簡単レシピ付き! 美容に効く“アサイーボウル”が大人気のワケ


レシピ付き! 美容に効く“アサイーボウル”が大人気のワケ

最近よく名前を聞く“アサイー”。ヘルシーな食べ物らしいけど「いったいどんなもの? 」と気になりつつも分からないという人もいるのでは? 今回は、話題のアサイーについて人気の理由とお家で手軽にできる作り方をご紹介します。

●ポリフェノールはブルーベリーの18倍! いいことづくめのミラクルフルーツ

アサイーはブラジル原産のヤシ科の植物で、ブルーベリーを少し大きくしたような果実です。ブルーベリーの約18倍のポリフェノール、レバーの約3倍の鉄分、ごぼうの約3倍の食物繊維、さらにはカルシウムやビタミンEなど、身体に良いといわれる成分が豊富に含まれていて、奇跡のフルーツと呼ばれるほどヘルシーな食材なんだそう。
ポリフェノールと言えば、お肌のしわ、しみ、たるみを防ぎ美肌を作るアンチエイジング成分の代表格。さらに女性に不足しがちな鉄分も補ってくれる上に、体内のお掃除をしてくれる食物繊維もたっぷり摂れるとなれば、これだけ注目されるのもわかりますね。これから夏に向けて、輝く素肌とスッキリボディを手に入れたいなら、アサイーの力は見逃せません。

●フルーツをたっぷりのせた“アサイーボウル”が大人気!


アサイーはスムージーにする方法もありますが、特に人気なのがバナナや牛乳などとアサイーをミキサーで混ぜ合わせたものに、シリアルとたっぷりのフルーツをトッピングした“アサイーボウル”。もともとは原産地ブラジルで生まれた食べ方で、ハワイで大ブームを起こしました。
いかにもポリフェノールたっぷりといった紫色のアサイーベースに色とりどりのフルーツが載ったアサイーボウルは、南国気分を味合わせてくれる華やかな盛り付け。この見た目のかわいさと味のおいしさ、そして抜群の美容効果が、美と健康に敏感な日本のモデルさんや女性芸能人の心をつかみ、彼女たちが火付け役となって日本でもアサイーボウルが注目されはじめたんです。最近では、ハワイアンカフェだけでなく、コンビニスイーツにもアサイーボウルが登場し、本格的なブームになりつつあるよう。

●ミキサー1台で超簡単☆アレンジ自在の簡単レシピ♪


ヘルシーでさわやかなアサイーボウルは本場ハワイでは朝食の定番になっています。日本でもアサイーピューレの冷凍や粉末はネット通販などで簡単に手に入るので、手作りするのもおすすめです。
ベーシックなアサイーボウルのレシピは以下の通り。

■アサイーボウル(1人前)
<材料>
冷凍アサイーピューレ(無糖タイプ) 100g
バナナ 1本
牛乳 30cc
シリアル 適量
トッピング用フルーツ(冷凍ブルーベリーやイチゴ、キウイなどなんでも) 適量
はちみつ 適量
<作り方>
1)アサイーピューレ、バナナ1/2本、牛乳を合わせてミキサーにかけ、スムージーのように滑らかにする。
2)1)を器に盛り、残りのバナナ、シリアル、トッピング用のフルーツを飾る
3)好みではちみつをかけて完成

作り方はとってもシンプル! バナナは必須ですが、牛乳は豆乳やヨーグルト、水、リンゴジュースなどに変えてもOK、甘味もメープルシロップやお砂糖でも大丈夫です。もちろんトッピングはお好みで。この自由さが良いですね。
アサイーは見た目から、ブルーベリーのような甘酸っぱい味を想像しがちですが、実はそのものの味はあまりなく、合わせる具材で味が決まるもの。何でも合いますから、自分の好きなものや、自分の身体が必要としているものを合わせてアレンジできるんです。きなこやあんこを使って和風アレンジもできますよ。

この春は、オリジナルのアサイーボウルで、おしゃれでヘルシーな朝食を楽しんではいかがですか?

<文:市川裕子>


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月19日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ