無駄遣いを防ぐ色とは!? カラーセラピー的貯金のススメ


毎日真面目に働いているものの、なかなかできない貯金や節約。つい衝動買いをしてしまったり、突然の冠婚葬祭に出費が続いたり。お金を貯めるというのは難しいことですよね。

そこで、もっと貯金を増やしたい人へ、お金を貯めたり動かしたりしやすくなる色を紹介します。

今日からさっそく取り入れてみて♪

●色で心を整えて貯金を増やす!

「色で貯金を増やすってどういうこと!?」と不思議に思うかもしれませんが、もちろん色を取り入れたからといってすぐにお金がチャリンチャリンと入ってくるわけではありません。

カラーセラピー的な考え方で、色による影響でストレスを抑えたり精神的に安定させて、無駄にお金を使わないようにさせるのです。

意識的に「お金を使ってはいけない」「節約しなくちゃ」と無理をしなくても、周囲にその色を取り入れるだけで、自然と貯められる行動ができるようになるということ。これなら、気軽で簡単にできますよね。

●無駄遣いがセーブできる3色

では、無駄遣いがセーブできる色を3つ紹介します。

 

・グリーン(緑)

グリーンには、心と体を癒やす効果があります。また、信頼や信用を感じる色でもあるので、銀行のイメージカラーにもよく使われる色。手堅さや安心感を得ることができ、人間関係やお金のバランスが取りやすくなります。

癒やしの効果で気持ちが落ち着くため、幸せのためにお金を使おうと思えるように。緑色の財布や通帳ケースなどを使用すると、上手にお金を動かせるようになるでしょう。

また観葉植物などの自然物のグリーンもオススメ。植物によって空気も浄化され、お金が回りやすくなります。

 

・ブラウン(茶色)

大地と樹木を想像させるブラウンは、安定感をもたらす色。精神的に落ち着きが保たれ、穏やかな気持ちを持ち続けることができます。

安定を好むようになるので、ギャンブル的な投資や無駄な交際費などにお金を使わないようになり、自然と「地道に働いてお金を貯めよう」という気持ちへと導きます。

茶色のレザーの財布や深いブラウンの箱など、重厚感のあるものに通帳やお金を入れておくといいでしょう。

ただし、ブラウンはグリーンとの相性が悪い色。やる気や活力を奪いやすくなります。緑色の通帳ケースを茶色の箱にしまうことは避け、その場合、通帳ケースは茶色との相性がいい青にすることをオススメします。

 

・ワインレッド

衝動買いをやめたいと思っているならば、ワインレッドの財布やバッグ、時計を身に着けて気持ちにブレーキをかけましょう。

ワインレッドには赤と紫の2色が入っています。活力が湧く赤で欲求を満たし、紫で興奮を抑えることができるため、衝動買いを止めることができるのです。

ワインレッドが季節的にファッションと合わないときは、ローズピンクでもOK。ピンクは幸福感を満たすので、物欲を抑える効果があります。

 

「最近金運が悪い」「なぜかお金が出ていく」と感じている人は、まずは今回紹介した色を取り入れてみてはいかがでしょうか。そもそも、模様替えやイメチェンは運気を変えるチャンス。部屋の色合いを変えるだけでも気分が変わり、今までのうつうつとした気持ちも晴れるはずですよ。

 

プロフィール/凛音(りんね)

自身の結婚・離婚経験から恋愛や性に前向きな女性の生き方を提案する恋愛コラムニスト。筆跡心理学アナリスト、心理カウンセラー、カラーセラピストを習得し、コラムや小説などを執筆中。筆跡心理学セミナーや履歴書鑑定も。ブログ「ライター凛音の紫日記」:http://rinnenote.blog.fc2.com/

 


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月19日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ