ヤセてお肌がぷるぷるに?アーモンドのすごい効果

ヤセてお肌がぷるぷるに? アーモンドのすごい効果


ヤセてお肌がぷるぷるに? アーモンドのすごい効果

あなたは最近、アーモンドを食べましたか? それはチョコレート菓子? それともお酒のおつまみ? アーモンドをはじめとするナッツ類は、カロリーが高そうと敬遠されがちですが、実は、美容と健康にとっても良いと、いま大注目されているんです。

●ナッツ類のなかでもアーモンドはダイエットに最適!

欧米では、アーモンドやクルミ、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツなどのナッツ類が体にいい、というのは常識です。特にアーモンドは、“天然のサプリメント”と呼ばれるほど栄養がギッシリ。2004年から2012年までミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントを務めたエリカ・アンギャルさんも、ベストセラーになった著書『世界一の美女になるダイエット』の中で、「今すぐストックしておくべきもの」のトップに、ローストアーモンドを挙げています。

「カロリーは大丈夫?」という方もご安心あれ。アーモンドは1粒約6kcalで、後述するように1日25粒食べても約150kcalです。よほど大量に食べない限り、アーモンドで太ることはありません。これまで食べていた間食をアーモンドに変えれば、むしろ少ないという方もいるのでは?

それでは、なぜアーモンドがダイエットと美容に効果的なのかを見ていきましょう。その理由は、次のような成分が豊富だからです。

●オレイン酸
ダイエットというと、「脂質は徹底的にカットしなきゃ!」と思っている方もいるかもしれませんが、脂質は人間の体に不可欠なもの。脂質をカットしすぎると、肌がガサガサになったり、お通じが悪くなったりなど、良いことはありません。加工食品などの“悪い油”を控え、“良い油”を積極的に摂ることが大切です。

アーモンドに含まれるオレイン酸は、“良い油”の代表格。潤滑油となってお通じを良くする、満腹感を得られる、ホルモンの原料となりホルモンバランスを整える、カロリーの吸収を抑制する、など、美容やダイエットに有効な働きがたくさんあります。このほか、血糖値を安定させる効果も。血糖値の急激な変動は太りやすい体を作るだけでなくイライラの原因になるので、ストレスによるドカ食いも防げます。

●食物繊維
食物繊維といえば、ダイエットに欠かせないものとしておなじみですよね。アーモンドに含まれているのは、不溶性の食物繊維。お通じの改善はもちろん、腹持ちが良く満腹感を得やすい、カロリー吸収を抑制するなどの働きがあります。

●ビタミンE
美肌効果だけでなく、体の老化防止にも大切なビタミンE。アーモンドのビタミンE含有量は、全食品の中でもトップクラス。ビタミンEは油に溶けやすい性質があるので、脂質も豊富なアーモンドなら、より体に吸収されやすく、効率的に摂取できます。

●その他
アーモンドは、カルシウムや鉄分、カリウム、マグネシウムなど、ミネラル類も豊富。ミネラル類は、体の調子を整え、痩せやすく健康的な体を作るのに欠かせません。また、アルギニンというアミノ酸が血流を促進させ、基礎代謝がアップするとも言われています。

まるでサプリメントかと思うほど、魅力的なアーモンドの効果の数々。どのくらい食べればいいのかというと、目安は自分の片手に軽く盛ったくらい。20~25粒ほどが目安と言われています。ただし、おつまみ用のアーモンドはNG。油・塩不使用で、添加物のないものを選び、皮ごと食べましょう。

効果を実感できるのは5カ月くらいからと言われているので、ちょっと気の長い話ですが、職場でおやつ代わりに5~6粒ずつポリポリ。たったこれだけでキレイになれるなら、けっこう“おいしい話”かもしれません。最近はコンビニでも素焼きアーモンドを売っているので、まずは1袋、試してみてはいかが?

<文:島田彩子>

【参考文献】
井上浩義『50代でも30代の肌が手に入る アーモンドを食べるだけでみるみる若返る!』(2014年/扶桑社)
エリカ・アンギャル『世界一の美女になるダイエット』(2009年/幻冬舎)


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 5月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ