ピノは焦がしキャラメル、雪見だいふくはミルクティー!気になる新発売冬アイス3選


夏だけでなく冬になっても食べたいアイス。11月からは秋冬限定のものや有名アイスの新商品などが続々登場しています。そこで今回は、発売されたばかりのアイスの中から気になる3つを食べてみました!

●名店が監修!「ピノ 焦がしみたらしキャラメル」

11月25日に発売されたのは「ピノ 焦がしみたらしキャラメル」(194円)。「日本一予約が取りづらい」と言われている東京割烹の名店、日本料理「くろぎ」主人の黒木純氏が監修したという、こだわりの和アイスです。

一見すると普通のピノですが、ミルクチョコの中に入っている焦がしキャラメルアイスがほどよい塩味でおいしい! この塩味の正体は“しょうゆ”。アイスがミルクチョコと一緒に溶け合うことで、口の中でみたらし味が完成していきます。

さらに隠し味として豆乳も入っているので、コクがあるのに後味はすっきりとして上品な余韻が楽しめます。キャラメル味のスイーツというと、キャラメルのビターな甘さを全面に出したものが多いですが、このピノはまるで違います。濃厚なキャラメル風味なのにスッキリとしたキレがあって和テイスト…。大人なピノを味わってみたい人はぜひ!

●世界三大紅茶のウバ紅茶を使用「雪見だいふくもちもちミルクティー」

人気アイス「雪見だいふく」にも秋冬限定の新しい味が登場! 11月4日から「雪見だいふくもちもちミルクティー」(198円)が販売中です。「世界三大紅茶」のひとつとしても数えられる“ウバ紅茶葉”を使用しているというこちらのアイス。薄いもち生地に包まれたミルクティー味のアイスの中には、もちもち食感の黒いもちソースが入っています。

インパクトが大きいのは、なによりもミルクティーアイスの香り! ウバ紅茶はミルクとの相性がとてもいいそうで、確かに香り高いロイヤルミルクティーのおいしさです。一口食べるごとに紅茶の香りが鼻から抜けていきます。

そしてアイスの中にも、たっぷりのもちが入っているのが新感覚で面白い! 中のもちソースは黒蜜のような味わいで、なめらかなアイスとの食感のコントラストを楽しめます。味も食感も濃厚なので、1個でも十分に満足感がありました。

●ファミマ限定!「フローズンスイーツ スイートポテト」

ファミリーマート限定で11月12日から販売されているのが「フローズンスイーツ スイートポテト」(198円)。発売されるや否や、その濃厚さが大人気となっているアイスです。

ファミマの「フローズンスイーツ」シリーズは、本物のスイーツのような食感が特徴。この「フローズンスイーツ スイートポテト」も鳴門金時を使用した餡をアイスに混ぜ込んでいるため、まるで本当のスイートポテトのような味わいが楽しめます。冷凍庫から出したばかりでカチカチに凍った状態でも、ビックリするくらいねっとり濃厚!

表面にはチョコレートがコーティングされており、パリパリ食感。ねっとりアイスと絶妙なバランスです。一口食べるごとに蜜のようなさつまいもの甘さが感じられて、どんどん食べ進めたくなるアイスです。

気になるアイスはありましたか? 何かと忙しく疲れが溜まってしまう年末ですが、一日の終わりのごほうびに絶品アイスを食べて乗り切りましょう!

(富士みやこ)


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 12月6日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ