抹茶ビールにお茶の総菜!? 注目の「DELI & BAR1899東京」へ


ここ数年、おしゃれなデザインホテル併設のカフェやレストランが注目されています。通常のホテルよりも気軽に、リーズナブルに…、そんな、心地いい空間作りのお店が増えているんです!

今回は、1月16日にグランドオープンした「DELI & BAR(デリ&バル)1899 東京」のレポートをお届けします。

日本らしさを大切にした「ホテル1899東京」のさらなる魅力

2018年12月、“お茶の文化に触れられる”日本らしい、和モダンの空間づくりが印象的な「ホテル1899東京」が新橋エリアにオープン。その「ホテル1899東京」内の1階に、 お茶を使った総菜やスイーツが楽しめて、ランチから夜の女子会まで使い勝手のよいデリ&バルができました。

おしゃれな内装は、現代の日本茶屋をイメージしたそう。柔らかな光が差し込み、明るくて開放的な空間です。

<画像提供>DELI&BAR 1899 TOKYO

ランチでも、ディナーでもOK。使い勝手のよいデリ&バル形式

「DELI & BAR 1899 東京」のコンセプトは、「ヘルシーでおいしいものを、あれこれ、少しずつ楽しめる、お食事どころ」だそう。

日替わりの「お茶料理」を中心に、和洋の総菜10種類以上を1品120円から購入することができ、ランチタイムには1汁4菜のランチボックス(780円)も登場します。 

気になるメニューは、抹茶やほうじ茶を使った、ヘルシーでからだが喜ぶ「お茶料理」がメイン。昼も夜も、1汁4菜のワンプレートごはん(980円)を提供し、仕事帰りに気軽に食べられるメニューが充実しています。

総菜のキャプションにもこだわりが

スタッフの話によれば、「女性が1人でも入りやすい空間づくりを意識しているので、健康に気を使う人々に気軽にいらしてほしい」とのこと。

「DELI & BAR 1899 東京」は、ホテル併設のレストランにも関わらず、日常使いできる手頃なプライスが魅力! 料理は全てテイクアウトできるので、さまざま組み合わせが楽しめるのもうれしいですね(スイーツはテイクアウト不可とのこと)。

“お茶づくし”の気になるスイーツは、昼間の女子会にぴったり

もちろんデザートメニューも充実しています! 宇治産の抹茶やほうじ茶ジェラート、抹茶のバッフェルサンド、抹茶ロールケーキなど、まさに“お茶づくし”。こだわりの日本茶と合わせてどうぞ。

抹茶を使った「お濃茶ジェラート」

抹茶のバッフェルサンドは、焼きマシュマロがサンドされています

個人的には、「ほうじ茶生チョコレート」がおすすめ。お茶の香ばしさとチョコの濃厚さのバランスが絶妙でした!

お茶スイーツは、ロールケーキや生チョコも

濃い深緑の抹茶ビールで、夜の女子会もばっちり♪

ここへ来たらぜひ試して欲しいのが、めずらしい抹茶ビール!

宇治の抹茶とビールを合わせたビアカクテルは、さわやかな飲み心地で苦味が少ないので、ビールが苦手な人でもきっと気に入るはず。緑茶・紅茶・番茶を使った3種のお茶ソーセージやレバーペーストなどと一緒にどうぞ。他に玉露マティーニ、抹茶モヒートなどのお茶カクテルも充実していますよ!

気になる営業時間は11時30分から22時まで。 ランチにも、休日の昼間の女子会にも、仕事で疲れた日の夜のひとりごはんにもおすすめです。

開放的でゆったりとした空間の「DELI & BAR 1899 東京」で、お茶料理を楽しんでみてくださいね!

 

 

「DELI & BAR 1899 東京」

 

プロフィール/チヒロ

東京・浅草育ちの街歩きエッセイスト&ライター。30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお届けする「かもめと街」を運営。下町さんぽ・喫茶店・カルチャーが大好き。WEBマガジン「かもめと街」:https://www.kamometomachi.com


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 2月8日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ