でも、チュールがふんわり広がり、可愛らしいデザインが魅力的です。ウエストまではタイトなシルエットに対して、チュール部分がフワッと広がっているので、着痩せ効果も抜群。

 

綱島さんによれば、ウエストにサッシュベルトを巻くことで、コーディネートのアクセントにもなるそう。ウエスト部分のイメージを変えるだけで雰囲気がガラリと変わりますね。サッシュベルトを素材や色別で複数用意する方もいるそうです。

2:セクシーな後ろ姿が魅惑的なマーメイドドレス

 

次いでご紹介頂いたのが、ウェディングドレスの中でもラインの綺麗さが目立ち人気を集めているマーメイドドレスです。綱島さんによると「挙式など、後ろ姿が見えるシーンの多い時に、マーメイドドレスは特に映えますよ」とのこと。そのセクシーなシルエットが、大人の女性たちから熱い支持を受けているドレスです。

3:光沢感のある素材のロングドレス

 

そして3つ目は光沢感のある素材のホワイトボリュームロングドレスです。長さのあるトレーンがポイントで、Aラインの王道なウェディングドレスでしょう。さらに、ウエストについているビジューが華やかに彩ってくれています。

数あるドレスの中から筆者が選んだ1枚は? 

 

 

実際に筆者が選んだのは、3つ目の光沢感のある素材のロングドレスでした! ホテルウェディングという格式の高さにも映える光沢感のある素材と、Aラインの上品なシルエットが会場の雰囲気とぴったりだったことが決め手となりました。(撮影:吉澤士郎)

挙式と披露宴でドレスのイメージを変えたいというワガママなオーダーにも綱島さんが応えて下さり、レースボレロを使うことになりました。最近キャサリン妃や女優の北川景子さんが着用していたような、トップスがレースになっているデザインのドレスがとても人気で、『Drerich(ドレリッチ)』ではレースボレロを用いたアレンジを提案しているそう。

こちらが実際に、先ほどのロングドレスの中にレースボレロを着用している状態です。挙式では、ロングドレスの中にレースボレロを着用し、肌の露出を少なくすることで神聖な花嫁像に近づくことができました。

中に着るレースボレロにも様々なデザインがあり、綱島さんによれば素材感やレースの柄を変えると、カジュアルなイメージに仕上げることもできるそうです。「挙式と披露宴でイメージを変えたいという花嫁さんが増えているので、そんな方にはレースボレロがぴったりだと思います」と話す綱島さん。プロのスタイリストだからこそできるコーディネート力によって、オンリーワンのドレス選びをすることができました。

 

(取材・文:前濱 瞳)

 


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月13日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ