シーズン到来! 魅惑のイチゴスイーツ&ビュッフェ新着情報


寒さが増すとともに、赤く色づいた甘いイチゴのシーズンが近づいてきました! フォトジェニックなスイーツが話題の「ヒルトン東京お台場」で、年間で最も人気があるデザートビュッフェのテーマは「イチゴ」なのだそう。今回は「ヒルトン東京お台場」をはじめ、都内ホテルの旬のイチゴスイーツ&ビュッフェの新着情報を先取りで紹介します。

●ダサくてかわいい! 今どき気分のストロベリーデザートビュッフェ

80年代、90年代のディスコのきらびやかさを彷彿させる、ダサくてかわいい世界観をスイーツで再現したのが、ヒルトン東京お台場の「きらきら★いちごドリーム ~ストロベリーデザートビュッフェ~」。ミラーボールやネオン看板などレトロでバブリーな装飾と現代風のネオンカラーが融合した懐かしいながらもポップな空間に、約35種類のスイーツやセイボリーがずらり。「いちごパラダイス 君はエビデンス ストロベリームース」など、おじさんがイチゴに愛を告白するような「ダサかわ」なネーミングも楽しめそう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

<記事が続きます>

●合言葉でスペシャルドリンクのプレゼントも!

食べてしまうのがもったいなくなるくらい、アーティスティックなスイーツを早速試食してきました! イチゴのミルクレープやショートケーキ、チーズケーキ、ムース、バタークリームのケーキなど種類豊富。イチゴの形のロリポップやマイクの形のチョコレートガナッシュ、ネオンカラーのサングラスを模したクッキーなど、遊び心いっぱいのスイーツもあります。イチゴのフィンガーサンドイッチやスープ、サラダなどのセイボリー類も魅力的ですよ。

会場の雰囲気に合う「パパママのお下がり服」「80年代90年代の服装」を着ていくと、「ダサかわ」の合言葉でイチゴのスペシャルドリンクのプレゼントも! フランス産イチゴシロップで作ったスペシャルなイチゴクリームソーダをぜひ味わってみてね。

ヒルトン東京お台場

「きらきら★いちごドリーム」~ストロベリーデザートビュッフェ~

期間:12/29(土)~2019年3/17(日)
会場:シースケープ テラス・ダイニング(2階)
時間:1部=15:00~16:30(90分)、2部=16:45~17:30(エクスプレスビュッフェ45分)
料金:1部(月~金曜)3580円/子ども2148円、(土・日曜、祝日)3980円/子ども2388円
   2部(月~金曜)2480円/子ども1448円、(土・日曜、祝日)2880円/子ども1728円
   ※税・サ料別 ※子どもは6~11歳

●2019年1月スタートのイチゴのスイーツ&デザートビュッフェも見逃せない!

2019年1月から都内ホテルでスタートする旬のイチゴスイーツ&ビュッフェの新着情報を2つ紹介します。心ゆくまで味わってくださいね!

 

・グランドニッコー東京 台場「Strawberry Fair 2019」

1つ目は「グランドニッコー東京 台場」の「Strawberry Fair 2019」。ブランドイチゴである「あまおう」を含む、おいしいイチゴを存分に堪能できるスイーツがそろいます。「あまおうロール(1000円)」「あまおうショートケーキ(593円)」「あまおうタルト(500円)」や季節限定の「いちごのエクレール(399円)」など、新春の手土産にも喜ばれそう。 ※すべて税別

 

グランドニッコー東京 台場

「Strawberry Fair 2019」

期間:2019年1/1(火・祝)~2/28(木)10:00~20:00
販売場所:Bakery & Pastry Shop

 

 

・ホテル椿山荘東京「苺&ランチブッフェ ~森のストロベリーパーティー~」

2つ目は「ホテル椿山荘東京」の「苺&ランチブッフェ ~森のストロベリーパーティー~」。広大な庭園を望むロビーラウンジ「ル・ジャルダン」でのストロベリービュッフェです。イチゴのソースで楽しむ「卵たっぷりのパンケーキ」や「苺のブリュレパフェ」など、シェフが丁寧に仕上げたイチゴのスイーツが約22種類。「苺のショートケーキ」や「苺のモンブラン」など、どれも味わってみたいですね。「森の茸のキッシュ」や「茸のマリネ」など、ランチタイムにうれしいメニューも充実しています。

 

ホテル椿山荘東京

「苺&ランチブッフェ ~森のストロベリーパーティー~」

期間:2019年1/16(水)~3/20(水)※平日限定 ※事前予約制
会場:ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」
時間:11:30~13:30LO(12:00までに入店)
料金:4300円/小学生(6~12歳)2000円、幼児(3~5歳)1200円
   ※税込み、サ料別

 

いかがでしたか? この時期ならではのイチゴを堪能してみてください。

 

 

プロフィール/ハラダ ムーコ

横浜出身。 シティリビング東京・横浜の編集記者を経て、この秋スイーツライターとして活動開始。Instagram(@amai to shoppai)でおいしいメモを公開中。

 


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月14日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

他の星座も見る
「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ