【予約不要&無料】関東近郊から行ける! 大型連休に行きたい工場3選


もうすぐやってくるゴールデンウイーク! まだ予定が決まっていない人におすすめの予約不要で楽しめる工場見学3選を紹介します。すでに予定がある人にも、プラスαの立ち寄り先としてぴったりかつ、何かと出費がかさむ連休にうれしい“すべて無料”の工場見学を集めました。

2018年12月にグランドオープン! かねふくめんたいパーク伊豆/静岡県伊豆市

明太子の老舗「かねふく」が運営する明太子専門のテーマパーク「めんたいパーク」。昨年冬にオープンしたばかりの「めんたいパーク伊豆」では、明太子ができるまでの工程を間近で見られる工場見学のほか、幅広い世代の人が楽しく学べるカラフルなギャラリー、富士山が一望できるテラスでの足湯まですべて無料で体験できるんです。

人工芝を貼ったテラスには足湯が。のんびり富士山を眺められる

できたて明太子の試食のほか、絶品おにぎり、めんたいパスタなど明太子メニューが食べられるフードコーナーもあり、胃袋を満たしてくれます。ちょっと珍しい「めんたいソフト」もあるので、気になる人はぜひ試してみてください。

トリックアートや楽しい展示など写真映えスポットもたくさん!

◆かねふくめんたいパーク伊豆の詳細はこちら >>> https://mentai-park.com/park/izu/

今なら限定“窯出しうなぎパイ”も楽しめる! うなぎパイファクトリー/静岡県浜松市

静岡銘菓として多くの人に親しまれている「うなぎパイ」の魅力に触れられるのが浜松にある「うなぎパイファクトリー」。見応えのある生産ラインにユニークなフォトスポット、ここだけのオリジナルメニューが楽しめる「UNAGI PIE CAFÉ」、さらにうれしいお土産付きと盛りだくさん!

建物に近づくと甘くて香ばしい香りが

また「静岡デスティネーションキャンペーン(※)」の一環として6月30日(日)までの期間限定で、特別に焼き立てのうなぎパイミニが味わえる「窯出しうなぎパイツアー」も開催中。こちらは要予約・有料(500円)ですが、今からでもまだ間に合うのでぜひホームページをチェックしてみてください。

うなぎパイ職人秘伝の味“焼き立て”うなぎパイがついに解禁!

◆うなぎパイファクトリーの詳細はこちら >>> http://www.unagipai-factory.jp/

※静岡デスティネーションキャンペーン…地域を活性化させることを目的に、地方自治体、地元関係者とJRグループ6社、旅行会社が協力して実施する国内最大級の観光キャンペーン

バスツアーでも大人気の観光&お土産スポット! えびせんべいの里/愛知県美浜町

愛知県にある「えびせんべいの里 美浜本店」では、ガラス越しにせんべいの製造工程が見学できるほか、旅の思い出づくりにぴったりなオリジナルえびせんべい作り(1枚300円)も。

次々と流れてくるおせんべいを選別する様子

店内にはほとんどの商品の試食が用意されており、その数はなんと約40種類! 日替わりで登場する「本日のできたて品」は、まさに工場でしか食べられないおいしさ。個人的には、「はません」のできたて品が大好きです! 愛知県の離島観光と組み合わせての訪問もおすすめ。

無料のコーヒーやお茶が用意されている、広い休憩スペース

◆えびせんべいの里の詳細はこちら >>> http://www.ebisato.co.jp/

今回紹介したのは、すべて予約不要・無料で楽しめる工場見学。どこに行こうか迷っている人もすでに予定が決まっている人もぜひ、ゴールデンウイークのおげかけ先の候補にチェックしてみてください。

 

プロフィール/nimo*

台湾に在住。昔から食に関わることが大好きで食生活アドバイザーを取得。さらに食品工場見学が趣味で、国内外問わず多い時は月に20カ所以上回ることも…。●Instagram・Twitter:nimo_ff

 


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 10月11日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ