美肌効果にも期待! “失敗しない糖質オフダイエット”の秘訣


美肌効果にも期待! “失敗しない糖質オフダイエット”の秘訣


コートを脱いで薄着になる春は、今までコートの下に隠れていたお肉が露わになるちょっと困った季節。今すぐ何とかしたい方にオススメなのが、言わずと知れた糖質オフダイエットです。試したことがある人も多いのではないでしょうか。

しかしスイーツやパンなど、女性の大好物にはたっぷりと糖質が含まれているのが悩みどころ。どうしたら誘惑に負けずに糖質オフダイエットが成功するのでしょうか?

●別名“肥満ホルモン”のインシュリン分泌がキーポイント

糖質オフダイエットとは、ご飯、パン、パスタ、うどんなどの主食、アイスやお菓子など糖質の多い食品を制限するものです。糖質を摂り過ぎると太る理由は、糖質を体内に摂り入れた時に分泌される“肥満ホルモン”と呼ばれているインシュリンが、エネルギーとして使いきれなかった栄養分を体脂肪として蓄えてしまうからです。だから、糖質制限をしてインシュリンの分泌量を減らすことが、ダイエット成功へと繋がります。

従来のダイエットに必要だった空腹の我慢やカロリー計算は要らず、低糖質であれば肉や魚も食べてOKという手軽さもあって人気の高いダイエット方法。効果が出やすく一見簡単そうですが、実は一つ大敵がいるんです。

●食べてしまっても大丈夫! 大切なのは「諦めない心」と「継続力」

どのダイエットでもそうですが、ダイエットに大切なのは「継続力」。そう、糖質オフダイエットの敵は“ちょっとした気のゆるみ”なんです。
働いていれば、職場でのお付き合いランチや飲み会で、ダイエットを中断せざるを得ない日もありますよね。さらに、ストレスが溜まってくる時間帯にお土産のおやつなどが配られれば、魔がさす日だってあるもの。

でもそれはそれと割り切り、“諦めない”ことが大切。もし食べてしまった時は、食後に有酸素運動をするのがポイントです。運動をしている筋肉は、食べてしまった糖質を効率よくどんどんエネルギーとして使ってくれる性質があるんだとか。ならば、その性質を使わない手はないですよね。

オススメなのは、30分~1時間程度のウォーキングです。その時間がない人は、食べてしまった日の帰り道に1駅分歩いたり、エレベーターではなく階段を使ったり、電車では座らずに立ってつま先立ちをしたりと、なるべく体を動かして筋肉を使うように心掛けましょう。

頑張っているダイエット中に食べてしまうと、糸が切れたように暴食したくなるものですが、気持ちを切り替えて翌日からまた頑張れば大丈夫!

●今や糖質オフダイエットの救世主はコンビニ

新作スイーツや美味しそうなアイスが並ぶコンビニは、糖質オフダイエッターには誘惑が多すぎる場所。しかし仕事で忙しい時、身近で便利なコンビニが使えないと不便で困るという声も多いようです。

ところが近頃のコンビニは、糖質ダイエッターに嬉しい優秀な食品が増えているんです。特にパン好きに朗報なのが、ローソンで発売中の「実りベーカリー」“健(すこやか)”シリーズ。このシリーズでは、糖質が10g前後と普通のパンよりも低く、食物繊維が豊富なブラン(小麦ふすま)を使用しています。メロンパンやサンドイッチなど約10種類から選べるから、レパートリーが乏しくなりがちなダイエット中も飽きずに食べられます。

●糖質制限はお肌のアンチエイジングにも効果的!

そして驚くことに、糖質制限は美肌にも効果があるんです。体内の余分な糖質とタンパク質が結び付いて起こる「糖化反応」は、お肌の老化現象を引き起こして、肌のハリの低下、くすみ、シミなどの原因になっていたんです。だから糖質制限を始めると、化粧のノリの良さや肌のトーンが明るくなるのを割とすぐに実感できるようです。

一年で一番紫外線が強いこれからのシーズン、糖質オフダイエットで一気にスリムな身体とアンチエイジング効果を手にするチャンスかもしれませんよ!

<文/西村亜希子>


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 5月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ