モテ筆跡に改善!? 恋が長続きする人になるための「令和」の書き方


本日、ついに新しい元号「令和」が始まりました。実感はまだ薄いものの、新しい年が明けたようで、なんだかすがすがしく感じますね。

まだ書きなれない「令和」の字ですが、実は筆跡心理学から見ると、筆跡改善ポイントがたくさん存在する文字。

今回は「令和」の文字を使って、恋が長続きする人になるための筆跡ポイントを紹介します。

●筆跡改善で性格も変わる!?

そもそも筆跡心理学とは、筆跡のクセを見てその人の心理や性格を読みとる、心理学の学問のひとつ。占いとは異なり、たくさんのデータから傾向分析した結果を用いて判断をしますので、根拠があります。普段とる行動と同じく、手も脳からの指令で動かすので、筆跡には行動傾向がダイレクトに表れるのです。簡単にいえば、日ごろせっかちな人は、急いで書いたような字になる、というイメージですね。

この考え方を逆手にとり、筆跡を変えることで性格改善ができるとされています。もちろん、数日書き方を変えたからといっていきなり変わるわけではありませんが、半年から1年ほど続けると脳に刷り込まれて、性格が変わっていくことがあります。

つまり、この性格改善の考え方にのっとり、「令和」という字を書くたびに恋が長続きする筆跡改善ポイントを意識して書き続ければ、いずれ“恋が長続きする人”になっていくというわけなのです。

●恋が長続きする人の筆跡ポイント3つ

さっそく、恋が長続きする人の筆跡ポイントを紹介します。

 

・左払いを長く書く

「令」の1画目、また「和」の“のぎへん”の左払いの長さを長く書くのは、華やかで自分を美しく見せるのが上手な人。石原さとみさんや綾瀬はるかさんなど、芸能人にも大変多く見られる筆跡です。

特別美人でなくてもオシャレだったり、何かキラリと光る魅力を持っていて、いつも気が付いたら人前に出ている。そんな人がもつ筆跡なので、“モテ筆跡”とも考えられます。

いつも左払いを長めに書くように意識すれば、見た目に対する意識が向上してくるはず。いつまでも魅力的で華やいだ雰囲気を持っていれば、恋は長続きしやすくなります。もちろん、出会いのチャンスも広がるでしょう。

 

・下に伸ばす縦棒を長く書く

「令」の最後の画である縦棒をグッと長く書くと、物事が長続きしやすくなります。

この筆跡を書く人は結果にこだわる頑張り屋さんタイプ。何事も最後までやり抜こうとし、目的を達成するためには多少の苦労もいとわない努力家です。

そんな特徴から、この筆跡は“尽くし型”ともいえそう。相手との関係性をよくするために努力し、結果的に恋も長続きするのです。

 

・“へん”と“つくり”の間を広くする

「和」の“のぎへん”と“口”の間を少し広げると、包容力がアップします。

“へん”と“つくり”の間は、心の広さ。“へん”を書いた後にほんの少し間をおく余裕がある分、人の話に耳を傾けたり、相手の立場になって考えたりということができる人なのです。逆に“へん”と“つくり”の距離を狭く書くと、芯の強さはあるものの、頑固者になりがち。実際、お互いに狭い筆跡をもっている夫婦は、ケンカが多い印象です。

包容力があると、思いやりがもて、相手に居心地の良さを与えます。自然と“愛されタイプ”になれるため、恋愛に限らず人間関係が長続きしやすくなりますよ。

 

これから何度も書くことになる「令和」という文字。書くたびに筆跡改善のポイントを思い出せば、少しずつ意識に刷り込まれていくはず。今「なかなか恋愛が続かない…」と悩んでいるならば、まずはだまされたと思って試してみることをオススメします!

 

プロフィール/凛音(りんね)

自身の結婚・離婚経験から恋愛や性に前向きな女性の生き方を提案する恋愛コラムニスト。筆跡心理学アナリスト、心理カウンセラー、カラーセラピストを習得し、コラムや小説などを執筆中。筆跡心理学セミナーや履歴書鑑定も。ブログ「ライター凛音の紫日記」:http://rinnenote.blog.fc2.com/

 


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 12月6日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ