卵好き必見! 新オープンのスフレオムレツ&クレープ専門店「イエローマークス」に行ってみた


「カフェ・ベローチェ」など人気飲食店を手掛ける「シャノアール」が9月28日、新業態となる窯焼きスフレオムレツ&クレープ専門店「イエローマークス(YELLOW MARKS)」第1号店を渋谷にオープンしました。厳選素材を使用し、独自製法によってふわふわ食感を実現しているというこの店。果たしてどんなおいしさに出合えるのでしょうか。卵好きは絶対見逃せないイエローマークスに、早速行ってみました!

器からこぼれんばかりのスフレオムレツ!

「イエローマークス」は、渋谷駅から徒歩5分ほど歩いたところにあります。店は工房一体型となっていて、外からも工房が見える作り。卵のイラストがかわいい外観からも、なんだかおいしそうな雰囲気が伝わってきますね。

まずは全国の数多くある中から厳選した高級たまご「エグロワイヤル」を使用し、気密性の高い窯でじっくりと焼き上げることで作られるという、スフレオムレツを注文してみました!

こちらが看板メニューでもある「ベーコンオムレツ(デミグラスソース付)」(980円、税別)。自家製ピクルス、サラダ、スープとともにオムレツを楽しめるお得な「窯焼きスフレオムレツセット」になっています。

見てください、このふわふわのスフレオムレツ! 器からこぼれんばかりのボリュームです。スフレオムレツは出来たてにこだわり、すべてオーダーを受けてから泡立てているそう。ものすごく軽い口当たりなのに、たまごのコクやまろやかさがしっかり感じられておいしい!

その下には大きくカットされた食べ応えのあるベーコン。1番下にはたまごとブイヨン、生クリームで仕上げた“洋風たまごとうふ”と呼ばれるロワイヤル。口の中でとろけていく、プルプル、とろとろの食感が楽しめます。

ソースで“味変”すれば2度、3度と楽しめる

こちらは「ハーブチキンオムレツ(クリームソース付)」(980円、税別)。中には、低温調理でしっとり仕上げた鶏むね肉が入っています。

スフレオムレツにはすべて鶏のだしが効いたブイヨンソースと、中に入っているそれぞれの具材と相性の良いソースの2種類のソースが付いてきます。1度目にまずは卵や素材そのもののおいしさを感じた後、それぞれのソースをかけて“味変”を楽しむ食べ方ができるんです。

ベーコンオムレツに付いている濃厚なデミグラスソースをかけてみると、高級な洋食店で出されるようなオムレツの味になりました。卵のマイルドな味に肉のうま味が絡み合い、絶品でした!

ハーブチキンオムレツにはクリームソースが付いてきます。かけてみると、スフレオムレツがクリームシチューのような深い甘さに。ハーブチキンに使われている独特のスパイスの風味にこのクリーミーさが絶妙に合います。

卵たっぷりのボリュームとソースによる味変が楽しくて、オムレツだけでご飯がないのにしっかりお腹が満たされました。「ダイエット中だけど卵を思う存分食べたい!」という人も満足できるはず!

カスタードクリームのようなふわふわのスフレクレープ

スイーツもチェックしていきましょう。同じく看板メニューである窯焼きスフレクレープの中でも、「マダガスカル産バニラ香るスフレクレープ」(980円、税別)を注文してみました。

人の顔ほどはあろうかというほどのビッグサイズです。外側は焦げ目が少しある程度にカリカリと焼かれているのに、ナイフでカットしてみると中がふわふわ! カスタードクリームとクレープの中間のような味わいで、とにかく卵の甘さが引き立つおいしさでした。とにかくボリューミーなので、これ1つで満腹感がすごい!

こちらはカスタードクリームとホイップクリームが添えられた「ふわふわ窯出したまごケーキ」(880円、税別)。枡に入って提供される、温かい卵のケーキです。しっかり焼き上げられたスポンジは、しっとりとしたパウンドケーキのような食感。ふわふわ以外の卵も味わいたいという人におすすめです。

これだけ卵をたっぷり食べたのに、それぞれで作られ方や味わいが違うので、まったく飽きることなく楽しめました。皆さんも「イエローマークス」で、卵尽くしのランチやカフェタイムを楽しんでみてはいかがですか?

(富士みやこ)


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 11月15日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ