デコペンは白だけでOK!超簡単ぐるぐるミイラ風ハロウィーンクッキー♪


gyutte

もうすぐハロウィーン!仮装したりお菓子がもらえたりと、わくわくシーズン到来ですね。ハロウィーン風のデコレーションクッキーを作りたいけど、アイシングやチョコペンを何色も用意するのは大変…。でも、ハロウィーンだからこそ白だけで表現してみました。

白が映える、ココア生地クッキーを作ります

材料(作りやすい量)
薄力粉
80g
バター(無塩)
50g
ココアパウダー
20g
粉砂糖(自宅にある砂糖でもOK)
35g
卵黄
1個分
デコレーション用チョコペン(ホワイト)
1本
目玉用チョコ(製菓用チョコチップでも)
適量
今回、チョコ味フレーバーストローの中に入っている粒々も、小さめクッキーの目玉に使っています

【事前準備】

  • バターと卵は室温に置いておく
    ※室温が低い場合は、湯の入ったマグカップの上にボウルを置いておくか、レンジで10~20秒ずつかけてもOK。液状まで溶けないように注意
  • 薄力粉とココアパウダーは合わせてふるっておく
作り方
所要時間60
STEP1
柔らかくなったバターをクリーム状に混ぜる。粉砂糖を2~3回に分けて加え、その都度よく混ぜ合わせる(空気も一緒に混ぜ込むイメージでふんわりと)
STEP2
1のボウルに溶いた卵をを2~3回に分けて加え、その都度よく混ぜ合わせる(卵とバターの温度が低いと、分離しやすいので注意)
STEP3
粉類をすべて入れ、木べらやゴムべらで切るように混ぜる。ひとまとまりにならなくても、粉っぽくなくなればOK(練ると固くなってしまうので注意)できあがった生地はラップやビニール袋(マチなし)に入れて、少し平らにし冷蔵庫で1時間ほど休ませる(※生地を休ませる時間は所要時間外)
STEP4
袋のまま、めん棒などで4~5mmの厚さに伸ばし、型抜きして天板に並べる。180℃にあたためたオーブンで13~14分焼く。裏を返して生焼けでなければOK!網などにのせて冷ます

袋のまま伸ばすと、均一に伸ばしやすいです
ハロウィーン用の型じゃなくても大丈夫◎
焼きあがり♪

デコレーションしてみよう!

私はチョコペンで描くのが苦手なので、板チョコを溶かして、コルネに入れて使っています。

ミイラをイメージして!?

目玉を付けたらできあがり!固まるまで乾かします。

ハロウィーン用の型がなくても大丈夫◎

うさちゃん、くまさん、ジンジャーマン、丸型なんてのも!

ミイラ風~!

とにかく何でもミイラ風にすれば、ハロウィーンっぽくなります(笑)

今回の道具の話

今は100円ショップでも、かわいいクッキーの型が手に入るので、どんどん溜まってしまっています。何回か整理しているのですが、あまり減らず…。そして、同じようなものをまた買ってしまうことも。

何かで紹介されていた、100円ショップの書類ケースの使い方を参考に、クッキー型収納に使用してみたところ、使いたいものをすぐに取り出せるようになったので、とても使いやすくてイチオシです。

今まではお菓子の缶に入れていましたが、探し出すのが大変でした!
型の高さによって、ケースも2種類用意しています
特にアルファベット型は探すのが早くなりました

簡単かわいいミイラクッキー♪ わくわくのハロウィーンを盛り上げましょう!

(文/すなみかずみ)


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 11月15日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ