一度は食べたいシンプル&デコプリン! 行列のできる東京の絶品プリン3店


みんな大好きなプリン。都内のカフェや専門店では、昔ながらのシンプルなプリンから、新テイストなプリンまで様々な種類のプリンに出会うことができます。そこで今回は、本当に美味しいおすすめの“東京の絶品プリン“を3つご紹介します。自分で食べに行くだけでなく、手土産にもぴったりですよ。

●中目黒発 行列のできるプリン専門店の濃厚プリン

中目黒の目黒川沿いにある「うれしいプリン屋さんマカハラ」は、プリンだけを取り扱うプリン専門店。兵庫県産の卵を使ったこだわりの無添加プリンを毎朝店舗で手作りしています。一番定番の「うれしいプリン(カスタード味)」(税込390円)を食べてみました。

卵にこだわっているだけあって、口に入れた途端に際立つのが卵黄の濃さ。濃いんですが、もたっとしておらず、控えめな甘さで上品な濃厚さです。なによりも卵のコクが口いっぱいに広がるシンプルさが「ザ・プリン」と、自信のある証拠という感じ。下にあるさらさらとしたカラメルはほろにがなので、濃厚なプリンとの相性もすごく良いです。サイズ感も手頃なのに、食べ終わると卵の美味しさをじっくり味わった満足感が。これは行列ができるのも納得のプリンです。

店内にはカスタードプリン以外にも「白プリン(ミルクコーヒー味)」や季節のプリン「チーズプリン」、「かぼちゃプリン」、「栗チョコプリン」など、バラエティ豊富にプリンを取り揃えています。お持たせなどに、色々な種類を買って行くと喜ばれそうですね。

<記事が続きます>

●中野発 わざわざ食べにいく価値あり! 黒糖香るご褒美プリン

中野駅南口にあるレトロな雰囲気の喫茶店「アザミ」では、プレートに乗った自家製プリンを味わうことができます。「カスタードプリン」(単品税抜750円、ドリンクセット税抜850円)は、沖縄産の黒糖と天然のバニラビーンズを使ったお手製プリン。保存料や香料を一切使用せず、無添加で作られている自慢のプリンです。

黒糖の風味が強く少しかためのプリンの上に、生クリーム、イチゴ、イチジクのコンフィ、ブルーベリー、大粒のバニラビーンズ、ミントが乗った豪華な一品。ややかためでもちっとした食感に、黒糖とバニラビーンズの香ばしさが口いっぱいに広がります。これは美味しい! かかっているカラメルやプリンの下にあるとソースとの相性も◎。甘さが強くない、大人の上質なプリンという感じ。頑張った自分へのご褒美として、“わざわざ食べに行く価値あり“といえそうです。

その他にも、このカスタードプリンに北海道産のかぼちゃを練り込んだ「かぼちゃプリン」、カスタードプリンと種子島産の安納芋ペーストでモンブラン風にした「フランカーメル」なども人気なんだとか。

●原宿発 1日40個限定! プリン×自家製はちみつが美味しプリン

原宿駅近くにある老舗フランス菓子店「コロンバン」。1924年に創業したという歴史あるお店のこちらでは、なんと屋上で養蜂を行っており、そのはちみつを生かしたプリンを味わうことができます。

「原宿はちみつプリン」(税抜953円)は、その自家製のはちみつを味わうために開発されたというカスタードプリン。カラメルソースはなく、付属のはちみつをかけていただきます。牛乳、砂糖、卵のみで作られたシンプルなプリンはプルプルとした舌触りで控えめな甘さ。このあっさりとした味が、はちみつ独特の風味を存分に引き出してくれます。プリン×はちみつという新鮮な甘みは、飽きがくることなく食べられます。

プリン1つに1000円とは結構お高めのお値段ですが、老舗フランス菓子店で天然のはちみつをかけたプリンを味わう、という非日常な気分を楽しむことができます。お土産にも喜ばれそう。ちなみにこちらの原宿はちみつプリンは1日40個限定ということなので、気になった方は是非チェックを。

皆さんも気になったプリンがあったら、是非食べてみてくださいね。

(富士みやこ)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月7日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ