今日からできる、お金を引き寄せるためのごく簡単な習慣


今年こそ金運を上げたい、貯金したいと思っているアナタ! 海外でも人気のスピリチュアル心理カウンセラー日下由紀恵さんによれば、なぜかお金が集まってくる人と、お金が逃げていく人には、ある共通点があるそう。今回は、そんな習慣の中から、誰でもすぐに始められるお金の引き寄せ方を紹介します。

7658159678_0041ab3d5e_z

「お金を払う」=「邪気を祓う」

日下さんは、著書『神様が教えてくれた 豊かさの波に乗るお金の法則』(河出書房新社)の中で、お金と幸せを引き寄せる考え方や実践的な方法をアドバイスしています。

本書によれば、お金が集まらない人は、無意識のうちに行動や考え方がコントロールされているのだとか。お金で苦労したり孤独や恐怖を感じたりしたことがトラウマとなり、お金だけでなく、あらゆる"良いもの”を受け取りにくくなっているんです。

心当たりのある人は、まず、「お金を払うことが、お金を引き寄せる最大の引力」だと考えるようにしてみて。紙幣の「お札(さつ)」は神社の「お札(ふだ)」と同じ漢字。これはお札(さつ)もお札(ふだ)も同じ働きがあることを意味しています。

つまり、邪気を祓ってくれるお札(ふだ)同様に、お札(さつ)も自分のもとに入ってきたら早く払うことで邪気が祓われ、運気も上がっていくんだとか。このとき大切なのは、「お金がなくなる」という不安や、ネガティブな思考を持たないこと。喜んで払う(=祓う)ことで、高質なエネルギーとして自分に戻ってくるんです。

"リッチオーラ”は日常の習慣で簡単にまとえる

また、お金持ちになれるか、なれないかの違いは、豊かさで満たされたエネルギー"リッチオーラ”にあると草加さんは言います。

このオーラをまとうには、日々の習慣が大切。例えば、買い物をしているときにレジでカードが使えなかったり、買い物に向かう道中に交通機関が遅れたり、財布を家に忘れてしまったりといった経験はないでしょうか。これは、散財を防ぐために守護霊や亡くなった身内が教えてくれているのだそう。このように、買い物がスムーズに行かないときは、無理に買おうとせず、白紙に戻すのが正解。

このほか、自分がお金になったつもりで「居心地が良い」と思えるお財布を選ぶ、現金以外の頂き物も収入としてカウントする、首回りを温めて体の循環をよくするなど、誰でも取り入れられる簡単なことばかり。これなら、今すぐにでも実践できそうですよね。

お金は欲しいけど仕事がツラい人にも!

お金といえば、1番の収入源である仕事のことも気になりますよね。本書では、天職を見つけるための仕事に対する考え方もアドバイスしています。「お金は欲しいけど、今の仕事がツラい」と感じている人にとっても、タメになることが盛りだくさん。巻末には、お金を引き寄せる魔法の手帳の作り方も書かれています。

節約しているつもりなのに貯金できない、なぜかいつもお金がないと感じている人は、一度、実践してみてはいかがでしょう。

(石狩ジュンコ)

日下由紀恵『神様が教えてくれた 豊かさの波に乗るお金の法則』(河出書房新社)
『神様が教えてくれた 豊かさの波に乗るお金の法則』を5人にプレゼント

今回紹介した日下さんの新刊『神様が教えてくれた 豊かさの波に乗るお金の法則』(河出書房新社)を5人にプレゼントします。

~あなたが自分を一流と認めたとき、富への扉が開く~
お金エネルギーを上手に取り込めば、思考を超えた奇跡が起こり始める! お金と幸せを一度に引き寄せる「心のブロックの外し方」を紹介。

応募は終了しました


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 9月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ