ギフトにもピッタリ! 新オープンしたユニークなチョコ専門店2つ


年度末が近づき、誰かにプレゼントするギフト選びをしている人も多いかもしれません。そんな人におすすめしたいのが、最近オープンしたちょっと変わったチョコ専門店。見た目の華やかさや話題性から、土日には2時間待ちも珍しくない2つのお店を紹介します!

平日の昼でも大行列! チューリップのような美しいラングドシャ

「銀のぶどう」や「ねんりん家」など、人気スイーツ店を運営する「グレープストーン」による新たなブランドが誕生しました。その名も「TOKYOチューリップローズ」。3月6日、第1号店が「西武池袋本店」の1階にオープンしました。

見てください、このかわいさ! 繊細なラングドシャクッキーでつくられたチューリップの中に、とろけるホイップショコラのローズを咲かせた「チューリップローズ」(4個入 756円、6個入 1080円、9個入1620円、12個入 2160円、18個入3240円)。フレーバーは、甘酸っぱい「ベリー」、深みのある「キャラメルナッツ」、爽やかな「パッションマンゴー」の3種類を展開。箱を開けた時の胸のときめきがすごい!

「ショコラロージー」(5個入1188円)はピンクペッパーの甘くフルーティーな香りをしのばせたショコラタルト。上に乗っているのは、オレンジとベルガモットが香るホイップショコラローズの花かんむりです。

たくさんの人に配りやすいのが、「チューリップコイン」(10個入 1080円)。ミルクとビター、2つの炭火ショコラが味わえるコイン型チョコレートになっています。

「TOKYOチューリップローズ」はオープン以来、連日大盛況で、平日の昼でも1~2時間待つこともしばしば! そして夕方には商品が売り切れてしまうことも…。土日はさらに並ぶことが予想されるので、購入する際には平日の午前中を狙ってくださいね。

自分で好きな種類を詰められる高級チョコボール専門店

東京メトロ「四谷三丁目」駅に昨年11月にオープンしたのは、日本初の高級チョコレートボール専門店 「Choci Tokyo」。

店内に入ると、壁一面にカラフルなチョコボールの筒がズラリと並んでいます! その数、なんと19種類! こんなにカラフルなのにすべて無添加、無着色にこだわって作られているんだとか。

外側をコーティングしているチョコレートのフレーバーは、ダークチョコレートや塩キャラメル、セサミミルクチョコレート、抹茶などがあり、中に入っているのはポップコーン、セミドライのフルーツ、ナッツなど。ん~、全種類食べたい!

そして「Choci Tokyo」は、好きなチョコボールを好きなだけ袋に取り出して購入する、量り売りのシステムになっています。筒のノズルを押して、袋の中にチョコボールを詰めていきます。これがとても楽しい! 

「ヘーゼルナッツダークセサミミルクチョコレート」、「レモンヘーゼルナッツチョコレート」、「ラズベリーダークチョコレート」、「ポップコーンキャラメルブロンドチョコレート」を食べてみました。チョコレートはどれも香りが高く、濃厚! フルーツ類はセミドライなので、果肉感が残るジューシーさと歯ごたえのある食感がとてもおいしいです。

選ぶ時間がない人や迷った人は、ギフト用にすでにパッケージされた商品もおすすめ。抹茶やさくらサワーといった和風なフレーバーだけを集めたものや、フルーツ類だけを集めたもの、さらには全種類が1個ずつ入ったものなどが展開されています。

ギフト選びに悩んだら、「TOKYOチューリップローズ」と「Choci Tokyo」をチェックしてみて!

(秋山悠紀)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 3月29日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ