ニューヨークのよう!? 近未来型ホテル「ホテルタビノス」が浜松町にオープン!


2020年を前に、続々とホテルがオープンしている東京。浜松町に8月1日にオープンした「HOTEL TAVINOS(ホテルタビノス)」は、AIコンシェルジュが旅をサポートしてくれる“近未来型”のホテルです。今回はその魅力を紹介します。

●エントランスから漫画の世界観が満載

東京モノレール「竹芝」駅の近くにオープンした「HOTEL TAVINOS」。「アクティブ&リラックス」をコンセプトに、ロビーでは宿泊者同士でコミュニケーションが取れるよう、そして客室はコンパクトながら快適な空間を確保しています。

エントランスの漫画で旅の気分も盛り上がります

印象的なのは、エントランスから始まるマンがをモチーフにしたユニークな空間。飛行機に乗ってホテルに到着、チェックインから宿泊、翌朝の朝食シーンなど、旅のシチュエーションを漫画で表現。人の絵がないのは、自分自身が漫画の主人公になっているからとか。

●おすすめスポットは「TAVINOSHIORI」におまかせ

手荷物を預けるクロークは「セルフクローク」、チェックインやチェックアウトの手続きには「オートチェックイン/アウトマシン」など、現在のテクノロジーを駆使。近隣を中心としたガイドは、AIコンシェルジュの「TAVINOSHIORI」におまかせ! 音声対応ができるので、知りたい情報を聞くと、希望に合ったレストランやスポットを紹介してくれます。通常の情報のほか、ホテルスタッフが自らの足で見つけた“おいしい”スポットなども随時アップしているので、最新の情報が得られます。

セルフクロークでチェックイン前もアクティブに

「TAVINOSHIORI」でオススメスポットをチェック

●コンパクトでポップな客室に気分も上がりそう

漫画の世界観は客室にも。「コーヒーをいれる」「目玉焼きを作る」「トーストを作る」シチュエーションを、ブラインドからベッド、床までを使って表現しています。スタイリッシュな雰囲気は、ニューヨークのブティックホテルのよう。

ブラインドから床まで卵料理シーンが

3連のストーリーになっています

ベッドサイドのプラグサインも漫画

アメニティーはチェックイン時に、必要なものをピックアップするスタイル。アメニティーを入れる袋もキュート。

充実のアメニティー

大きなテーブルやソファーなど、ロビーではそれぞれの情報を交換できるような雰囲気。ツーリストと一緒に、東京の魅力を話すのも楽しい時間になるかも。

情報交換が楽しいロビー

ゆったりくつろげるソファー席も

HOTEL TAVINOS Hamamatsucho
https://hoteltavinos.com/

いかがでしたか? たまには近未来型のホテルに宿泊して、東京の旅気分を楽しんでみるのもいいかもしれませんね。


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月26日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ