鎌倉“カレーストリート”が誕生!? 鎌倉のおすすめカレー6選(前編)


都内から気軽にショートトリップできる人気の鎌倉エリア。今、鎌倉では、次々とカレー店が誕生しています。中でも由比ガ浜大通りは、クオリティーの高いカレー店が集中! “カレーストリート”と命名したいくらいの充実度です。今回から前編・後編の2回に分けて、“カレーストリート”を中心に、オススメのカレー6店を紹介します。

●古民家風の店内で4日間煮込んだ欧風カレーを

由比ガ浜大通り「カレーストリート」のスタートは、江ノ電「長谷」駅から徒歩5分、今年で12年目を迎える「woof curry」。古民家風の2階建ての店内で、欧風カレーが満喫できます。

2階に上がるとすぐに目に付くロッキングチェア。友達の家を訪ねたような、ほっとくつろげる店内が魅力です。ぐつぐつと4日間煮込んだカレーをベースに、チキン、野菜、ポーク、キノコ、ビーフと種類が豊富。

「スペシャルカレー」1250円

人気の「スペシャルカレー」は、好きな肉に野菜、ゆで玉子をトッピング。華やかな雰囲気とうま味とコクのある味わいが楽しめます。

 

woof curry
鎌倉市長谷2-10-39
11:00~21:00
http://www.woof-curry.com/

●インドカレーをベースに6種から選べる2種盛りが楽しい!

「woof curry」から歩いて6分ほどの場所にあるのは、インドカレーをベースに、鶏ガラや豚骨でうま味を加えたスパイスカレーが楽しめる「ZUSHI-CURRY」。ウッディーな店構えに、かわいらしいカレーロゴが心くすぐります。2018年12月にオープンしたこの店は、なんともほっこりする店構え。店主が逗子出身なので、「ZUSHI-CURRY」だとか。

カレーは「スパイシーチキンカレー」「バターチキンカレー」「レモンキーマカレー」「ポークジンジャーカレー」「エビのクリームカレー」「野菜カレー」の6種。この中から2種選べる「2種盛り」が人気です。

「2種盛り」1300円
(写真はバターチキンカレーとレモンキーマカレー)

人気の「バターチキンカレー」は、隠し味にしょうゆやナンプラーを加え、どこか懐かしい、でもここでしか味わえない優しいカレー。夏に向けてぴったりな「レモンキーマカレー」は、しっとりとした口当たりにピリッと辛味がきいたテイスト。レモンの風味でさっぱり食べられます。カレーに合うパラリとした炊き上がりにこだわって研究したターメリックライスは、福井県産。炒めたタマネギをいれることで、風味も楽しめます。

付け合わせのキャベツの酢漬けも美味

 

ZUSHI-CURRY
鎌倉市笹目町6-7-103
11:30~14:30、17:30~19:30
(土曜は11:30~19:30、日曜、祝日は11:30~17:30)、火曜定休
https://www.zushicurry.com/

●水を使わずに煮込んだほろほろのチキンカリー

「ZUSHI-CURRY」から歩いて30秒の場所にあるのは、仏像のイラストがインパクト大。2014年にオープンの「極楽カリー」。その独特な店構えに一瞬ドキドキしますが、扉を開けると、開放的で落ち着いた店内が目の前に広がります。

店内奥には、靴を脱いでくつろげる席も

メニューはたった1つ。チキンカレーとライス、サラダ、チャイの「極楽カリーセット」1500円(1日限定30食)。味付けは塩のみ。水を使わず2晩、3日かけて鶏肉を野菜とスパイスで煮込んだカレーは、パキスタンカレーがベースになっているとか。ほろほろにほぐれた鶏肉は、口に含むとスパイスの複雑なハーモニーが広がります。これ、ご飯が進む味! 初めて体験する味なのですが、食べ進むほどに、もう一口、もう一口と、クセになる味わいです。

極楽カリーに含まれるスパイスの表を眺めながら
食べるのも、楽しい!

 

極楽カリー
鎌倉市由比ガ浜3-9-47
11:30~14:30(売り切れ次第終了)。火曜、最終水曜定休
https://gokurakucurry.com/

 

由比ガ浜大通りを中心としたカレーストリート。後編は、大通りのほか注目のカレーも紹介します!


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 6月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ